スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏は始めも終わりもビーチ・ボーイズ

もうクーラーも必要ないといった陽気になってきました、こちらでは、

確実に秋に向かってる気配なんですけど…と、そんなところで、

今週は、「Bye Bye Summer 2009」といった様相で、

去りゆく夏の寂しさの感傷にひたりつつも、癒されるみたいな

そんな音楽を何曲か選んでいこうという企画なのですが、

本日は、ビーチ・ボーイズ、「神のみぞ知る」でいってみたいと思います。

思えば、夏の始めのころもビーチ・ボーイズの「サーフィンUSA」で

ココは幕開けしたように思います。と、考えるとあっという間に

夏も過ぎ去ってしまったなあ、ということになり、さらに感傷的な

気分になったりもしますが、夏の終わりにも、自分のまいた種は自分で

摘んでいただこうということでもないですが、もう一度このバンドの

登場で締めてもらいたいと思います。

ただ、映像は、ビーチ・ボーイズも探してみたのですけど、

なかなか良いのが見つからず、音楽制作面での実質的リーダーだった、

ブライアン・ウィルソン単独のライヴなんですけどね。

2002年、イギリス、エリザベス女王即位50周年の記念に

開かれたコンサートで、ブライアン・ウィルソンがアメリカを代表して

招待され演奏しているものです。確かテレビで観ていた記憶があります。

で、「神のみぞ知る」は今では名盤の誉れ高い1966年発表の

アルバム「ペット・サウンズ」に収録されている名曲ということに

なりましょうが、それまでのポップなヒット・メーカーとしての

サウンド作りに終始していたビーチ・ボーイズが、

このアルバムでいきなり難解なことをやり始めてしまい、世間的には

あまり受け入れられなかったということも関係してか、

ブライアン・ウィルソンはこの後、精神的に病んでしまったり、

引きこもり、ドラッグと20年近く低迷した人生を送ることになります。

ただ、周囲の尽力にも助けられ、1988には復活のソロ・アルバムも発表し

現在に至るのですが、映像から受ける印象では、完全に元通り

といった具合にはなかなかいかない様子でもあります。

それでも、沢山のミュージシャンにリスペクトされる偉大な存在で

あることには、何の変わりはないといったところでしょうか。

後半のコーラス部分が美しく、私は好きなところでもあり、

この時期の哀愁にも良く合うのでは、といったところで、

ビーチ・ボーイズ、ブライアン・ウィルソンで「神のみぞ知る」です。

Brian Wilson & The Corrs - God only knows

Rodolfo | MySpace動画


Brian Wilson & The Corrs - God Only Knows

ビーチ・ボーイズ、オリジナルは↓URLクリックでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=NDfH_J4MAUQ

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

何だか、このブライアン・ウィルソンは「ミュージシャン」というより「大統領」みたいな感じよね!
歌ってる姿より、しゃべってる姿の方が様になってる・・・(笑)

やはり、ビーチボーイズとベンチャーズは難解な事をやってはいけないのです!
ビーチボーイズは「ポップ」に、ベンチャーズは「テケテケ・・・」でないと、ファンの頭の中はたちまち「?」で一杯になってしまう事でしょう(笑)

見るがいい・・・ペット・サウンズのジャケットを・・・
こんなジャケット、日本じゃ「田中義剛」しか作らないわさ!

「変わらない」という事が、長続きの秘訣かもしれないわね♪
No title
夜遅くすみませんっ

洋楽ブログやってるのでもし良かったらリンクお願いします><

リンク不可ならスルーしてください
Re: ともさん
こんばんはv-484

あ~、これ英女王陛下主催のコンサートだったりしますからね、正装してたりするんですよね。
でも、復帰後のブライアン・ウィルソンは、そうですね、あまりミュージシャンぽくないです。
オールバックだし、ミュージシャンというよりは音楽家なんでしょうねこの人…
ちなみに、このコンサートでクラプトンとの共演もしてます。
まだ観たことなかったら観てみるのも良いかもです。
http://www.youtube.com/watch?v=IBvm8AoxEYE←クリック

ですよね、そんないきなり難解なことやっちゃまずいです。
とにかく、当時はビートルズへの対抗意識満々でこのアルバム作ったみたいですけどね。
この人の場合一人ですからね、そりゃ大変過ぎたのでしょう…
ジャケットにまで気が回らなかったものと思われます…

それでも、今は「生キャメル」を作ることもなく、音楽活動を続けていられるようですし、まあ、めでたし、めでたしです♪

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。