スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

モノホンのメランコリック

いやいや、昨日からいきなり冬の様相で寒いですが、今週は、

まだ晩秋の雰囲気で、メランコリックな音楽を選んで行こうと

目論んでいたココ、ブログ★ラヂオからすると想定外のことに

なってます。12月になると、きっちりと冬になるもんなんです

ね~。さすが、ディッセンバーって感じですが、でも、まぁ、

前回一度決めてしまったテーマ、メランコリックな晩秋テイストの

音楽というのは変えずに、フレキシブルに対応することはなく

ですね^^;、今週は曲を選んでいくことにさせて頂きたいと

思います。

で、本日チョイスの一曲は、ザ・ステイプル・シンガーズ

(The Staple Singers)が歌い演奏する

「スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット

(Swing Low, Sweet Chariot)」です。

以前コチラで、代表作の「Let's Do It Again」という名ソウル・

ナンバーで登場しているザ・ステイプル・シンガーズですけど、

1940年代から活躍する、父親とその姉妹で構成された、アメリカの

ゴスペル、ソウルのグループ。(詳しくは、コチラのWikiを)

この「スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット」は、

古くから伝わる、ゴスペル・ソングになりますけどね

コチラのサイト様に詳しいので、是非ご覧頂ければと思います。

原詞、訳詞も掲載されてます)、まぁ、今週、テーマにしている

メランコリックと言うよりは、暗いかな~って感じの曲で、

どれだけの人に受け入れられるかってのは、不安なところでは

ありますが、でも、これが、まぎれもない本物ってことになる

分けです。私は、人それぞれ、好きな音楽が本物ということで

かまわないと常々思っていて、何が本物で、どれが偽物だとか

という話は、あまりしたくないのですけど、この

ザ・ステイプル・シンガーズの歌は、どうしたって本物という

表現がしたくなってしまいます。もう、モノホン中のモノホンの

ブルース、黒光りする原石、スゲー、カッケーって言葉しか

思い浮かばないのですけどね。まぁ、そのくらいのもんです。

(よく分かりませんが^^)

1961年発表の同名アルバム「Swing Low Sweet Chariot」の

タイトル曲になります。

ということで、今日は、多忙につき、更新が遅れてしまい

申し訳なかったですが(それこそメランコリックという

もんです^^)、お聴き下さい、ザ・ステイプル・シンガーズで、

「スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット」です。



The Staple Singers - Swing Low, Sweet Chariot






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。