スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

湖上の煙

今週は「ギター・アイドル」ということで、私を含めおそらくは、

多くの人にとっても、ミーハー的に愛されているであろう

と思われるギタリスト達を上げ連ねているのですが、

見事にヤードバーズ出身3大ギタリストと称されるお歴々の

登場を果たした後の本日は、これも、やはり出たかって感じで

リッチー・ブラックモアの登場です。

東に、レッド・ツェッペリンあれば、西のディープ・パープルって

くらいのもんで、横綱級ハード・ロック・バンド、ディープ・パープルの

全盛時を牽引した初代ギタリストです。

後のハード・ロックといか、ヘヴィー・メタルなギタリスト達には

絶大な影響を与えた元祖的存在ということになりましょう。

ブルース・ギター的なフレーズが主体となりますが、

クラシックというか、スパニッシュのようなフレーズを

早弾きで織り交ぜてソロを構成していくのが得意な人です。

そう、まさに、現在でも受け継がれていて

人気のあるあのヘヴィーメタルなスタイルを

作り上げた人と言って良いでしょう。

海外というよりもここ日本で絶大な人気を誇り

多くのファンを獲得している人でもありますね。

なんつったって代表作は、1972年、武道館でのライヴを収録した

ライヴ・イン・ジャパン」ってことになりますし。

もちろん、ハード・ロックのバイブルってことで、海外でも

高い評価を得ているアルバム、まさに、武道館を世界的に

有名にした作品ってことになりましょう。

実のところ、音響的にはどうなのって感じの武道館を

どのロック・バンドでも「武道館でのコンサート」を目標に

掲げるようなライブの聖地にしてしまった作品

ということになるのではないでしょうか。

で、本日は、そこにも収められてる超人気曲で、

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」です。

ま、直訳すれば、あの人「王様」が歌っている通りの

「湖上の煙」ってことになりますか。

「火の粉がパチパチ」ってやつですけど、どうやら実話というか、見たまま

をそのまま歌にしてしまったもののようです。

ディープ・パープルの面々が鋭気をやしないながら、ゆっくりとレコーディング

を行なおうと宿泊していたスイス、レマン湖のほとりのホテルから見えた

光景ということらしいですが、フランク・ザッパがコンサートをしていた

会場が火事になってしまっている様子を歌にしています。

ということで、そんな内容の歌を激しいサウンドに乗せて

シャウトしながら歌うのはなぜ?というもっともな疑問は、

さておいて(それがハード・ロックというものです!)、

ディープ・パープルで、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」です。

(あれ、今回はリッチーが主役のはずなのに、ビデオでは

ギター・ソロあまり弾いてないじゃん…って不満もあるとは思いますが

…まあ、代表曲ってことで選んでしまいました、ご勘弁…)


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Deep Purple - Smoke On The Water

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

ギタリスト好きなわたくしとしては、やはり「ディープ・パープル=リッチー・ブラックモア」なんですよね!^ ^
なので、当然このキーボードソロにはお冠でございます!(笑)

リッチーといえば、やはり「早弾き」!
おそらく、リッチーを見て早弾きの練習に明け暮れた人ってたくさんいたと思うけど、早弾きってごまかしが効くんですよね~(笑)
イングヴェイ・マルムスティーンを初めて聴いた時は、「おっ!リッチーだ!」と思いましたがね・・・(笑)
今聴いても、リッチーのパフォーマンスは素晴らしいと思いますよ。
普通、あんなに指動かないし・・・(笑)

そういえば・・・「ヅラ疑惑」があったように記憶しているのですが・・・
リッチーは否定していたけど、ホントはどっちなんでしょうね?
やはり「ロッカー」と「力士」はヅラNGなんで・・・(笑)
No title
おはようございます

はい、待ってました!
この方、私のギターの師匠です。
勝手に言わさせてもらってますが(笑)
この人のギターは本当によくコピーさせていただきました。

この方は当時のギタリストに比べてライブでは決めのポーズをいくつかお持ちで
右ひざを床に付け左足を伸ばし
まるでラジオ体操の屈伸のようなポーズを取りながら右腕を上げたり
両手でネックをかきむしったり
ネックをアンプ擦り付けたりと無暗な動きをするのですが
それがライブでは栄えるんですね~!
で、このパフォーマンス元ネタはジミヘンでしょうね。

ともさんが指摘されているようにイングヴェイが現れた時はリッチーのクローンでしたね。
まっ、ソロではスイープを多用している為より高速ではありますが。

この人は植毛です!
パープルからレインボーそして現在と明らかに増毛しています。

この人の事を書き出すと止まらなくなるので今日はこのへんで(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

あ~、やはりお冠(汗)

でもね、いくらリッチーの影響下にあるとはいえ、イングヴェイ・マルムスティーンのような超テクニシャンが次々に出てくる中では、リッチーに何を求めるかって難しいものがあるような気がするのですよ…
ならば、今回の映像のようなディープ・パープルの黄金期といわれる、第二期ってやつなんですけど、ノリに乗ったこのメンツでの演奏は誰も越えることの出来ない奥ゆかしさがあるように思うんですよね(笑)
このメンツでのリッチーが一番栄えるし、で、このメンツで演奏される「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を今回アップしておきたかったということもあり、この映像になってしまいました。
もっとソロ弾いてればいうことなしだったのですけど…

まあ、早弾きはごまかし効きそうですけど、私は、早々にあきらめてしまいました。
そう、リッチーもやっぱ早いですよね、言われる通り、あんなに指うごかないし、リッチーの段階であきらめました(笑)

ヅラに関しては有り難いことに桃太郎さんのコメントで答えてもらってますけど、
そりゃ力士はマゲを結えなくなった時点で引退ってことなんでしょうが、
ロッカーは他にもいると思いますよ、ヅラは…NGは酷なんじゃないでしょうか…ってか、ヅラじゃなくて堂々とハゲてたほうがいいのかな?女子的には…千春やサンプラザのように(笑)
Re: 桃太郎さん
こんばんは

なるほど、リッチーが師匠ですか。
私は、「ハイウェイ・スター」の盛り上げどころ、トレモロピッキングが続くフレーズのところで、断念しましたが…(笑)

はいはい、昔レインボーだったと思いますが、コンサート観に行ってそのポーズはよく憶えてます。
右腕を上げる時、人差し指だか、薬指を突き上げるのですよね!
ジミヘンはマイクスタンドでしたっけ、擦りつけるのは。
とにかく、当時、有名で上手いといわれるギタリストは、皆弾いてる姿もカッコ良く見えました!

イングヴェイ…スイープなんて完全にジャズの奏法だと思ってましたが、最近は皆やるようですね。恐ろしい…

ともさんの質問にお答え下さりありがとうございます。へー、増毛かあ、こちらも最近の技術はすばらしいですね。

今週は、「ギター・アイドル」ということでしてね、このくらいの熱さがいいですね、ありがとうございます!
スキンヘッド~♪
こんばんは~(^_^;)

今回も 凄い振り回しようで・・・
付いて行くのが、必死~^_^;
ズラやら、植毛やら、ラジオ体操・・・まで登場。
基本的に 私 剥げてても構いません~(^_^)v
スキンヘッドってカッコイイ! マイケルジョ~ダン~♪

で、 私 リッチ~さん、あまり好きじゃないんです(+o+)
なんか、汚い・・・、もう少し 小ぎれいにして下さい!
って感じで、生理的に この方、ダメなんです~(^_^;)

それでも、グループとして ディープ・パープルは、
たま~に 聴きますが・・・、いま一つですね~(>_<)
焦点が、ぼやけたグループ!ってな印象なんです。
ハードロックグループなのかな、とも思うのですが、
オーケストラなんかとコラボしたり・・・、
一体 何をしたいの~?なんです、このグループ。

お父さんのレコードコレクションで聴くわけすが、
同じ様な感じのグループで、ユーライア・ヒープ?ホープ?
でしたっけ、そのグループの方が かなりマシな印象です~♪

Re: 涼子さん
こんばんは。

アハハ、私が振り回されるならともかく、
涼子さんまで振り回されているようですね(笑)
まあ、頭の体操だと思って楽しんでって下さい。
なるほど、さすが、ジョー・パスのファンですね!

そっか~、これが若い人の意見なのでしょう…
正直なコメントありがとうございます。
まあ、懸念はしてましたけどね。
ディープ・パープルが若い人にどのように響くか…
この人達がやってた音楽を発展させたものとはいえ、最初から今のハード・ロック、ヘビメタ、に慣れてしまった人達の耳には難しいものがあるかもしれませんね。
散漫な感じがするのは、当時まだこのような音楽の形態が確立されていなくて、いろいろ実験的なことをしていたから、っていうかそういうことをしてみたくなる状況だったからですね。
まあ、名前通りいつも黒いイメージがあるからかもしれないけど、でも、リッチーが汚いってな、言い過ぎじゃね…(笑)

ユーライア・ヒープ…懐かし過ぎです!
たしか「対自核」とかいう凄い題名の曲を演奏していたような…(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。