スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブレイク前キャロル・キングのオシャレな冬名曲

「練馬の名産で、白い野菜、おでんとかで良く煮えてて

味が滲みてると、この時期、ホント美味しんだよね~」

・・・ってそれは「大根」、ってことで、「大寒」のこの時期、

前回に引き続き寒いギャグで始めてみましたが、今週は、

そんな寒さも絶好調(昨日はちょっと暖かでしたが)の

大寒ということで、冬に聴きたい冬を思わせる音楽を

ピックアップしてお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日ピックアップするのは、キャロル・キング(Carole King)、

正確には、彼女がグループのメンバーとして加わっていた

シティ(The City)の「スノウ・クイーン(Snow Queen)」です。

超有名盤「つづれおり」で大ブレークしたキャロル・キングに

なりますが、そこに至るまでには、裏方の作曲家としての

活動歴も長かったりするんですけど、ソロの

シンガー・ソングライターとして本格的な活動に移行する直前の

1968年に、シティというグループ名義で、「夢語り

Now That Everything's Been Said)」というアルバムを

一枚だけ発表してます。メンバーは、結局ソロになった後も

活動を共にすることになりますが、ギターに

ダニー・コーチマー、ベースが、夫でもあった、

チャールズ・ラーキーです。

で、その「夢語り」、グループ名のシティ通り、都会的で、

洗練されたオシャレな作品となっていて、評判も高く、

そこに収録されているのが、この「スノウ・クイーン」です。

やはり、これはシャレオツな音作り。マイルス・デイヴィスの

「オール・ブルース」が下地となってますが、そういった

ジャズの要素も取り入れられたりでカッコいいです。

当時、J-POP初頭の頃、日本のミュージシャンの先鋭的な人達も

こういったサウンドを目指してたんじゃないかと思いますけどね、

荒井由美とか、特に、山下達郎の名盤「IT'S A POPPIN' TIME」の

サウンドを思い出すんですけど、そこには「スノウ・クイーン」

ならぬ「雨の女王」って曲が入ってました。

で、「スノウ・クイーン」、歌の内容の方は、コチラのサイト様に

詳しく、どうやら、どんな男が立ち向かって行っても砕け散る

こととなる、非常に魅力的であるけれども冷ややかな女性を例えて

「スノウ・クイーン」と歌ってるようです。

ということで、お聴き下さい、シティで、

「スノウ・クイーン」です。



オススメは、コチラのYouTube。音も良く、映像も凝ってます。

The City - Snow Queen






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。