FC2ブログ

不幸のカリスマ

今週は、「芸術の秋」、アートな味わいも合わせ持つ

サイケデリック・サウンドということで、音楽をチョイスして

まいりました。深まりゆく秋をアートフルに彩ったことと思います。

で、いつものように週の終わりには特集の最終日を迎えるブログ★ラヂオ、

トリを飾ってもらうのは、ドアーズです。

まあ、暗いですね。ボーカルはジム・モリソンということになりますが、

見事なまでの不幸の体現者、不幸のカリスマと呼びたいと思います。

(ここでいう不幸とは貧乏とかそういうことではなく、

生きること自体、精神的に苦しい、辛いといった意味ですが)

もちろん、ある程度は、意識的に不幸で救われない人を演じてる部分も

あるとは思います。でも、ロック・スターとなってからも、おごり高ぶることなく、

不幸であり続けるというのも見事なものだと思います。

多分この人にとっては不幸でいることの方が安心できる、恐怖心を払拭し

落ち着いた気分でいられるってことなのかもしれません。

なので、不幸であればあるほど、人気の出る倒錯したロックの世界

というのは、格好の居場所だったのではないでしょうか。

でも、まあ、最後には、落ちるところまで落ちてしまうというか、

薬物の過剰摂取と思われる死にみまわれてしまう

ということになってしまいますが…

いわゆる、ロック界ではジンクスになっている27歳、ブライアン・ジョーンズ、

ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックスと同様の年齢で、

若くして去ってしまいました。

アップのビデオは10分近い長尺の演奏となりますが、

ロック・スターとして振る舞いつつも、不幸のオーラを発するカリスマに

引き込まれていってしまうことと思います。

演じて装っているというのも分かりますが、でも、それ以上に切実な

ものが伝わってくるからだと思われます。

それから、このバンドは、ジム・モリソンの他に、レイ・マンザレクの

オルガン・サウンドがバンドの印象を特徴づける重要なパートを担っています。

曲は、「ハートに火をつけて」、1967年のヒットとなりますが、

何故か今週は、ビーチ・ボーイズの「グッド・ヴァイブレーション」を除いて、

全て、1967年に発表の曲ということになってます。(「グッド・バイブレーション」

も前年の1966年発表で似たようなものですが)1967年という年は、

ロックというか、サイケデリック・サウンド満開の当たり年であったと

言えるのではないでしょうか。

ということで、ドアーズで「ハートに火をつけて」です。…では、では



The Doors - Light My Fire

The Doors - The Very Best of (Bonus Track Version) [With Bonus Video] - Light My Fire




スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

今日は「ドアーズ」ですか・・・じゃあ、ふざけられないな(笑)

そうそう、ブライアン・ジョーンズもジャニスもジミヘンも、みんな27歳で逝ってしまったのよね。
しかも、ジム・モリソンも含めて、この4人の共通点は「光と影」。
ステージで浴びる光と同等な影を持ち合わせている人たちだと思います。
以前は、この相次ぐ27歳の死に何か神がかったものを感じたものですが、今になってみるとやはり薬が横行した時代がそうさせたのだ・・・と思いますね。(普通に・・・笑
だってね、ヒッピーとかもそうだけど、薬が蔓延しすぎだもの。
この人たちは残念ながら亡くなってしまったけれど、エリック・クラプトンだってキース・リチャーズだって、同じ運命を辿っていたとしても何ら不思議はないんじゃないかしら・・・?(笑)

60年代、70年代というのは変革の時期だったと思うのですが、音楽においては単なる変革というよりも、むしろ「何かを吐き出す」といった感じの音が多かったんじゃないでしょうか?
それはとてもスリリングで、それでいてとても重い・・・
わたくしは、そんな60~70年代の音が大好きですね~・・・

何だか一週間がとても早く感じましたが・・・(笑)
今週もお疲れさまでございました^^
No title
1967年は私が生まれる2年前なので、この曲はしりませんが、ドアーズは名前は聞いたことがあります。27歳での死は早すぎますね。もし生きていたらどんな風になっていたのだろうって思ってしまいます。
No title
27歳ですか・・・私の場合、ようやく食える様になり始めた歳ですねぇ・・・

それはさておき、昔の間奏って、やたら長いんですよね。
特にライブは。

長くても聞けるモノはモチロンある訳ですが・・・このギターソロ・・・コレで通用してたんやなぁって、チョット違う意味でビックリします。
Re: ともさん
こんばんはv-484

このドアーズが発する「ふざけられない」雰囲気って、別格のものがありますよね(笑)

「光と影」…影の重たく暗いところがステージ上では光となり、光を放つスター的なところに疲れ、嫌気がさすと、影の部分が増長されていく、みたいな関係になっていて、結局は影の部分に押し潰されてしまったって感じになるのかなあ。
その影の部分にこの時代蔓延していたドラッグが関わると、そりゃ命も危うくなるってことでしょうね。
クラプトンもキースも、むしろ今生きてることの方が不思議なくらいって感じなのでは…

で、この時代に変革をもたらした新しい表現方法、すなわち、ロックという音楽に、この暗く重たい部分を込め、まさに吐き出していた、そして、そんな危ういところが仰る通り「スリリング」だし、時代の空気ともよくマッチしていたってことになるのだろうと思います。
ともさんの好きな60~70年代の音楽の特殊性はそんなところにあるのではないでしょうか。
これで時代が進むと、もっと明るく楽しく、気持ちいい方がいいやってことになりますね…まあ、それはそれで良いのですが(笑)

一週間が早く感じるほどこの時代の音楽が好きってことですか(笑)
まあ、喜んでもらえたようで良かったですけど^^
今週もサイケなコメント、ありがとうございました♪
Re: 青い海さん
私もほんの子供だったので、ドアーズは後から知りました。
何年か前に映画にもなっていて、それで名前を聞いた人も多いかと思います。
ジム・モリソン、今生きてたらどうなんでしょう?
まあ、おそらくは、残念ながらこのテンション、このオーラは発してないと思うなあ…
ストーンズってのもありますが、あれは異常です(笑)
Re: 浦太さん
いやいや、ミュージシャン、ギタリストとして食えるっていうのは、すごい立派なことだと思うし羨ましいです^^

クリームとかオールマン・ブラザーズとか長いですよね(笑)

まあ、バンドの特性にもよるのでしょうけど…
ビデオで見る限り、このバンドの場合、むしろ饒舌なギタリストよりこれで良いのではって思ったりもします。
これで、ビジュアルの何もないレコードで聴くのではまた別なんでしょうけど^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv