スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

正統派バレンタイン、本命な一曲

明日の国民的行事ともいえるバレンタインデーに乗っかって、

音楽を選びお送りしてきた今週のブログ★ラヂオ、本日は

そのフィナーレを飾るに相応しい、バレンタインに因んで

イメージするとしら、こんな感じのバラードだろうなぁっていう

正統派な一曲、マルティナ・マクブライド(Martina McBride)の、

その名も「ヴァレンタイン(Valentine)」のチョイスです。

・・・と言いつつも、実はYouTubeを検索してたら見つけた曲で、

マルティナ・マクブライドという歌手も、私は、いままでまったく

知らなくて申し訳ないってことになりますが、なので、コチラ

サイト様(もしくはコチラの英Wiki)を拝見させてもらいましたが、

アメリカのカントリーのシーンでは、かなりメジャーな存在の

シンガーになるようです。ただ、やはり日本での知名度は薄い

ようで、今までに、12枚のアルバムが発表されてるのにもかかわらず、

日本盤としては、今のところ「ベスト」盤と他一枚が発表されてる

だけに留まります。1999年公開の映画「プリティ・ブライド」に

彼女の「I Love You」が使われヒットしたことで、日本でも

知られるようにはなっているってことのようです。

で、この今回のテーマそのまんまの「ヴァレンタイン」という曲、

評判通りの実力派といった歌の上手さと、彼女の滑らかで暖かな

歌声によくマッチしたナンバー。共作者の一人に、ピアニストの

ジム・ブリックマンが名を連ねていて、貼らせて頂いたPVにも

出演してますが、ピアノ・バラードとしても、かなり良い曲に

なると思います。元々は、1997年発表のジム・ブリックマンの

アルバム「Picture This」に収録され、その後同年に発表された

マルティナ・マクブライドの「Evolution」に収録されています。

(「ヴァレンタイン」について詳しくは、コチラの英Wiki、

訳詞はコチラ、原詞はコチラに掲載されてます)

ということで、良いバレンタインデーを♪、

マルティナ・マクブライド&ジム・ブリックマンの

フィーチャリングで、「ヴァレンタイン」です。



Martina McBride & Jim Brickman - Valentine






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
これは素晴らしいプレゼント!まさに正統派の本格的な実力歌手、もっと取り上げられてもいいですね。
Re: ローリングウエストさん
ありがとうございます、気に入ってもらえたようで良かったです。
この人、このようなバラードだけじゃなく、軽快なヒット曲「I Love You」(http://youtu.be/dN1nxaVrdHI)とか聴いてみたんですけど、良かったです。美人でもありますし、ホント、もっと知られていてもいい人だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。