スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2015おめでた「干支」ブルース

今週から今年の更新をぼちぼちと始めさせてもらっている

本サイト、いつものように音楽をピックアップしてお送り

していますが、本日も前回同様に「干支」がらみ、

バディ・ガイ(Buddy Guy)の登場で、

「Mary Had A Little Lamb」をピックアップします。

タイトルは、まんま「メリーさんのひつじ」ってことに

なる分けでして、まぁ、さすがにあの童謡の「メリーさん~」

ではなく、そのブルース・アレンジ・バージョンになります。

詞はオリジナルのメリーさんは、コチラのサイト様に、

バディ・ガイのバージョンはコチラで掲載されてますが、

ほぼ同様の内容で、バディ・ガイの方は途中から

「A-Tisket, A-Tasket」という、

「ハンカチ落としのゲームの歌」(コチラのサイト様で掲載)

に変化しているようです。

・・・とまぁ、ちょっと気になったので、調べてみてしまいまし

たが、とにかく今回は、1950年代から活躍を続け、現在78歳、

昨年もアルバムを発表し、元気に現役を続けているという、

伝説のブルースマン、バディ・ガイの歌と、強烈でエグいギター

を楽しんで頂こうということでのチョイスになります。

長寿、さらには、今でも超元気ってことから、新年らしい

めでたさを感じる人でもあります。

(詳しくは、コチラのWikiを、ココでは、コチラ

過去記事で、ポール・ロジャースのバックでギターを弾います)

貼らせて頂いている映像は、1969年ロンドンで行われた

セッションによるコンサート「SUPERSHOW」の模様の一部で、

若かりしバディ・ガイのはじける様子が実にカッコよく、

ギターもどこか「メェ~、メェ~」と言ってる感じが、

干支的に素晴らしかったりします。そして、他メンバーも、

ベースには、昨年惜しくも亡くなられてしまいましたが、イギリス

の往年の名ロックバンド、クリームで知られるジャック・ブルース、

ドラムには、ジミヘンやサンタナと共演し、そのパワフルな

ドラミングで知られ、こちらも故人となられてますが、

バディ・マイルスと豪華です。

まぁ、いかにバディ・ガイの長寿振りが凄いかって

ことにもなりますかね~。

あと、当時のイギリスは、ブルースに影響を受けた

ブルース・ロックの全盛期、やはり、本物のシカゴ・ブルース

を演奏するバディ・ガイの音楽は、当時もっともヒップな

サウンドとして若者からの指示を受けていたって様子も

映像からうかがえます。

ということで、アルバム的には、1968年発表の

A Man And The Blues」収録の一曲になります、

お聴き下さい、バディ・ガイで、

「Mary Had A Little Lamb」です。



Buddy Guy - Mary Had A Little Lamb






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。