スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

爽やかでありつつちょっと暑い初夏のスムース・ギター

5月も後半に入り、また今週も始まりました。

すっかり初夏の陽気、爽やかでもあり、ちょっと暑さも感じますが、

日差し的には、今年の夏至が6月21日で一年で一番日差しの強い日と

なる分けですが、そこから前後して考えると7月から8月のもっとも

暑い時期とまったく変わらないという理屈から、かなりの日差しの

強さとなっていて、紫外線には十分な注意が必要な時期でもあります。

因みに、気温の方は、まだ空気が暖まりきってない状態なので、

これから、徐々にあの猛暑に向かって一歩一歩近づいていくことに

なるのでしょう。

と、そんな感じで、今日も日の光には、相当な眩しさを感じましたけど、

概ね爽やかで過ごしやすい気候となっていて、今週のブログ★ラヂオは、

そんな初夏の様相、爽やかでありつつちょっと暑い(熱い)みたいな感じを

ギターがメインの楽曲で表現していこうと思ってます。

・・・と言われても、何のことだか、分からないと思いますが^^;、

まぁ、曲の方聴いて理解して下さい、ってことで、本日は、Jeff Golubと

書いてジェフ・ゴラブ(又はジェフ・ゴルブ)と読むギタリストの

「Boom Boom」(ブーン・ブーンと発音しますが、日本語表記は、

ブーム・ブームだったりします)をピックアップします。

スムース・ジャズ系のギタリストになりますが、この手のタイプは、

大体ジョージ・ベンソン、アール・クルーのようなクリーンなサウンドが

主体で、モダン・ジャズベースのギタリストと、ロックやブルースの

影響も感じられるラリー・カールトンのようなタイプに二分されると

思いますけど、このジェフ・ゴラブは後者のタイプ、カールトンより

さらに、ジミ・ヘンドリックス色も加わった感じで、一番近いのは、

24丁目バンド、ハイラム・ブロックなんですけど・・・、まぁ、この辺は、

分かる人に分かってもらえればいいってことになりますが、

ハイラム・ブロックも既に亡くなられてしまっているので、少なからずいる

と思われるハイラムのファンであれば、後継としてきっと気に入って

もらえるギタリストだと思います。

まぁ、何を言ってるのか分からない人もですね、ちょっとしたイケ面

ギタリストですし、ステージ・パフォーマンスのエンターティナー振りも

堂に入ったもので、楽しんでもらえる演奏なんじゃないかと思います。

ラテンのノリも楽しい一曲です。

最後大写しになり喝采している女性の観客は、ラシェル・フェレル(コチラ

過去記事で登場)じゃないかと思うんですけど、どうでしょう。

ジェフ・ゴラブは、元々は、バックミュージシャンとして、

ロッド・スチュワートのバンド等で演奏していたキャリアのある人で、

コチラの過去記事「セイリング」のライヴでも素晴らしい演奏を披露してます。

1988年にソロデビューを果たしていて、現在までに、10作品以上のソロ作が

発表されてます。この「Boom Boom」は、2003年に発表された

Soul Sessions」に収録されてます。

で、今回調べていて、大変驚き、ショックでしたが、コチラのサイト様に

詳しいのですけど、2011年に視神経の障害でジェフ・ゴラブは失明されて

ます。知りませんでした~・・・、でも、昨年の2013年には、新作も発表

してますし、音楽活動の方は元気に続けられてます。

コチラは、英Wikiになります)

ということで、初夏の爽やか&ちょっと暑いって感じで聴いてもらえると

嬉しい演奏、ジェフ・ゴラブで「Boom Boom」です。



Jeff Golub - Boom Boom






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは

休みが無いと言いつつ実は社員研修でバリに行ってきました^^
でも、お土産はありません^^

さて、この方の名前は存じ上げておりましたが
音を聞くのは初めてです。

スムースギターの割にはロック色が強いといいますか
全然違うと言われそうですが、スティーヴィー・レイ・ヴォーンと同じベクトルに
向かっているような感じを受けました。

また、良いアーティストを教えていただきました!
Re: 桃太郎さん
こんばんは

パリですか~、これはまた随分とオシャレなところに行ってきた
もんですね。忙しく働いたご褒美ってところでしょうか。
次回はお土産もヨロシクです(笑)

私はこの人のアルバム一枚所有していて、そこでは、スムースジャズ寄りの
印象の方が強かったですけどね、アルバムによって少しずつスタイルを
変えてるようですし、最近は、よりブルース色を強めているようです。
仰るように、スティーヴィー・レイ・ヴォーンっぽさを感じるところ
ありますし、今後はさらにそんな感じが増してくるのかもしれません。
ちょっと聴きやすくなったスティーヴィー・レイ・ヴォーンってのも
なかなかオツなような気がします。

こちらこそ、いつもありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。