スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

超ベタが誘う夏の終わりの感傷、ラヴバラード名曲

昨日からこちらでは、ずっと雨模様の天気が続き涼しくなって

いて、あの暑かった日々が嘘のよになってますけど、

暑さの方は、これからまだまだ、もう一盛り上がりありそう

なので、なかなか油断はできませんが、それでも一段落ついた

っていう感じはあり、この時期は、いくつになっても毎年のように

感じでしまう夏の終わりの感傷的な気分が湧いてきたりするもので、

そんな気分にマッチし、思わず浸ってしまう音楽をピックアップして

お送りしている今週のブログ★ラヂオになります。

本日選んでみるのは、グレン・メデイロス(Glenn Medeiros)の

1988年のヒット、「変わらぬ想い

(Nothing's Gonna Change My Love For You)」です。

全米で13位、イギリスでは1位を記録した世界的大ヒット曲、

オリジナルは、「続きを読む」以降に貼らせて頂いてますが、

キャロル・キングの元夫で、夫婦チームで数々のヒットを生んだ

ことでも知られるジェリー・ゴフィン、そして、こちらも数多くの

ヒットを作曲しているマイケル・マッサーコチラは過去の

関連記事)のコンビによって書かれ、ジョージ・ベンソンが

歌い世に出たバージョンになりますが、このグレン・メデイロスの

カバーが大ヒットしたことで、一躍有名曲となってます。

杉山清貴や小林香織、他多数アーティストもカバーしてます。

(詳しくはコチラのWikiをどうぞ)

ジョージ・ベンソンのオリジナルも良いのですけど、豪華、

ゴージャスって感じもあったりで、切ない夏の終わりの気分

ってことでは、ちょっと軽目ではありますが、メインで貼らせて

もらっているグレン・メデイロスのバージョンの方がより

フィットするように思います。

PVの様子も、まぁ、クサいと言われても返す言葉はありま

せんが^^、これでもかといった定番的な、波打ち際で、

「アハハ、アハハ」と戯れる男女の様子とか、さらには、

二人で馬に乗ってしまうというシーンまで登場するんです

けどね~(どこから馬?、みたいな)、ここまでベタを貫いて

もらえると逆に天晴れではありますが、そこから感じられる

切なさも含め、より感傷的な気分に浸れるってことになってます。

歌詞は、原詞、訳詞共にコチラのサイト様に掲載されて

ますけど、直球ど真ん中、彼女への「変わらぬ想い」を

思い切り綴ったラヴソングになります。

グレン・メデイロスは、ハワイ出身のシンガー。

この曲のヒット以降、1990年にボビー・ブラウンを

フィーチャリングし全米No.1ヒットも放ってますが、

現在は、ハワイで教師をする傍ら音楽活動を行う生活を

送っているようです(詳しくはコチラのWikiを)

ということで、名曲になります、時代を超えたスタンダード

とも言える一曲、お聴き下さい、グレン・メデイロスで、

「変わらぬ想い」です。



Glenn Medeiros - Nothing's Gonna Change My Love For You








George Benson - Nothing's Gonna Change My Love For You






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。