スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬を乗り切った体に、いたわりの脱力ソウル

今週は、冬の間縮こまった心と体を、ようやく訪れた暖かな

春に解きほぐし、いたわり、リラックスできる音楽の

ピックアップでお送りしていこうと始めたココ、ブログ★ラヂオ、

すっかりその目論見はハズれて、天気の方は寒くなって

ますけどね~^^、でも、以下は言い訳になりますが^^、

冬の頃に感じていた空気とは明らかに違ってますし、すぐにまた

暖かくなることを予感させるようにもなっていて、やはり、

ここで一息、リラックスというテーマ続けて参りたいと

思います。

で、本日チョイスするのは、デルフォニックス

(The Delfonics)の「Didn't I (Blow Your Mind This Time)」

です。

1970年のヒットで全米10位をマーク、アルバム

The Delfonics」に収録された一曲、スタイリスティックスの

「You Make Me Feel Brand New」(コチラ)や、

マーヴィン・ゲイ&ダイアナ・ロスもカバーした

「You Are Everything」等数々の名曲を手掛け作曲した

トム・ベルによる、いかにも彼の作らしいバラードになります。

デルフォニックスと言えば、やはりトム・ベルの手による名曲

「ララは愛の言葉」(コチラ)を最初に世に送り出した

オリジナルで有名になりますが、この曲以外にも多くの良い曲に

恵まれてますし、このグループのまったりとしたユルい

コーラスは独特なもの、この脱力感好きなんですけどね~、

今回のように、リラックスできるユルいサウンドがテーマで

あれば、まず思い出すグループだったりします。

1960年代後半から、70年代初頭にかけてが最盛期だったグループ。

いわゆるフィリー・ソウルの代表的コーラスグループです。

ピックアップの「Didn't I 」は、クエンティン・タランティーノ

の映画「ジャッキー・ブラウン」でも使用されてます。

(原詞及び訳詞は、コチラのサイト様で掲載されてます。

デルフォニックスについて詳しくはコチラのWikiを)

ということで、デルフォニックスの脱力バラード、

お聴き下さい、「Didn't I (Blow Your Mind This Time)」です。

(ライヴで歌っている姿(ソウル・トレイン)は、「続きを

読む」以降でどうぞ)



The Delfonics - Didn't I (Blow Your Mind This Time)








The Delfonics - Didn't I (Blow Your Mind This Time)


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。