スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

元祖AKBシステムな大所帯フォークグループの歌う緑

グリーングリーン

5月といえば新緑のシーズンということで、今週は

緑に因んだ音楽のピックアップでお送りしている分けですが、

気温の方は、すっかり初夏を通り越し、夏を思わせる様相、

暑いですけどね~、ビールも美味しく飲めるシーズンの到来

ってことにもなってて、本日のピックアップは、そんなビール

というか、発泡酒、私も愛飲している「淡麗グリーン・ラベル」

のCMで使われ、耳に残ってる人も多いのでは、といった

ところ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズ

(New Christy Minstrels)の「グリーン・グリーン

(Green, Green)」をチョイスして行ってみます。

聴いたところは、童謡系、ファミリー・子供向けソングという

感じで、ここでは、珍しいタイプの選曲になりますけどね、

決して、この辺で力を抜き、目先を変えるため、ふざけて選んでる

って分けではなく、上にある、わざわざ撮ってきた写真を見て

もらえれば、この曲をピックアップする思いの入れようが

分かるというものです。でも、まぁ、本当のところは、

ニュー・クリスティ・ミンストレルズつっても、まったく知らない

グループですし、写真でも添えて適当に記事にしておこうと

思っていたのですが・・・(笑)

ただ、コチラのサイト様に詳しく、一応調べてみたところに

よると、いやいや、この爽やか、新鮮といった「緑」の

イメージには、とても似つかわしいと思えないダミ声の

リードヴォーカル(コーラスのサビの部分は緑のイメージ通り

爽やかです)は、どこかで聴いた声と思いましたが、反戦歌の

草分け的一曲として有名な「明日なき世界(Eve Of Destruction)」

コチラ)のバリー・マクガイアだったんですね。で、この

「グリーン・グリーン」は、バリー・マクガイアによって

書かれてます。他にも、バーズ(コチラ過去記事)の

ジーン・クラークが在籍してたり、後にMFQ

(モダン・フォーク・カルテット)を結成することになる人や、

カントリー・シンガーとして有名なケニー・ロジャース、

80年代に人気を博した女ダミ声シンガー、

「Bette Davis Eyes」(コチラ)のキム・カーンズも在籍して

いたそうです。

・・・と、調べてみるもので、何やら凄い人達を輩出した凄い

グループなんですけど、ニュー・クリスティ・ミンストレルズは、

アメリカの10人編成の大所帯グループ(映像は9人?ですが)で、

リーダーは、ランディ・スパークスという人。何でしょう、グループとして

束で売り出し、後に切り売りしていくというやり方は、今の日本の

歌謡界のシステムに酷似してますが、差詰めランディ・スパークスは、

元祖つんくや秋元康、またはジャニーさん、若しくはエグザイルって

ことになりますかね~^^

ということで、「グリーン・グリーン♪」といったフレーズが

やたら耳に付く、1963年のヒット、

ニュー・クリスティ・ミンストレルズで、

「グリーン・グリーン」です。

(原詞訳詞はコチラのサイト様で掲載されてます。

詞の内容は、コチラのサイト様を参考にさせて頂くと、

この時代らしく、反戦プロテストソングとしても解釈されるようです。

コチラWikiにもこの曲について掲載されてます。)



New Christy Minstrels - Green, Green






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。