スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ベスト・オブ・クール

今週は夏に聴きたくなるソウル・ミュージックということで、

ほぼ独断的、私がただそう思ってるだけかもしれない、

というところではありますが、何曲か選ばせていただきました。

今日で最終、また来年ということになるのでしょうが…いや、

まだもう少し夏は続きますね…取りあえず今特集のテーマは

本日でめでたく終了ということになります。

最後にもうひとつ我が侭をということで、

本日はマイルス・デイヴィスです。

ソウルじゃないじゃん、ジャズじゃん、というもっともな指摘も

頷けるところですが、常にグルーヴィーで歌っているような

フレーズを奏でているマイルスのトランペットには、

私はソウルを感じてしまうのです。ジャズに付きもののアドリブ時

でも、単にアドリブ用のフレーズというのではなく、メロディーを

しっかりと奏でているように聴こえ、ある種ポップなものを感じてしまいます。

で、本日は私が音楽史上最もクールなアルバムと称している

1959年発表、「カインド・オブ・ブルー」から「ソー・ホワット」です。



音楽の理論上の話でモード奏法がどうしたのこうしたのと

訳の分からない話がよく取りざたされるアルバムではありますが、

なんてことはない、ジャズ初心者でも充分楽しめる

アルバムであろうと私は思ってます。

そのクールで、審美的な音世界に耳を澄まし、

リラックスして身を置いているだけで充分何か伝わってくるものが

あるはずです。とにかく、このクールさは夏の夜の癒しには

もってこいということで選んでみました。

ビデオでは、他の人が演奏している時に、

タバコをふかし、雑談を交わすという、今のミュージシャンでは

考えられない様子に思わず笑いそうになりますが、

そんな不謹慎なボスっぷりがたまらない、

マイルス・デイヴィス、因みにサックスはジョン・コルトレーンで、

「ソー・ホワット」(=え、それで?)です。



Miles Davis - So What

iTunes ダウンロード icon

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

1954?でしたっけ??
こんばんは、ジオヤ~さん。

昨夜は、女の子ばかりで花火大会(^_^;)
ロマンチックには 程遠いい夜でしたが、
おっしゃる通り、かなりストレス発散になりました。

で、今日の記事・・・、
実は持ってます、このCD.v-238
コルトレーンのバラッドも、よく聴く一枚~♪

いいですよね~、マイルスさん。
1954?1951? だかなんだか(~_~;)
あのアルバムも、お家にレコードがあり、
私の大好きなアルバムの一つです~(^_^)v

                      涼 子
No title
こんばんはv-85

わたくしがよく行く喫茶店では、いつもジャズが流れております。
とりわけ、このマイルス・デイヴィスとコルトレーンは頻度が高いですね♪
そんな二人の共演は非常に豪華絢爛でございますが・・・

どうして周りにいる人は、あんなに大胆にガン見してるんでしょうね?
マイルスのソロの時はマイルスをガン見、コルトレーンがソロの時はコルトレーンをガン見・・・
まるで「おい、アイツの膨らんだエラを見てみろよ・・・」と言わんばかりでございます。
まったくアレじゃ、ソロの人だって吹きにくくてかなわないよ・・・

そして・・・

今週は、「モミアゲの歴史」について触れられたわけですが、このマイルスたちは、いわば「モミアゲ黎明期」。
この真っ直ぐなモミアゲを経て、徐々に「味付け海苔」へと変化して行くわけでございます!
時には、銀蠅一家に入門したりしながらね♪

今週も、おつかれさまでございました^ ^
No title
こんばんは!

マイルス・デイビスはわたしの場合電化マイルスから入ってるので
この頃のものはあまり馴染みがないんですよね。
マイルス・デイビスをあまり聴かなかったのは、ミュートのペットの音が好きじゃなかったのも結構大きな理由です。
これはでもミュート音じゃなくて、ストレートに吹いてますね。
ストレートにペットを吹いてる場合も結構あったんですか?
実はこのCD持ってるんですが、マイルスというと「ダーク・メイガス」なんかの電化物や「オン・ザ・コーナー」といったファンク物を引っ張り出してしまって、ほとんど手付かず(^^;
動画観てると確かにクールというのがピッタリですね。
せっかく手元に持ってるんだから、今度ちょっとじっくりと聴いてみなくては。

コルトレーンは昔良く聴いてたけど、最近はくどく感じてあまり聴かなくなりました。
企画物だと思うけどデューク・エリントンと共演したアルバムとかは好きでした。
Re: 涼子さん
こんばんは。

女性だけの花火大会…ん~、まあ、楽しそうですね。
線香花火とかでも、上品に盛り上がるのでしょうね。

「カインド・オブ・ブルー」…やはり所有してましたか。
このクールさ、良いですよね!
コルトレーン、「バラッド」は、残念ながら聴いてみようと思いつつ、聴きそびれ、今に至っています…いつかは必ず聴いてみたいと思ってるところですが…

「1958MILES」は私も持ってます。
ビル・エバンスの参加がやはり良いですね♪
Re: ともさん
こんばんはv-484

ジャズの流れる喫茶店でお茶…大人って感じですかね(笑)
まあ、最高のBGMというか、そりゃ休まる感じがすることでしょう。

ガン見…オレの演奏をよく見とけって感じのマイルスはともかく、
コルトレーンはさぞかし辛かったことでしょうね。
いくらマイルスが発見してきた才能とはいえ、
こんな感じでガン見されちゃね…
ま、こういう辛い経験を踏まえつつ偉大な演奏家になっていったものと思われます。
それにしも、マイルスのタバコをくゆらせながらの雑談は、
エラの張り具合についてだったのですね(笑)

なるほど、「モミアゲ」にセクシャルなアピールを感じるともさんの見解ということで頂いておくことにいたしましょう…
だから、「モミアゲの歴史」についてでもなく、「味付け海苔」の検証でもないって!
そりゃ、途中「ひげダンス」等で、曲解に乗っかってしまった感のある当方のミスもありますが…
とにかく、ソウルといえばアフロに「味付け海苔のモミアゲ」というのは、
ダンス☆マンの招いた、行き過ぎたイメージ先行と思われます。

今週も微笑ましいコメントの数々、ありがとうございました♪
アンダー カレント~♪
こんばんは、ジオヤ~さん。

ビル・エバンスさん、大好きです\(^o^)/
断然 アンダーカレント!

ジムホールさんとの 駆け引き・・・、
ほんと、ぞくぞくしますね~v-238

ワルツフォー・デビーも 、メチャ好き~♪
秋の長夜は、JZAAが一番~、
それと、焼き栗があれば、文句なしです~(^_^;)
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

電化マイルスですか…非常に興味のあるところなんですけどね…
逆に、私はあまり聴いてないです…いつか必ずと思いつつ今日に至ってます(笑)

ミュートに関しては、ごく初期のものWikipediaによると「カップ・ミュート」というのを使ってるらしいですが、その辺はいかにもミュートって感じで違和感も感じるのかもしれませんが、1950年中頃以降は「ハーマン・ミュート」とというのを使っているらしく、もちろんこのアルバムもそうなんですけど、オープンでも、ミュートをしていても、私としては余り気になることはないといった感じが実際で、どうなんでしょう、単にオープンで吹いてることも多いのでしょうか…あまり意識したことがないのでねェ…

でも、せっかく手元にあるのでしたら、今が聴き時だと思います。
やはりこのクールさは夏にこそピッタリなんじゃないでしょうか(笑)

コルトレーンはこの時期はあまり聴きたいと思わないかもしれませんね。
あの音で埋め尽くされた感じは、この時期はちょっと暑苦しいかもです。
デューク・エリントンとの共演ですか…なんか違和感ですけど、おもしろそうです♪
Re: 涼子さん
こんばんは。

端正なピアノのビル・エバンス、もちろん私もお気にです♪

なるほど、「アンダー・カレント」というアルバムで、ジム・ホールと共演してるのですか…未聴なんですけど端正な方同士の演奏、興味あります、チェックしておくことにいたしましょう。

そうですね、秋にはJAZZが合うことでしょう。
プラス、焼き栗ですか…これもチェックしておきましょう♪

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。