スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新年事始めをアゲるラップ

ココ、ブログ★ラヂオ的には、今年の更新を先週から始めた

ばかりということで、1月もすでに後半に入ってしまっていますが、

新年事始めといった様相の音楽をピックアップして今週は

お送りしています。

本日チョイスの一曲は、ブラック・アイド・ピーズ

(The Black Eyed Peas)の「Let's Get It Started

(レッツ・ゲット・イット・スターテッド)」です。

2003年の発表、ブラック・アイド・ピーズのメージャーにおける

人気を決定付ける大ヒットとなったサード・アルバム

エレファンクElephunk)」収録の一曲です。

当時、このグループの日本におけるキャッチフレーズは

「猿でも分かる〇〇」で、分かりやすいポップなヒップホップって

ことだった分けですけどね、このアルバム以降のさらにポップな

展開に比べると、まだ、ヒップホップらしいメッセージ性、

攻撃性を感じるアルバムでもあり、私的には、ポップな部分との

比率もちょうどいい具合の傑作だと思ってます。

いずれにしろ、リーダー的存在のウィル・アイ・アムの

ポップセンスは素晴らしいものだと思いますし、このアルバムから

紅一点のファーギーが正式参加してます。

コチラの過去記事で、このアルバムと共に、彼等をメジャーシーン

へと押し上げた大ヒット曲「Where Is The Love」をピックアップ

してます)

で、今回チョイスの「Let's Get It Started」。アルバム収録の

バージョンは「Let's Get Retarted(レッツ・ゲット・リターディド)」

となっていて、「アゲていこう(おバカになろう)」ってくらいの意味の

スラングになるようですが、「Retarted」は一般的に知能的な障害を指す

軽蔑語、差別的な意味を持っているということから、シングルとして

発売された時に「Let's Get It Started」(さぁ、始めよう)と

変更されています。

まぁ、そんなこんなで、ココでの年始めの一曲ということでは、

さらにいい感じになってる分けなんですけどね、原詞及び訳詞が、

コチラのサイト様に掲載されてます。タイトル変更後のバージョンでは、

冒頭で「この曲に差別的意味はない」と歌われてます。

ブラック・アイド・ピーズについては、コチラのWikiをご覧頂けると

詳しいですが、アメリカのヒップホップ・ミクスチャーグループ、

過去に6度のグラミー賞受賞経験のあるビッグなグループで、

2011年からは活動を休止していましたが、結成20周年を迎える今年、

再結成することをウィル・アイ・アムが公表し、新作のレコーディング

も行われているというホットな情報もWikiには書かれてました。

ということで、ブラック・アイド・ピーズ、

「Let's Get It Started」です。



The Black Eyed Peas - Let's Get It Started






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
ヒップホップは小生全く暗黒状態です・・(笑) グラミー賞チェックしてみようかな。
Re: ローリングウエストさん
私は、黒人音楽好きの流れで、ヒップホップも好きになれましたけど、多くの昭和世代の人達には縁遠い音楽みたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。