スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

低音から高音まで驚異のスムース・安定した歌声が癒しの名曲

今週は癒しの音楽ということで、5月病のように精神的には

キツイ面もある時期を乗り越えた5月最後の週、さらに今度は、

身体的に大変な、ジメジメとした多湿の時期や猛暑を前に、

ほっと一息といった様相でお送りしてきました。

まぁ、癒しの曲といっても人それぞれで、皆がどんな曲に癒される

かってのは分からない分けなんですけど、初夏といった今の季節を

感じつつ、私的にこんな曲に癒されるってところをピックアップして

きました。

本日は、カーペンターズ(Carpenters)、1974年のヒット曲で、

「愛は夢の中に(I Won't Last A Day Without You)」の

チョイスです。

ちょっと前にこのブログで、ロジャー・ニコルズ(コチラ)を

ピックアップして、その際、調べ事をしてて見つけ、思い出した曲で、

「お~、コレは!!」とすっかり感慨に耽ってしまった分けですが、

ひょっとして、この曲と意識して聴いたのは、ヒットしていた年以来

なんじゃないかってくらいなんですけど、その旋律はしっかり覚えて

いたし、いやいや、これは、他に大ヒットしたカーペンターズの曲に

比して、露出度は低いにしても劣らない、超名曲なんじゃないかと

思った次第です。

私が所有しているカーペンターズのベスト盤には、収録されて

いなかったりで、本当に忘れてたのですけど、この曲の感触は、

鮮明に思い出すことができました。74年当時、私は、ロックの

信者だった分けで、異宗派であるカーペンターズに興味はなかった

のにも関わらずです。

と、まぁ、それほどの名曲となり、前出のロジャー・ニコルズと

ポール・ウィリアムズとのコンビで書かれ、カーペンターズに

提供されてます。

原詞及び訳詞はコチラのサイト様で掲載されてますが、

「I Won't Last A Day Without You」、直訳では、「あなたなしでは、

一日も(生活を)続けたくない」、転じて「あなたなしでは生きていけ

ない」ってことになりますか、ここで使われている「Last」は、前回の

「Built to Last」と同じ使い方で、「続ける」って意味になりますけど、

歌詞的には結構ありがちな内容ですかね。でも、どうして生きて

いけないのか、そして、あなたがいるとどんな風なのか、例えば、

明日地球が滅んでも大丈夫みたいな(まぁ、私の例えはこの程度なので、

まったく作詞能力がない分けですが^^)説明的な部分での詩的な

表現は、見事だと思います。

邦題の「愛は夢の中に」は、こうして見るとどこから付けられたのか、

解釈不能ではありますが(笑)

元々、作者の一人、ポール・ウィリアムズによって歌われ世に出た曲で、

やはり、これほどの美メロなナンバーということで、カーペンターズの

他にもカバーしている人は多数いて、「続きを読む」以降に

リンクを貼っておきます。時間のある方はどうぞ。特に、

バーブラ・ストライサンド、メル・トーメのバージョンは秀逸だと

思いました。

ということで、アルバム的には、ヒットの2年前、1972年に発表された

ア・ソング・フォー・ユーA Song for You) 」に収録されており、


カレンの低音から高音まで、どの音域でも余裕で延びる驚異の安定感

ある歌声が生む癒しのナンバー、カーペンターズで、

「愛は夢の中に」です。良い週末を♪

(カーペンターズについて詳しくはコチラのWikiで。貼らせて頂いた

YouTubeで、印象的なピアノのエンディングは、調べたところによると

シングルのヴァージョンのものになるようで、4分30秒のロング

ヴァージョンのものは、現在は、「Singles 1969-1981」に

収録されているようです)



Carpenters - I Won't Last A Day Without You












バーブラ・ストライサンド
https://www.youtube.com/watch?v=cQY67AEi73g

メル・トーメ
https://www.youtube.com/watch?v=knDzltUh_V8

アル・ウィルソン
https://www.youtube.com/watch?v=k2lZYhLqxIc

ダイアナ・ロス
https://www.youtube.com/watch?v=lk07qRXFPDw

アンディ・ウィリアムス
https://www.youtube.com/watch?v=kZAUail6u4U 

ポール・ウィリアムス
https://www.youtube.com/watch?v=kSinen6JKrA

椎名林檎&宇多田ヒカル
https://www.youtube.com/watch?v=oPe_biTy3Dk

他にモーリン・マクガヴァンのカバーもあるようですが、

YouTubeにはアップされてませんでした。


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

カレン&リチャード
こんにちは♪
今日はお昼のコメントです^^

カーペンターズをもっとも愛聴したのは、
小学生の頃、兄の膝元で、
父が奮発しボクら兄弟に買い与えたオーディオで。
思えば家族愛の中、今のボクがあるわけですね。

カレンの演奏するドラムがとても好きでした。
それとリチャードのローズ。

この兄弟の晩年の苦しみなど、
知る人も少ないかどうだか定かではありませんが、
まだカレンの声の若々しい、この曲、
いくつかの楽曲、リチャードの歌声、
それらは永遠に消えない、ハーモニー。
ボク、ちょっと疲れがでてきていたので、
ブログラヂオでとても癒されましたv-22
有難う御座いました<(_ _)>
Ryoji Suzuki(^o^)♪
Re: カレン&リチャード
Ryoji Suzukiさん、こんばんは♪
昼間からのコメントですか、めずらしい^^

ロックの敵と思われてたカーペンターズ、
実のところは、ちゃんとしたロックの聴き手であるほど、
ちゃんと受け入れられてるというのが判明してますけど、
Ryojiさんもそれに漏れずってことでしたね^^

私も父親にオーディオセットを購入してもらった経験が
ありますが、今でも音楽好きでいられるのは両親、家族の
お陰なんでしょうね、ありがたいことです。

カーペンターズの晩年は、やはり多くのトップを極めた
アーティスト達と同様の苦しみがあったと思います。
カーペンターズを今聴くと、カレンの早過ぎる死というのは、
どうしても思い起こさずにはいられないってことになります。

最近は、ライヴ等でも活躍されお疲れのこことと思います。
お身体、気を付けてくださいね。
影ながらで、非常に申し訳ないですが、
RAGAROCK、本当に応援している私としては、
やってもらいたいことが、まだまだ沢山ありますし、
大きな可能性を感じるバンドなので。
さらなるご発展、お祈りしております。

こちらこそ、いつもありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。