スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ニューロマンティックな秋オシャレ

毎週なにがしかのテーマを決めて、特集形式で音楽をお届け

しているブログ★ラヂオ、先週はサイケデリックというある種

重たい感じもする特集、特に最後に登場したドアーズなどは、

かなり重たいものがあったわけですが、そんなところも踏まえつつ、

そこは、バランス感覚も大事にする当ブログということで、

今週は、メイン・ディッシュの後のデザート的な感覚、そして、

またしても秋といえばってことにもなりますが、

「オシャレ」などにも気を配るのに良い季節であろう、みたいな感じで、

まあ、秋らしい、こ洒落た音楽をチョイスしてまいりましょうか

などと考えています。

オシャレといっても、当ブログらしく、そんなにレアって分けでもなく、

そこそこメジャーでヒットした有名どころ、ちょい懐かしいみたいな

感じでいってみたいとおもいます。

ということで、初日の登場となるのは、スパンダー・バレエ

1980年代、デュラン・デュランなどと共にイギリスで巻き起こった

ニューロマンティックの旗印の元活躍し、ビジュアル系も加味した

イケメン・グループということになりましょう。

バンド名の由来は、ベルリンの郊外シュパンダウで見かけた落書きに

ヒントを得て付けたということのようです。

ゲイリー(ギター)とマーティン(ベース、映像ではキーボード?)

のケンプ兄弟を中心に結成されたバンドで、

ボーカルはトニー・ハドリーといいます。

で、曲は1983年の大ヒット「トゥルー」です。

良い曲なんじゃないでしょうか。この時期に相応しい、しっとり感と

ちょこっと漂う哀愁がいい感じだと思います。

因みにこのバンド、長い期間活動停止状態にあったようですが、

つい最近、先月には復活していて、再結成ツアー、並びにシングルも

発表になるようです。(ファンの方はコチラ←クリックで要チェックでしょう)

ということで、スパンダー・バレエで「トゥルー」です。


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Spandau Ballet - True

Spandau Ballet - 80's Hits - True




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

へぇ~、この曲って中身はこんな感じだったんだ・・・
わたくし、イントロの「はぁん はっはぁ~ん はぁ~んはぁん♪」の部分しか知らなかった・・・(笑)

映像でもお分かりになる通り、この時代は前髪にパーマをあてて横に流す「デヴィット・シルビアンみたいな髪型」が流行りましたね!
この人たちも「僕笑っちゃいます・風見慎吾」に追いつけ追い越せと言わんばかりの横流しでございますが・・・

やはり、景気というものは服装にも多大な影響を与えるものでございます。
今日、このような「結婚式の帰り」みたいなスーツを着用するバンドが存在するでしょうか?(いいや、いないっ!
やはり、不景気な世の中においては、贅沢なオシャレなど二の次なんでございます。
今となってはかろうじて、狩野英孝の胸に光る「訳の分からない赤いバラ」に、この時代の名残が見え隠れするくらいだと言っても過言ではないでしょう。

「われも金なり、彼も金なり」
あ~、バブルの頃がなつかしい・・・(遠い目
No title
Trueは、中学の頃よく聴いていたので涙がでるほど懐かしいです。今聴いてもいい曲です♪
No title
こんにちは

最初はニューロマンティック丸出しのようなルックスから、この曲の雰囲気にぴったりなダンデイ路線の変更に伴ない当時は人気がありましたよね。

演奏が上手いバンドだけに、このままダンディズムを極めてもらって、ロキシーミュージックの後釜に収まるもんだと思っていたのに、あっさり解散して20年後に戻ってくるとは驚きです。
渋さが増すのか、単におっさんになって戻って来るのか興味深いところです。(笑)

当時の対抗馬としてABCもいましたが、このバンドも好きでした。
No title
んー、イントロは聞いた事ありますねぇ。
コード進行は結構凝ってるし、よくまとまってるし、サラッと綺麗だし・・・

でも、また次聴いた時は
「んー、イントロは聞いた事ありますねぇ。」
って思っちゃう気がする。

凝った歌中より、シンプルでコーラスとギターのカッティングが印象的なイントロの方が勝っちゃうんでしょうねぇ。
Re: ともさん
こんばんはv-484

9割方イントロの掴みで聴かせてしまう曲だとも思います(笑)

ジャパン・「デヴィット・シルビアン」ですね!そうですね、そんな髪型がはやってました。
欽ちゃんバンド、「風見慎吾」は、はっきりとした性格を示すがことく完璧でした(笑)
そうか、この人達も、そこを目指してたのか…
私は、サッカー選手、東京ヴェルディーを思い浮かべます。
なんつったって軍団でこの髪型でしたから^^

「結婚式の帰り」みたいなスーツには爆笑ですが…ん~、ビジュアル系のバンドは今でもたくさんあるように思いますが、確かにスーツで演奏する人はいなくなりましたね。
ってかスーツ=ビジネスマンというイメージしかないような気がします。
あとは、ホスト系ということになるのでしょうか…「狩野英孝の赤いバラ」(笑)も含め、ラーメン・ツケメン・僕イケメンと自虐的になりつつも、夜の世界へと80年代は沈降していったようですね。

なんか、50円を失って以来、変にお金に執着してないですか?…(笑)
Re: 青い海さん
多感な時期にこの曲を聴いてた人が、今聴くと泣けるっていう感じは良く分かります。
そういうメロディーですよね…いい曲です^^
Re: 桃太郎さん
こんばんは

なるほど、このまま活動を続けてたら渋いバンドになってたかもしれませんね。

この人は、ブライアン・フェリーを普通の人に近づけたって感じでしょうか(笑)
ロキシー同様サックスのいるバンド編成ってのは、オシャレですよね。
まあ、ただのオッサンになってないことを期待しましょう(笑)

ABCは私も良いバンドだと思いますが、今でもやってるんじゃなかったでしたっけ…このバンドとセットでコンサートなんてのは、充分考えられるところなんじゃないでしょうか^^
Re: 浦太さん
ともさんのところでも書きましたが、私も9割方イントロで聴かせてしまう曲だと思います。

ロックにはこのパターン、結構あると思います^^

そして、ギターのカッティングに触れるあたりは、さすがですね。
確かに効いてます。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。