スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春を喜ぶジャズでオシャレ

春なのに~♪、残念ながら今週は寒い日が続いてしまっていて、

ここ何日かは太陽さえ顔を出すことがないっていう重苦しい

感じにもなってます。そんな最中の今週のブログ★ラヂオは、

すっかり当てが外れてしまってますけど、華やぐ春のオシャレ気分

といった様相で音楽をピックアップしてきました。

週末の天気は持ち直してくれることを願うばかりなんですけどね、

本日チョイスするのは、1955年発表の作品で、ハードバップ全盛期の

ジャズ・サウンド、何だかその時代のサウンドってだけで、私的には

オシャレって感じがしてしまうところなんですけど、その中でも

名高いトランペット奏者、クリフォード・ブラウン

(Clifford Brown)と、ドラムの名手、マックス・ローチ

(Max Roach)が中心となっていたクインテッドの演奏で、

「ジョイ・スプリング(Joy Spring)」です。

クリフォード・ブラウンの作による名曲で、幾多のアーティストが

カバーしてることから、スタンダードとも呼べそうなナンバーに

なります。もちろんタイトルも、そしてウキウキ感のある溌剌とした

演奏内容もこの時期に相応しいってことで選んでます。

アルバム「クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ

Clifford Brown & Max Roach)」に収録されていて、

ジャケットもカッコいい、オシャレです。

クリフォード・ブラウンは交通事故により、25歳という若さで

早世されてるのですが、参照させて頂いたコチラのサイト様によると、

どうやらこの曲は、奥さんのために書かれた曲のようで、ブラウン夫人

自ら語られたほろっときてしまう話しが書かれてます。

さらには、後のアーティストからも多くのリスペクトを集める

クリフォード・ブラウン、コチラの過去記事ではその死を悼んで

書かれた名曲、リー・モーガンによる演奏で「I Remember Clifford」を

ピックアップしています。

(クリフォード・ブラウンについて詳しくはコチラのWikiを、

コチラのサイト様では、収録アルバムについて詳しく書かれて

ます)

ということで、良い週末を♪、クリフォード・ブラウン・アンド・

マックス・ローチで、「ジョイ・スプリング」です。



Clifford Brown & Max Roach - Joy Spring






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
柏原芳恵の「春なのに~」4月10日前後は本当に寒暖の差が激しくて異常気象でした。でも日曜日は春を楽しみながらお気に入りのジャズサウンドを楽しめたのでは・・
Re: ローリングウエストさん
因みに、「春なのに~」は、何となく調べてしまったんですけど、中島みゆき作だったんですね~。
昨日は天気が良くて、ジャズサウンドを楽しむというよりは、かなりの距離を散歩して「Joy Spring」してました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。