スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

一切合切USA

海は広いな 大きいな

月は昇るし 日は沈む

海にお船を浮かばして

行ってみたいな よその国

って感じではじめてみましたが、今日は、7月20日「海の日」、

ということもあり、今週は「海の日」記念、この時期に

相応しい「海」にちなんだ曲を何曲か

連ねてまいりたいと思っているところです。

洋楽中心のブログ★ラヂオ、童謡「海」にも歌われている通り、

「よその国」さらには「よその時」へとお連れしたいと思います。

で、真っ先に思い浮かんだのが、やはりこのバンド、

ビーチ・ボーイズということになりました。

このバンド「ペット・サウンズ」という、評論家筋からも、

ミュージシャンの間でも非常に評価の高いアルバムの発表以前と

以後とでは、まったく印象が違うものとなっているのですけど、

今日のところは、それ以前、初のブレークとなった、

1963年のヒット曲「サーフィン・U.S.A.」のアップです。

どうやら、チャック・ベリーの「スウィート・リトル・シックスティーン

のパクリみたいですけどね。(リンクがはってあります、

何故か、キース・リチャーズがギター弾いてますね、ファンは必見?)

しかしながら、コーラスの感じとか、ハーモニー等

後に追随するウェストコーストのバンドや

さらには、日本では山下達郎等といったポップな人達にも

その影響力は絶大、ということになっています。

実は、自作自演、レコーディングまでこなすバンドとして、

メージャーでデビューしたのは、ビートルズよりもこちらの方が先です。

なので、いわゆるロック・バンドという概念ができる以前

ということになりますか、髪型も身なりもきちっとしています。

当然のようにシャツはズボンにインしてます。

フィフティーズのロックンロールというか、加山雄三というか

そんな感じも色濃いです。

アメリカの中間層・裕福層に向けられた品の良いポップス、

ノリノリのビート・サウンドということになるのかも知れません。

ただ、そのレッテルが、後に自らが追い求める音楽を追求していこうとする、

特にメンバーの中で主に作曲を担っていたブライアン・ウィルソンを

苦しめることになるのですが…。

因みに、メンバー全員誰一人として、サーフィンはできないようです。

ま、本日は、海、サーフィンといえば誰しもが思い浮かべるこの曲を、

昔から一切合切(いっさいがっさい)USAって聞こえるんですけど…

ま、いいや、ビーチ・ボーイズで「サーフィン・U.S.A.」です。


Beach Boys - Surfin' USA
アップロード者 fredozydeco. - インディペンデントウエブ動画。

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

The Beach Boys - Surfin' USA

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

さすがのキースも、チャック・ベリーの前では髪型も身なりもきちっとしてますね!
そして、そのシャツの裾は、否応なしにズボンの中へ・・・(笑)

ビーチ・ボーイズも長い間がんばってるバンドですよね。
まだ解散してないんじゃなかったっけ・・・?
やはり、短いマイクを持って歌う人は違いますね!
まるでポークビッツのようだよ・・・

このビーチボーイズの演奏の何処に「黄色い歓声ポイント」があるのか・・・全くもって分かりません。

「きゃああああ~♪マイクが短~い♪」

・・・そういう事なのでしょうか?
No title
こんばんは!

コーラスが綺麗なのでCD何枚か持ってます♪
イメージ的に加山雄三、確かにぴったり(^^;

わたしの場合も最初はとにかく海のイメージと結びついていて、サーファー御用達というか、そういうことと無縁のわたしとは接点がないバンドなんだろうなって思ってました。

ビートルズの文脈で語られることもあるバンドにしては、そのアメリカ版若大将のイメージに収めどころが分からない居心地の悪さみたいなものを感じることがあります。

ところでシャツをタックインするのは最近一部で流行りだしてるようなことを読んだことありますよ。体形がよくないと様にならないからこれが流行ると困る人が一杯居そう。
七三だって、トラッドのファッション誌がキャンペーンでも張ったら流行らないとも限らないですよ。

わたしも一切合切って聴こえます(^^
これからこの曲聴くたびに一切合切って自動で翻訳されそう。
Re: ともさん
こんばんはv-484

チャック・ベリーのも見てもらえましたか!
そう、キース、なんだかかしこまってますね。にも関わらず、チャック・ベリーは小僧が何かやってるくらいな感じで、自分のパフォーマンスに集中して一瞥もしないのが面白いです。普通キースが後ろにいたらねえ、何かあるでしょう…さすが大御所。

メンバーの内二人は亡くなってるみたいですけどね、まだやってるらしいです。
そして、音楽面でのリーダー的な存在だったブライアン・ウィルソンはソロになってます。
決して、短いマイクのせいじゃないとおもいますが…

でも、「黄色い歓声」の正体は、短いマイクによるものなのかなあ?
私もそうなのかもしれないって思えてきました。それが、変じて、バンド=モテるという幻想を生んだのかもしれません…。たいして、モテないのにね…短いマイクを使わない限りは…
ってそんな分けないでしょ!
Re: 薄荷グリーン
こんばんは!

確かに、どういう位置づけをしたらいいのか困るバンドではありますよね。加山雄三のような、サーファー的爽やかアイドルバンドなのか、良質なポップスのバンドなのか、ビートルズのような革新的な業績を残したバンドとして崇められるのか、どれも当てはまるけど、これってものもない感じです。
いずれにしろ、ブライアン・ウィルソンという特殊な存在がこのややこしさを招いているのだと思います。
この人をはずして考えれば、コーラスの綺麗なポップなバンドということで単純に収まると思いますが。

スミマセン、シャツのタックインが流行ったら、私、非常に困ります(汗)、しかもそうなったら、当然、七三の復活もあると思います。そうならないことを切に願います(笑)

でしょう、一切合切って聞こえますよねえ!
意味は全く不明になりますが(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。