スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

優雅に年越し

いやいや、いよいよココも今年最後の更新になります。

訪問をして下さってる方、コメントを残して頂いた方、

この一年ありがとうございました。

そして、また一年このブログ続けられた自分を自分で

褒めてあげたいって心境です。

ってことで、本年大トリを飾る選曲は、

エンゲルベルト・フンパーディンク

(Engelbert Humperdinck)の歌で「ラスト・ワルツ

(The Last Waltz)」です。

まぁ、前回、ザ・バンドの映画「ラスト・ワルツ」繋がりで

突如として浮上した、いい加減な選曲って感じも否めない

分けですが^^、それもココらしくて良いと思いますし、

何よりもこの優雅な曲調で、穏やかに今年を振り返り、穏やかに

新年を迎えられそうという一曲です。

詞の方は、「君とラスト・ワルツを踊ったね~・・・」という

元カノとの思い出を、今は一人で思い返している切ない内容の

歌ではあるんですけどね、この優しく穏やかなメロディに乗せて

歌っているように、今年一年に起こった、良かった事も

悪かった事も、それはそれ、良い思い出になればってところです。

(原詞はコチラ、訳詞はコチラのサイト様で掲載されてます)

1967年のヒットで、エンゲルベルト・フンパーディンクを

代表する一曲です。

エンゲルベルト・フンパーディンクは、1960年代~70年代にかけて

活躍したイギリスのポピューラー歌手。数多くのヒットも放って

ますし、紅白のトリを飾るシンガーって雰囲気は充分持ち合わせて

いる人でもあると思います^^

詳しくは、コチラの過去記事で、さらなる代表曲、

「Quando, Quando, Quando」を取り上げた時に、そこそこ

書いてますし、または、コチラのWikiをどうぞ。

それでは、良いお年を!、エンゲルベルト・フンパーディンクで、

「ラスト・ワルツ」です。

(来年、年始めは、しばらくお休みさせて頂きます。

再開した折りには、また宜しくです。)



Engelbert Humperdinck - The Last Waltz






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
明けましておめでとうございます。小生にとってのエンゲルベルト・フンパーディンクの思うで曲は「太陽は燃えている」です!そろそろ特集記事を書かねばと思っています。今年も洋楽コーナーももお互いに切磋琢磨を活発になればと願っています。本年もよろしくお願いいたします。
Re: ローリングウエストさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
エンゲルベルト・フンパーディンクは一度覚えてしまうと、二度と忘れない名前ということで憶えている程度なんですが^^、RWさんにとっては、思い出もある人のようですね。特集記事楽しみにしています。
日本での洋楽人気は衰えていく一方といった感じの昨今ではありますが、そうですね、切磋琢磨で、また洋楽シーンも盛り上がるよう頑張って参りましょう。
本年の宜しくです♪
ジオヤーさん こんばんは

本年もよろしくお願いします^^

今年はまだ更新されてらっしゃらないですね。
まだまだ寒いこの時期ですから
お体にはくれぐれもお気をつけて。
温かくお過ごしくださいね。
Re: 本年の宜しくです♪
お気遣い、ありがとうございます。
スロースタートながら、先ほど今年初の更新も済ませました^^

こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

ユトリロさんも、どうぞお身体にはお気を付けて。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。