スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レア、KCのバラード

と、まぁ2週に渡ってファンキーなサウンドを続けて

まいりました。冬のさなかホットな一時をお過ごしいただけたの

ではないかと思いますが、今回をもってひとまず終了、

締めはこの人、御大ジェームス・ブラウン、なんて見事な筋書きを

考えてました、が、・・・ん~、あまりにも王道過ぎ、そんなにストレート

ばかり投げてちゃ、楽天名誉監督に就任した野村さんもお冠むり、ってんで、

ここは、変化球も混ぜておきたいと思います。

KC&ザ・サンシャイン・バンドでいってみたいと思います。

マイアミ発の小気味の良い明るいサウンドが特徴のバンドで、

ファンクというか、1970年代後半のディスコブームの火付け役として

大いに有名ということになります。

ココでも以前に、お馴染み「ザッツ・ザ・ウェイ」なんて取り上げてますが、

ベスト盤などを聴いてみると意外と良い曲が沢山あったりします。

白人のKC(何の訳なのか分かりません、ケーシー高峰でないことは確か)が

中心の白黒混合バンドということになりますが、

単にお気軽なディスコ・バンドというだけではなく、

これだけ多くの良い曲を残してきたKCってメロディー・メーカーとしても

大した才能の持ち主なんじゃないかなぁ、なんて私は思ったりしてます。

で、本日はそんなKCの才能がいかんなく発揮された、

「プリーズ・ドント・ゴー」です。

1979年のヒットで、アメリカでは1位になってます。

このバンドには珍しいバラードチックな曲で、KCもしっとりと

歌い上げてたりもするのですが、しっかりとファンクの味付けもされていて、

後半にいくにつれて盛り上がる、なかなかの名曲なんじゃないでしょうか。

ということで、KC&ザ・サンシャイン・バンドで

「プリーズ・ドント・ゴー」です。

(訳詞も含めた詳しいこの曲の解説はコチラ←クリックでどうぞ)



KC & The Sunshine Band - Please don't go

KC & The Sunshine Band - The Best of KC & The Sunshine Band - Please Don't Go




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

「小島よしお」と「エスパー伊東」を足して2で割ったようなお顔立ちのKCですが、おそらくKCというのは「協同カード」の略なんでしょうね。
ちなみに、協同というのは「農業協同組合」の事でございます。
今は無き協同カード・・・今一つアカ抜けなかった協同カード・・・
つまり、「KCは残念だ!」という事でございましょう(笑)

しかしながら、この「Please don't go」・・・歌詞の8割を占める「ドンゴォ~♪」により非常にカラオケが歌いやすくなっているという、極めて日本人にやさしいお心遣いが垣間見える楽曲となっております♪
やはり「第5ボタン」まで外す人は、一枚も二枚も上手なのですね^^

っていうか、全員開け過ぎだし・・・(笑)
Re: ともさん
こんにちはi-1

協同カードでKCですか(笑)
たしかに、そんなアカ抜けなさを感じる人ですけど、そこが、この人達の場合は逆に魅力です。
オシャレになりすぎない、というか、なれない(笑)
多分に「小島よしお」と「エスパー伊東」を足して2で割ったような顔立ちのせいなのでしょうけど、でも、そこになんともいえない親しみを皆が持ってしまうということなのではないでしょうか^^
まぁ、その辺までもKCの計算の内なんだと思いますが・・・。

そっか、これはいいことを聞きました。
コレ、カラオケで思いっきり熱唱したらウケそうですよね(笑)
恥ずかしがってる様子を微塵も見せずになりきることが必要になるのでしょうけど・・・
「第5ボタン」まで外すのは相当な勇気がいるものと思われます^^
そっか、みんなでやれば・・・ただの危ない集団になってしまいすね(笑)
クリスレアさん(?_?)
ジオヤ~さん、こんばんは(゜o゜)

最近 お仕事が超過密状態で、
頭がボケて?ボ~って感じの私ですが・・・

そのせいか、レア・・・ってタイトルですから
素敵なシャガリ声の、おじさん
超・車好きの、クリス・レアさんの
記事かと思いながら読んでいたら (*_*;

全く違う方の記事でした~(゜o゜)
こりゃ疲れ方も かなり重症ですね~~(>_<)

今夜も サイト徘徊を切り上げ、 早く寝ますv-40



自分の記事更新もママならず、皆さんのサイトへも、なかなか 訪問も出来ずで、ごめんなさい~(>_<)/

今日は、頑張って休日出勤をしましたから、何とか クライアントの締め切りにも、間に合いそうな感じです(@_@;) メチャしんど~(+o+)
No title
こんにちは

この人たちの曲はカラッとしたイメージがあるのですが、私の場合は曲を聴いてというより、
むしろマイアミ出身であるが為の固定観念がそうさせている様に感じます。
ラテンです。

ケーシー高峰といえば、最近はブラマヨの吉田を思い浮かべます(笑)
Re: 涼子さん
こんばんんは。

お仕事お疲れ様。
仕事大変そうですね^^
メチャメチャ頑張れるのも若い時だけですから、やれる時に頑張るのもいいことだと思います。
でも、くれぐれもお体には気を付けて、寝られる時は早く寝るのが、そりゃいいです。

この人もシャガレ声というならば、そうですけど、たしかにクリス・レアみたく渋くはないですね(笑)
「オン・ザ・ビーチ」が私は好きで名曲だと思います。

容赦のないクライアントの締め切りにもメゲず、頑張ってください。
そして、しんどい時は、とっとと寝てください(笑)
Re: 桃太郎さん
こんばんは

たしかに、マイアミと聞いただけでカラッとしたイメージが思い浮かびます。
しかも、バンド名がサンシャインだし^^
この曲もヘタをすれば重たくなってしまうようなメロディー・ラインなのですけど、脳天気に、カラッとやってるところが、私にはいい感じに思えます。

そうでした、ケーシー高峯もぶつぶつ顔でした^^
松井とかウッチャンナンチャンの南原もそうだったような気がしたけど、あれって治るのですかね?

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。