スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イケイケのプログレ・バンド

バンドのコンセプトとして芸術、アートといったものを

持ってそうなバンドを今週はピックアップということでやってますが、

本日は、芸術っていうのかなあ、まあ、一般的には

そうなるのかもしれません。なんたって「展覧会の絵」by

ムソルグスキーを演奏しているのですからね。

そう、エマーソン・レイク&パーマー、略してELPの登場と

なるわけです。プログレッシブ・ロックにカテゴライされるバンド

ということになりますが、私は、一般的なプログレッシブ・ロックの

陰なイメージというよりも、イケイケで、攻撃的なロックのバンド

といった陽のイメージが多分にあります。

実はそこが好きなところだったりしますが、ぶっちゃげポップスって

いっても良いくらいの楽しい演奏です。

って、芸術からは遠のいてしまうようですが、そこは、「展覧会の絵」、

素材としては、充分格調高い分けです。

イギリスで結成され、キーボードがキース・エマーソン、

ベースがグレッグ・レイクで、ドラムスがカール・パーマーということになり、

まあ、特筆しておきたいのは、グレッグ・レイクで、

ELPに参加以前は、これもプログレッシブ・ロックの世界では、

泣く子も黙るキング・クリムゾンに在籍していて、

ビートルズのアルバムを1位の座から引きずり降ろしたアルバムとして名高い、

「クリムゾン・キングの宮殿」において、ベースとボーカルを担当していた人です。

プログレ界においては、重鎮ということになりましょう。

この人が、このバンドにおいては唯一、まあプログレらしいっていうんですか、

ウェットな存在である分けですが、残る2人は完全にイケイケの人ですね。

本日の一曲は1971年発表のアルバム「展覧会の絵」の

冒頭部分の抜粋ということになります。

これはライブアルバムで、最後のアンコール曲「ナットロッカー」(くるみ割り人形)

を除いて、組曲形式で構成されたアルバムになってます。

それにしても、映像で見るこの時期のカール・パーマーや、

グレッグ・レイクは可愛らしい顔立ちをしてたのですね。このまま

ベイ・シティー・ローラーズの中にいても全然問題ないように思われます。

ということで、ELP、アルバム「展覧会の絵」から

「プロムナード」~「こびと」~「プロムナード」です。



ELP - Promenade~The Gnome~Promenade

と、なんか変なところで終わってしまいましたが、この後は、歌謡フォーク的な

多くの日本人の心にも響くと思われるグレッグ・レイクの独唱、

「賢人(The Sage)」へとなだれ込んでいくのですが、

懐かしいと思ってしまい続きを聴きたいと思った方、または興味のある方、

時間のある方は、下URLクリックでどうぞ!

http://www.youtube.com/watch?v=L9Ippzdh0Qg

「賢人(The Sage)」
iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

イイですね~ELP
こんばんは、ジオヤ~さん。

んんん~~(@_@;)、
この次は、きっとYESを取り上げそうですね。

リック・ウェイクマンのライバル・・・
キース・エマーソンさん、カッコイイです~v-238

明日も会社があるから・・・、
ゆっくり ビデオ拝見するには
10分はきついので、明日の夜 もう1度
同じクリップを、観に来ましょう~(^_^)/

そしたら、明日の議題が・・・、
EL&Pの良きライバル、
YESの様な気がしたものですから。
全然、違ってたりして・・・(^_^;)
No title
こんばんはv-85

エマーソン・レイク&パーマー・・・プログレッシブですね・・・

わが家にも、相方所有のCDたくさんがございますが・・・

やはりわたくし、メンタルな部分に訴えかけてきて、なおかつソレを一度頭で理解しなければいけないプログレッシブは苦手でございますぅ~!(泣)

とはいえ、世界中の人々を魅了したEL&P。
わたくしには理解できない何かがあるのでしょう・・・
とりあえず、「破壊力」みたいなものは伝わったわ!(笑)

この「青いピチピチ・スーツ」・・・汗かいたら脱ぐのが大変そうね!(笑)

ふふん・・・足首のところでズボンが突っかかってる姿を想像してみて~♪
No title
こんばんは!

これ、聴いたことあります。それも本家のムソルグスキーよりも先に。
雰囲気はロックでも、結構原曲に忠実に作られてたような記憶もあるんですが、そんな感じじゃなかったですか。
動画見せてもらったんですけど、シンセがまるっきり昔のものでなかなか面白いですね。昔はシンセサイザーってこういうイメージでしたよね。
途中で色々細工して出てくる音もいかにもシンセっぽいというか、B級SF映画の効果音みたいで逆に新鮮でした。

イケイケの人らしく、ここはやっぱりオルガンにナイフ突き立てるパフォーマンスもちょっと見てみたかったです。

グレッグ・レイクは特に可愛らしい感じかな。もう完全にアイドル扱いにしてもおかしくないくらい。
確かにイケイケのキースとあわせて、動と静のバランスが取れてますね。
それで静のイメージやアイドルっぽさを保ったまま、クリムゾン的な凄まじいベースを弾いてしまうんだから、こういうギャップもまたかっこ良かったんでしょうね。
Re: 涼子さん
こんばんは。

アハハ、残念ながら予定していたものは、ご期待に添いかねなかったようですね^^

リック・ウェイクマンかあ、こりゃまた懐かしいところを思い出させてくれました♪

10分はちょっと長いかもしれないですね。
でも、結構スリリングな演奏で飽きずに観れますよ♪

ELPの良きライバル、イエスね…
いったいいつ頃の話になるのかなあ、若いのにそんなこと言うもんじゃないです…みたいな(笑)
なんか雑誌ミュージック・ライフの特集記事みたいで、昔っぽい感じですよね…私は、そんなの知りません(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

秋の夜長のプログレッシブ…♪
良くないですか?
たしかに、「意味」みたいなのを頭で理解しないとなんないっていう、めんどくさいところはあるかもしれませんね…

そう、この「破壊力」的なところがELPが、ロックっぽくて良いところなんじゃないでしょうか。
プログレッシブ・ロックの「ロック」の部分はこのバンドが一番似つかわしいとおもいます♪

ピカピカの「青のピチピチ・スーツ」も素敵でしょう!
でも、脱ぐとき、足に引っかかって、片足でヨロヨロしたり、ピョンピョンしてる姿はあまり想像したくないなあ(笑)
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

私も本家ムソルグスキーは、まったく聴いたことがないということもないですが、確か、なるほど、ELPは結構忠実にやってたんだなあ、と思った記憶があります。
このシンセはムーグ・シンセサイザーってやつですよね。ムーグ博士が発明したっていう♪
これは、和音が出せないんですよね。
やっぱシンセのイメージといえばコレですよ。
波形の操作で何の音でも出せるっていうのがシンセ・サイザーの売りのはずなのに、シンセサイザー独特の音があるというのも、変な話なんですけど…そう、白黒映画のUFOが飛んでるシーンとか、B級映画の効果音って感じもありますよね^^

オルガンにナイフ?…私は、それはちょっと知らなかったのですが…そうですか、そんなのがあったら是非見たいと思います、次回アップに備えて探しておこうかなあ…♪


あの「クリムゾン・キングの宮殿」のジャケットから、このグレッグ・レイクの顔は想像しがたいと思います(笑)
そう、女性はこのギャップに惹かれちゃうのかもしれませんね(笑)
200冊以上の参考書~(^_^)/
こんばんは、ジオヤ~さん。

私のお父さん、雑誌とか棄てれない人で、
ジオヤ~さんが言う そのミュージックライフなんか
200冊以上も、物置に積んであるんですよ~(^_^;)
CAR GRAPHICなんて、全巻揃っています~!

だから、時々かび臭いのを引っ張り出して
読んでいるんです~(^_^)/ 
人気ランキングとかもあって、それを観ると
なるほど、この時代は このグループ同士が
ライバルだったのか~(^^)
な~んてことが、一目瞭然に分っちゃうんですv-221

なんにしても、レッド・ツェッペリンが強かったみたい。
そして、プログレシブロックのカテゴリーでは、
EL&Pと YES、ピンクフロイド達が張り合ってましたから・・・
私なりに 予想をたてたのですが、外れ(^_^;) 残念~v-239
Re: 涼子さん
こんばんは。

スミマセン、予想をはずしちゃったみたいで…^^

アハハ、ELPとイエスがライバルっていう涼子さんのコメントを見て、ミュージックライフがピンと思い浮かんで、いい加減にあんなこと書いたのですけど、そちらには、その証拠がしっかりと残ってるみたいですね、面白いです。

多分、その書籍の山を目にしたら、私は懐かしくて泣いてしまうかもしれません(笑)
いや、そんな歳じゃないはずなんだけどなあ…(バレバレですが…)、いずれにしろ、面白く興味深いコメント、ありがとうございました(笑)
No title
こんにちは

これまた懐かしい映像で、この頃は皆さんお若いですね!
この時代キレキレのキース・エマーソンの腹筋は仮面ライダーばりに割れてるし
カール・パーマーは髪の毛長いし
グレッグ・レイクは昔から顔丸いし
しかも今では体まで丸いし
と、どうでもいいような事を思いながら拝見しておりました。

今ではシンセ1台で出来る事も、この時代ならではの光景で昔のシンセ使いは忙しそうですね。
でも、キース・エマーソンがハモンドを振り回すエキセントリックな姿を含めてカッコイイと思っていました。

トリオという最小限の編成において音が薄くなりがちなところ、その隙間を埋めるような手数の多いカール・パーマーの存在は大きいですね!

以前、この頃のグレッグ・レイクにそっくりな女の子を何処かのキャバで見ましたよ(笑)

この壮大な音をたっぷりと楽しみました。
ついでにラッキーマンまで見てしまいました(笑)
Re: 桃太郎さん
こんばんは

人間というのは変わるものですね。
特に、外観は(笑)
今のこの人達の風貌を思い浮かべつつこの映像を観てしまわれたのですね。
私は、実は、映像を観るのが初めてなら、今の様子もほとんど知らなかった分けで、ひたすらカッコイイと思ってこの映像を観ていました。
YouTubeで今の姿もチェックしてみましたが、皆さんお変わりになってますね^^

昔は沢山のキーボードに囲まれて、操ってる姿がカッコイイっていうのはありましたよね。
キース・エマーソンがハモンドを持ち上げて、壊れるんじゃないかってくらい振り回してる映像も観てみましたが、たしかにカッコイイですね。
下に落としたときのガシャーンっていう音は、この方法でしか出ないんですかね…この音を出すために結構楽器を壊してるような気もします。

手数の多いカール・パーマーは、何か音階のある楽器を奏でているようにさえ見えます。

グレッグ・レイク似のキャバ嬢ですか(笑)いや、可愛いと思いますよ!
でも、この顔で「エピタフ」を歌ってる姿というのは、どうもピンときません(笑)

「The Sage」も観ていただいて、そこからラッキーマンに飛んだと思われますが、さすが、長い演奏も苦にならない桃太郎さんですね^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。