スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ある意味真のロックンローラー

ロックンロールな偉人達の特集ということで

今週はお送りしています。

本日は、リトル・リチャードでいってみましょう。

ビートルズがカバーした「のっぽのサリー」のオリジナルは

この人っていう言い方が一番伝わるかとも思いますが、

(リンクが張ってあるのでオリジナルのバージョンはクリック

でどうぞ)他にもCCRの「グッド・ゴリー・ミス・モリー」

であるとか、数多くのバンドに取り上げられリスペクトされていて、

ロックンロール界の最重要人物の一人として名を連ねます。

特に、ポール・マッカートニーに与えた影響は絶大ということで、

歌の節回しとか、フレーズの合間に「アー!」って絶叫するところなど

そっくりだったりします。

1962年のリバプール公演では、まだ無名のビートルズが前座を務め、

ポールは歌の手ほどきを受けたとも言われています。

因みにその時リトル・リチャードのバンド・メンバーとして同行

していた人達の中にビリー・プレストンもいてビートルズと知り合いになる

といった経緯もあります。

といった具合で、この人、この世界の偉人には違いないないのですが、

ゲイであったり、麻薬中毒であったり、突然牧師に転身したり、

復帰したと思えば役者を志してみたりと、行動の読めない

数々の奇行癖もわざわいして、本来であれば、ロックの偉人と

して崇め立てられているところを、いまいち訳の分からない人ということで、

なかなか評価が定まらなかったりします。

ま、そんな人生も内田裕也じゃないですが、ロックンロール

といったところなんじゃないでしょうか^^

ということで、1955年、リトル・リチャードをブレイクさせた曲、

ロックン・ロールの歴史上最も重要な曲のひとつともいわれる、

「トゥッティ・フルッティ 」です。

・・・ワッバッパ・ル・バッパ・ワッパッパ♪



Little Richard - Tutti Frutti

リトル・リチャード - Greatest Gold Hits - Tutti Frutti




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

ホント、この年代の音楽を比べると、アメリカの先進国っぷりが分かりますよね!
しかも、今聴いてもちっとも古臭くない!
50年代の日本って何だ?ムード歌謡とかか・・・?(笑)
いずれにしても、よくもまぁこんな国を相手に戦争を挑んだものだ・・・と思ってしまいますが・・・

リトル・リチャードのバックにビリー・プレストンがいた・・・という話ですが、改めてビリーのプレイヤーとしての歴史を感じる話ですよね。
しかも、前座がビートルズだもの。
それにたしか、ジミヘンもリトル・リチャードのバックで演奏してたはずだと思うんだけど・・・
やはり、この人のエネルギッシュなパフォーマンスは多くの若者に支持されてたんでしょうね。
ジミヘンが彼の後ろで演奏してたのも分かる気がします^^

それにしても、このリトル・リチャードがガン見している左上に何があるのかが気になります。
・・・もしかして、女子のパンツでも見えてるのか?(笑)

このパワフルなボーカルは、いつ聴いてもスカッとしますね♪
かなり、カッコいいです^^
No title
ともさんのコメと同じ
日本は、この時点で今の北朝鮮のような国だったのかもね
遅れた日本
輝くアメリカ
゚+.(○´∀`ノノ '`゚チ'`゚チ
Re: ともさん
こんばんはv-484

1950年代の日本の歌謡曲は、「チャンチキおけさ」by三波春夫とか、「別れの一本杉」by春日八郎の時代ですね♪
全然違うじゃん!・・・みたいな(笑)
まあ、どっちが優れてるって話ではないと思うけど、鎖国感はありますよね^^
戦争自体もちろん絶対にやっちゃだめなんだけど、外の世界を知らずに戦争を始めるってのは勘違いもいいところだと思います。

このころビリー・プレストンは16歳、とにかく若い頃から優れたミュージシャンと親しくしてて羨ましい環境に身を置いてたみたいですよね。
それも才能、人柄の良さがなせる技なんでしょうけど。
そう、そうあとジミヘンもリトル・リチャードバックを努めてました。
ジミヘン的にはいろいろなものを吸収してたんだと思うけど、ただ、この人の場合はそれだけにとどまらず、リチャードからは「オレより目立つな!」と怒られてたんだそうです(笑)

>女子のパンツでも見えてるのか?
リトル・リチャードはゲイでもあるらしいですよ・・・
ってことは男の・・・キモ(笑)

このリズム感とシャウトとパワフルさがあれば、いつの時代だって通用するボーカリストだと思います。

PS. 前回のコメレスでジュリアンとショーンを勘違いしてました(笑)
ジュリアンは前妻との間の子供ですよね・・・ん~、そうですよね、表現活動をするにしても、まずは自分の足元を見ないとマズいかも、いくら「人類愛」と言ってもねぇ・・・
Re: みゆきママちゃん
まあ、その頃は北朝鮮みたいなものだったんでしょうね・・・
そうですね、遅れてるのは仕方ないにしても、北朝鮮のように孤立しないで、外の世界をいろいろ見つつ、情報を取り入れながらやってくのがいんじゃないですかね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。