スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

名曲で一休み ♪

秋のギターサウンド、哀愁編ということで

今週はお送りしています。

昨日は、ロイ・ブキャナン、カン高い声で泣く

泣きのギターを披露してましたが、ここのところ

ずっとこんな感じで、いわゆる「泣き」と言われる

ギターサウンドを続けてきました。

本日は、ちょっと違ったところ、「泣き」からは

ちょっと離れて、曲自体が哀愁を帯びてるみたいな感じで、

ジョージ・ベンソンの「マスカレード」でいってみたいと思います。

まあ、ドロドロチックなところが続いたので、

一休み感覚ってところです。

ジャズ・フュージョン系で、あっさり目のギターということに

なりますが、曲が良いです。

レオン・ラッセル作ということなり、カーペンターズの

バージョンで有名だと思います。

ジョージ・ベンソンは、今では、ゴージャス&リッチな

ブッラク・コンテンポラリー(ブラコン)のシンガーとして

有名みたいなところがあって、もともと、ギタリストであった

彼が、そういったシンガーとしても評価されるきっかけに

なったのがこの曲ということになります。

考えてみれば、ソウル~ブラコン~現代のR&Bと続く

黒人音楽の流れの中で、ソウルが都会的なブラコンへと

装いを変えていく過程で、重要なところに位置する一曲

なのではないでしょうか。

1976年発表のジャズ・フュージョンの名盤「ブリージン」に

収められてます。ジョージ・ベンソンで「マスカレード」です。



George Benson - This Masquerade

ジョージ・ベンソン - Breezin' - This Masquerade




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

ちょっと!昨日「確信」とまで言い放ったというのにどういう事なのっ!
こんなにも高い位置でギターを構えているというのに、弾いたのはボーカルと同じ旋律の「デュッ デュ~ル デュデュル デュルルルルルル・・・♪」だけだなんてさ!
あ、でも「デュルルルルルル・・・♪」が上手かったからいいのか・・・(笑)

それにしても、レオン・ラッセルという人はスタンスを崩さない人よね。
いつだって「都会の夜」を演出しちゃうんだから・・・^^
うふふ・・・何しろ、マスカレードは燃えつきそうなんだもんね♪(by TRF)

おっと・・・ガン見してたら「ガッツ」に見えてきた・・・

石松デュルルルルルル・・・♪(笑)
No title
おぉ~っ、ベンソン、しかもマスカレードやぁ!!

ロックやブルースばかりやっていた私が、初めてジャズっぽいって思ったのがジェフ・ベックのブロー・バイ・ブロー。

でも、「ベックは特別なんや」って思ってました。

そして友達に聞かされたのが、このベンソンのマスカレード。

これ聞いた時に、
「ア、アカン・・・ジャズ、勉強せなアカン」
って思って学校探して勉強しに行ったんですよ!!

で、その後買ったギターはアイバニーズのジョージ・ベンソン・モデルですもん!!

その頃はアイバニーズは、まだ逆輸入状態で、ケースがジュラルミンの四角いヤツ。
それ持って京都まで1時間30分かかって通ってたんですが、もう重くて・・・
歩いてる途中、休憩すると、一緒のクラスのヤツ2人と私が、そのケースの上に腰掛けるんです。

何時もベンチを持って歩いてる様なモンでしたゎ。
No title
こんばんは

その昔この人の甘い歌声とスキャットを聴き、最初はボーカリストとして認識していました(笑)

この人の流れるようなギター・プレイが好きで、影響を受けたと言われるウェス・モンゴメリーもこの人を通して聴くようになりました。

次回はいよいよあの人の登場ですね!(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

いやいや、この人はギター上手いですよ!
ジャズギタリストとして超一流です。
デュルルルル…♪は得意技の一つですね^^
ギターを高い位置で構えるテクニシャンとして全然問題のない存在です(笑)

銀髪の強面、ダミ声のレオン・ラッセルの代表作ですよね。
他には、「ソング・フォー・ユー」「スーパー・スター」…いずれも「都会の夜」って感じで、そりゃともさんの「お気に」ということになるんでしょうね^^
TRFの歌は、ちょっと知らなかったのですが、マスカレードとは「仮面舞踏会」のことで、となれば少年隊。
何歳になっても少年隊だし、東もレオン・ラッセルもスタンスを崩さないですね^^

石松デュルルルルルル…♪、OK牧場です…(笑)
Re: 浦太さん
そうだったんですか、それほどの思い出の曲を
石松デュルルルルルル…♪はないですよね(爆

たしかに、このギターはただコピーして弾けただけでは、だから何?って感じになってしまいますよね。
でも、そこで学校に勉強しにいくところは、ガッツありますね。ガッツ似だけに…
しかも、ベンソン・モデルのアイバニーズの入ったジェラルミンの四角いケースをかかえて、1時間半ですか…頭が下がります…
でも、反面、羨ましいとも思います!

因みに、当時は「イバニーズ」って言ってませんでしたっけ?…私の周りだけだったのかな^^
Re: 桃太郎さん
こんばんは

そうですよ、この他にもブラコンっていうか、ディスコっぽいのとかで、ボーカリストとしての方が目立っているいい曲が結構ありますからね。

そう、ウェス・モンゴメリー直系のジャズギタリストとしても第一人者なんですよね。
なので、ボーカリストとして、ギタリストとしてこの顔に似合わず(笑)、才能豊かな人なのだなあと思います。

バレバレなんですよねえ…次回は…
それでもアノ人ならきっちりと締めてくれることでしょう(笑)
No title
そうそう、当時はイバニーズ!!

でもって、私の中では「ガッツ石松」ではなく「こんがりと日に焼けた水野晴郎」でした。

それにしてもレオン・ラッセルって人はアノいかつい顔で、なんてキレイな曲書くんでしょうねぇ。
ア・ソング・フォー・ユーなんざ最高です!!
Re: 浦太さん
やっぱり!イバニーズでしたよね^^

このビデオは、若いですしね、ここからゴージャスさを増してくると、そう、水野晴郎になっていきますね(笑)

「ア・ソング・フォー・ユー」いいですよね!
下降していくコード進行って感じでしょうか^^
まあ、ジョージ・ベンソンもレオン・ラッセルも顔に似合わずってのは、どうしても思ってしまうのですが(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。