FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

涙のフィーリング

さて、昨日はスーパートランプ、曲と映像まで決めておいて、

さて、文章でも考えてみるかという段階になって、イギリスの

バンドと気づいて愕然としている様子が、今、昨日の駄文を読み返してみて、

うかがえて恥ずかしいのですが、毎日一曲というのも結構大変なものでしてね、

一度決めてしまうとなかなか変更というのが難しいというか…

ま、いいでしょう、予定のライン・アップでいかせていただきましょう。

で、本日は、今週やろうとしていた、正真正銘といいますか、

アメリカン・プログレ・ハードと呼ばれるジャンルのバンドですね、

REOスピードワゴンです。

1981年のアルバム「禁じられた夜」、1984年の「ホイールズ・アー・ターニン」が

全米アルバムチャートで1位と7位を記録し最盛期を迎えたバンドです。

本日は「ホイールズ・アー・ターニン」から「涙のフィーリング」です。

一昨日アップのスティクス「ザ・ベスト・オブ・タイムズ」同様、J-POP感覚の

この時代特有の美しいメロディーをもったバラードですね。

20数年前の若かりしころの記憶と共に

青春の甘酸っぱさとでもいいましょうか、

そんな気恥ずかしい思いが込み上げてくるのを感じてしまいます。

同様な感覚に陥ってしまった人、泣いて下さい。ってやっぱなんか恥ずかしス…

因みに、アップのビデオ映像は「一人の男が生まれ、成長、

そして結婚し子供が生まれ、さらにその子供が独立。そして夫婦は年老いていき、

夫は最愛の妻に先立たれる」というストーリーになっているそうです。

最後の老人役もヴォーカルの方ということです。

ポップな侘び寂び、諸行無常、悠久のサウンド、アメリカン・プログレ・ハード。

REOスピードワゴンで、「涙のフィーリング」です。



REO Speedwagon - Can't Fight This Feeling

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんはv-85

「涙のフィーリング」・・・いい曲だ。
まさに、悠久のサウンドですね!
耳触りのいい曲なので、スタンダードな一曲として後世に残るような気がします。

それにしても、見れば見るほどスゴイ髪型ですよね(笑)
Re: ともさん
こんばんはv-484

そうですね、言われる通りスタンダードにしたい、
80年代を代表する名曲だと思います。
まさに、涙なしには聴けない「涙のフィーリング」です(笑)

髪型ね~(笑)、確かにこのジャンルの人達のヴィジュアルセンスは、
今見るから変という訳ではなくて、当時から問題あったように思います♪

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。