スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サウンド・オブ・シックな秋の装い

早いもので、10月も最後の週、あと2ヶ月ほどで、年末やら

お正月、ホント、1年なんてあっという間と思わずには

いられない昨今なんですが、また新たな週を迎え、

新たなお題でお送りするココ、ブログ★ラヂオ。今週は、

シックな秋の装いといった感じで、オシャレテイストの音楽を

ピックアップしてお送りしていこうと思ってます。

本日は、アメリカのR&Bシンガー、

エイドリアナ・エヴァンス(Adriana Evans)が1997年発表し、

シーンで大きな話題を呼んだデビュー・アルバム

エイドリアナ・エヴァンスAdriana Evans)」からの

ヒット曲、「ラヴ・イズ・オール・アラウンド

(Love Is All Around)」のチョイスです。

当時ブームだったネオ・ソウルにカテゴライズされていた

シンガーになりますが、さらにクールで洗練された

UKソウルの肌触りといったサウンドで、一般に言われている

ネオ・ソウルといったものよりもオシャレ感が増してる

感じになってます。これは、共同製作者であり夫、自身も

ミュージシャンであるドレッド・スコット(Dred Scott)の

影響が多分に働いてるってことになりそうです。

そこに、声質的にはあまりクセがなく、それでいて、

シンガーとしてのスキルはかなりハイレベルなものを有した

エイドリアナ・エヴァンスの歌が乗るといった寸法で、

この上ないスムースさ、さらには、癒し感を生んでいる

サウンドになります。

このアルバム発表の後、エイドリアナ・エヴァンスは、

一度シーンから身を引きますが、7年後の2004年に

カムバック、その後は、さらなる進化を続けつつ順調な

キャリアを積んでます。(詳しくはコチラのサイト様を

ご覧下さい)

ということで、まさにシックな秋のサウンドといった様子の

一曲、お聴き下さい、エイドリアナ・エヴァンスで、

「ラヴ・イズ・オール・アラウンド」です。

(音質重視のYouTubeをメインで貼らせて頂いてますが、

PVは「続きを読む」以降でどうぞ)



Adriana Evans - Love Is All Around






Adriana Evans - Love Is All Around


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

ソウル系はまったく聞かないので参考になります。角のとれた非常にしなやかな声を出す方ですね。
今度アルバム借りて聞いてみます。
Re: 音猫さん
コメント、ありがとうございます。

仰る通りの角のとれたしなやかな歌声、スムースに聴けて気持ちいいです。
反面、個性に欠けるっていう批評もあるんですけどね。

普段聴かないジャンルに感心を持ってもらえたのは嬉しいです。
ソウル系もいいでしょう、ハマると奥は深いですが^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。