スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

マイケル・ジャクソンというブランド

今日、マイケル・ジャクソンの訃報がありました。

これだけ世界を騒がせてきたスーパー・スター、

やはり、そこには触れておかなければならないだろう、

ということで、今日は急遽予定を変更です。

幼少の頃よりスーパースターという十字架を背負い、

その十字架を片時もおろすことなく

結局は押し潰されてしまったんだろうなあと思います。

スリラー以降は、誰の介入も許さない、そして

拡がっていくこともない、閉じられたマイケル・ジャクソン

というブランドを確立し、人間離れした、ダンスと歌で、

一時は、全世界に、それも驚異的に受け入れたものの、

そこに触発された後続の若い人達がどんどんと出てくる中、

年齢による衰えを感じつつも、そのマイケル・ジャクソン・ブランドを

守り続けるのは、並大抵のことではなかったろうと思います。

はたから冷静に見れば、残念なことにシーンにおいては、

もうその役目は終わっているように見えましたが、

それでも、全盛時に多くの人達に見せた夢を壊すまい、

そのためにも自分も第一線に留まり続けたい、

と頑張り続けた結果こういことになってしまったのではと思います。

幼少の頃より続けてきたことで、それ以外の方法は考えられない

という事だったのかもしれません。

結果として、多少は傷つきもしましたが、そのブランドは

守り通せたのではないでしょうか。

音楽的には、あまり触れられることもありませんが、

卓越した技量と才能の持ち主、唯一無二のヴォーカル・スタイルを持つ

シンガーだったことは間違いのないところです。

ご冥福をお祈り致します。

アップの曲は、有名なところはおそらくYouTubeも混雑するだろうと予想され

レアなヤツでいってみたいと思います。デイヴ・メイスンとのコラボです。

このような感じで、たとえスーパー・スター

という看板を降ろすことになっても、別の人達との関わりに活路を

見出せば、また違った結果になったのかもしれません。

でも…実際、無理だったんだろうなあ…

デイヴ・メイスンのアルバム「明日へのチャンピオン~Old Crest on a New Wave

に収められています、「セイヴ・ミー」です。



Michael Jackson & Dave Mason - Save Me

しかし、このコラボどういう経緯でこういうことになっているのか

いまだ謎です。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

今日は一日、この訃報で持ちきりでしたね。
たぶん、世界中どこの国もそうだったのでしょう。

わたくし、音楽的な好みで言えば、マイケル・ジャクソンからかなり遠いところにおりますが、この人のパフォーマンスが世界を魅了した事は確かだと思います。
聴いてたといえば、「ジャクソン5」くらいかな?

それにしても、急な訃報で驚きましたね。
ご冥福をお祈りいたします。
No title
デイヴ・メイスンとのコラボ曲をもってくるあたりは流石ジオヤーさん!

スーパースターに悪評はつきものですが、そのぶんいいこともやってる。
We Are The Worldなんかは提唱者の中心人物でしたし、実数として社会貢献もしてる。

歳をとることは枯れて違う味わいや魅力が出るということだと思うんですが、あまりにもそのマイケル・ジャクソン・ブランドの商品イメージが大きくなり、それに押しつぶされた人生だったように僕も思います。

なんだか刹那を感じます。

合掌。
Re: ともさん
こんばんはv-484

あまりにも突然の訃報、ホントびっくりでした。
世界中の誰もが知るスーパーなアーティストでもあり、こんな日に、他のアーティストを取り上げるのもどうなの?って感じがあったので、このような記事書いてみました。

マイケル、あまり好きじゃありませんか(笑)私も「スリラー」はちょっとキツイかなって感じですけど、その前の「オフ・ザ・ウォール」はいいアルバムですよ。モータウン、ジャクソン5はもちろん良いですね。

それにしても、清志郎、三沢光晴、マイケル・ジャクソンと同世代が立て続けに…
ん~なんなんですかねぇ…健康には気をつけましょう!
Re: Lamoさん
最近スティーヴ・ウィンウッドを取り上げたこともあり、トラフィック、デイヴ・メイスンとなんとなく気にはなってたんですけどね。Lamoさんに褒められるとは…嬉しいです!

基本、愛と平和といった優しい心根の人だったと思います。晩年はそれが変な方向に向いてしまっていた気もしますが…

歳をとると言うことは…そうですね、この人の場合必要以上に恐怖だったのでしょうね。いくら成功してもあまり楽しそうな人生じゃないみたいだし、終わりもあまりにもあっけない…はかないものです。
でも、成功の先は成功した者にしか分からないことでしょうし、成功目指して頑張ることは決して悪い事じゃない…ユリシウス、サマソニ、影ながら応援してます!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。