スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

赤の広場でぶちかましちゃってます!

今週はノリノリのロックンロール特集、本日は、昨日の

リトル・リチャードのところでも少し触れましたが、

やはり、ジョン・レノンの登場なんかもあったりして、

この人も思い浮かべずにはいられないということで、

ポール・マッカートニーの登場です。

いつも、訪問&コメントをくださるともさんからの情報ということに

なりますが、なるほど、この演奏は感動的だ、ということで、

2004年、外国人としては初となるモスクワ、赤の広場での大規模な

ライブの模様から「バック・イン・ザ・USSR」です。

そりゃ、熱狂的に迎え入れられている様子が映像からも伝わってきて、

見ている方もテンションが上がるっていうもんです。

ポールもさぞかしここで歌う「バック・イン・ザ・USSR」

(ソ連に戻ってきたぜ!)は気持ち良かったことでしょう。

ビートルズ、1968年発表の「ザ・ビートルズ(ホワイトアルバム)」

に収められているこの曲は、基本的にパロディーというか

シャレで作られたようなものなんじゃないでしょうか。

それにしては、良い出来ですが・・・

説明すれば、当時ビートルズへの対抗意識をメラメラと燃やしていた

ビーチ・ボーイズ、ブライアン・ウィルソンへのアンサー・ソングであり、

そして、チャック・ベリーの曲で「Back in the USA」というのがありますが、

そのもじりだと思われ、さらに、グルジア・オン・マイ・マインドと

歌われていますが、もちろん、レイ・チャールズの

ジョージア・オン・マイ・マインドから拝借ということなのでしょう。

(詳しい訳詞はコチラ←クリックでご覧下さい)

まあ、お洒落な曲とも言えるのかもしれません。

特に印象的なのは、この映像ではコーラスの部分は意識はしているものの

ちょっと伝わりにくいのですが、原曲はまんまビーチ・ボーイズです。

ということで、ポール・マッカートニー、モスクワ、赤の広場での演奏で、

「バック・イン・ザ・USSR」です。



PAUL McCARTNEY - BACK IN THE USSR

Paul McCartney - Good Evening New York City (Live) - Back In the USSR (Live at Citi Field, NYC)




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

この赤の広場のライブ、わたくしはテレビで観たんだけど、「ベルリンの壁崩壊」の時のような感動を覚えましたね。
本当の冷戦の終結は、この時になされたのではないでしょうか?

映像にもチラっと映ってるけど、このライブ「プーチン」も観客の中にいるんですよね。
まぁ、彼は遅れてライブの途中に会場入りするんですがね、テレビのインタビューでは「実は僕もビートルズが好きだったんだ」ってな事を言ってましたね。
最も、プーチンの裏の顔と言いますか、この映像からも受け取れる「KGB的」な表情が怖かったりもするんですが・・・(汗

ソ連時代って、もちろん情報操作されていたんだろうし、他国の映画や音楽も制限があったでしょ?
でも、そんな世の中に生きていても、人々はポールの曲を知っていたんですよね。
どんなに国に縛られていても、心の自由までは縛る事ができない・・・
この赤の広場で「BACK IN THE U.S.S.R.」を歌ったポールの勇気には脱帽ですが、何よりその事が証明された歴史的なライブだったのではないでしょうか?^^
No title
ともさんが言った通り
この民衆の中にプーチンが
ともさんも居たんじゃないの?爆
けどベルリンの壁崩壊の時ぱ+.(○´∀`ノノ '`゚チ'`゚チしてたわ~
やっと平和が・・・って思ったら
次から次と
ビートルズの力は偉大でしたね
ってまだ居るんだった(*^^*ゞ
No title
おはようございます

赤の広場にて「バック・イン・ザ・USSR」とはお約束のように思われるでしょうが、これを演奏するのに大変な労力を使われたんでしょうね!
素晴らしい演奏で聴けた名曲は聴き終えた後、爽快感が残ります。

先日タワレコで新しいポールのDVDが出ていたので、思わず購入しようとしたのですが娘の顔が頭を過ぎりビヨンセのDVDを購入してしまいました。(笑)
すでにこの時点で予算の3倍近くなっていたもんで見送りました。
でもポールのライブは良いですね!
お察しかと思いますがフォーリナーを買った時の事です。
Re: ともさん
こんばんはv-484

たしかニュースでも話題になったように思うけど、タイムリーな時にじっくり観た感覚っていうのは全然違うものだったんでしょうね。
残念ながら、私その時は観てないです(泣)
こんなにもロシアの人達がはしゃいでる映像ってこれ以外ではないんじゃないかな?まさに冷戦の終結を思わせますよね^^

最初の方で、一瞬映りますよね、プーチン。
プーチンってできれば平和がいいって思ってる人のように思いますが・・・
でも、必要と感じたら強行なことも徹底してやってしまうKGB上がりという面もありますよね(コワっ

なるほど、どんなに国が人の心を縛ろうとしても無駄だってことを証明したということですね。
そう思います、北朝鮮もさっさと無駄なことからは手を引いた方がいいですね。
そんなことをしたところで、むしろ国家にはマイナスに働く事の方が多いように思います。
でも、ロシアには、民主主義の文化を嫌う人だって当然いるだろうし、ここで演奏してウケなかったらとか、ブーイングにさらされたらといったこともあり得る分けで、そう考えるとポール、勇気ありますね^^
Re: みゆきママちゃん
映像を観る限り、ロシアって綺麗な人ばかりですよね。
きっとともさんはここに居てこの中の誰かなのでしょう。
あ、みゆきママちゃんも昨日ブログで顔出ししてるの見たけど綺麗ですよ^^
そう、直接的ではないにしても、ベルリンの壁の件とか、ビートルズの力は関係してると思います。
二人になってしまいましたけどね、まだ居ます♪
Re: 桃太郎さん
こんばんは

多分ソ連時代には国を退廃させる音楽ということだってのでしょうから、ここに至るまでには大変なこともあったでしょうね。
さすがにポールも気合いが入ったのでしょう、私も素晴らしい演奏だと思います^^

ビヨンセにしてしまいましたか(爆
予算の3倍近くって凄いですけど、あれもこれもって買っちゃう時私もあります(笑
結構ストレス発散になったりしますよね♪
ポールのライブは昔ウィングスの観たことあるかな・・・ヴィーナス&マーズの頃の、そう、良かった記憶があります^^
あー、桃太郎さんのところにあった映像を観ただけなんですけど、あの感じはフォーリナー、当たりでしたね^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。