スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

寒さ払拭、若人の熱きブルース・ロック

毎日寒い寒いと言いつつ、1月も最終週、この間年明けした

ばっかじゃんって感覚はいまだ鮮明ですが、早くも1ヶ月が

過ぎようとしてます。

って考えると、この寒さももうちょっとの辛抱って気もして

くるのですが、何故かこればかりは、まだまだ当分続くと

思ってしまうのが、人の心理というものなのでしょうね~。

と、心理学的に深く切れ込んだ前置きはこれくらいにして、

さっそく今週のブログ★ラヂオ始めてみたいと思います。

先週は、「冬なので冬の曲」というストレートなテーマでしたが、

今週は、少しヒネってですね、「冬なので熱い曲」っていうテーマ、

まぁ、ひょっとすると、先週よりもさらにストレートという

気もするんですけど^^、そんな感じ行ってみたいと思います。

で、「熱い曲」、取りあえず、思い浮かんだのは、

ブルースを基調に、ロックの熱いビートで奏でられた

バンド・サウンド、いわゆるブルース・ロックというやつですが、

この時期、温度感的にそんな感じが、なかなかハマるかなと思った分けで、

そうなると、私の年齢的にもこのサウンドが全盛だった時代、1960年代~

70年代にかけて活躍の昔のバンドってことになってしまうのですが。

で、本日登場するのは、ザ・ストライプス(The Strypes)。

・・・ん?、それってまるっきり今のバンドじゃん、と突っ込まれた方、

素晴らしい、音楽通であられますね。

そう、昨年、2013年デビューのアイルランド出身のバンドです。

でも、音の方は前述した年代の音そのもの。なんの進化もなければ、

後退もないという、実にまんまの当時の音で、じゃあ、そんな音を

奏でる今のバンドのヴィジュアルは、やっぱりオッサン?、

頭は禿げてれば、お腹は出てるなんてのも想像したりする分けですが、

これが、見てビックリですよ。子供です(笑)

平均年齢は16才ということなんだそうですが、ん~、困ったもんです。

だって、今じゃある程度のステータス感もあり、オジさんが喜んで聴く、

昔はこんなカッコいい音楽があったんだぜ、みたいな音楽をですよ、

こんな子供達にあっさり演奏されてる分けですから。しかも本格的に。

まぁ、いろんな意味で熱かったりする分けです。

ポール・ウェラーあたりも高く評価しているようで、注目の新人バンド

として騒がれており、感覚的にも時代の旬(どんな時代だ?)、

結構尖ったところで音楽を聴いているリスナーに受け入れられ

聴かれていて、天才集団みたいなことにもなってるようです。

ただ、思い切って私の感じたところを言わせてもらうと、

こりゃひょっとして、どこぞの音楽スクールの優等生の集まりみたいな。

昔は、不良っぽさが売りのブルース・ロックでしたが、今じゃ、

結構形骸化されてしまっていて学びの対象みたいなことにも

なっているのではと。

で、戦略的に組まれたバンド、一般の友達どうしが集まって組まれた

バンドとは違うような感じを、若いのにもかかわらず、このお手本とも

言えるような、端正(?)な演奏から受けてしまいました。

まぁ、そうじゃないと信じられない、本格的な、まるで

ベテラン・バンドのようなサウンドということでもあります。

ということで、ザ・ストライプス、日本のみ発売となった

デビューEPのタイトル曲で、アルバム「スナップショット

Snapshot)」収録の一曲、「ブルー・カラー・ジェーン

(Blue Collar Jane)」です。

(ザ・ストライプスについて詳しくはコチラ、若しくは、

コチラの公式サイトをどうぞ)



このヴィジュアルでこのサウンドというのが、PVだけでは、

信じられない方は、コチラのライヴ映像をどうぞ。

当然のことながら、本当に演奏してます。

The Strypes - Blue Collar Jane






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんにちは

熱いですねStripes!
かくしてバンドは±9thコードを覚えてまたひとつ進化する!
....みたいな清々しさを感じます。

素朴なギターソロも、いかがわしいプロデューサーらに
いじられることなく、今の彼等なりの自然な感じで
とても良いです。
日本のニューミュージック界とやらに馴染めないのは、
ド新人のくせに、ワケシリ顔の周囲のオトナ達に歪められて、
らしさのない小洒落たソロなどするから、曲が歪む!

そのまままっすぐ、頑張れよ!と、言いたいバンドでした!
ジオヤーさん、いつもありがとう!


Re: pipco1980さん
こんばんは

そう、9thコード、メジャーとマイナーとセブンスしか
知らなかった私は、この響きはなんだろうとずっと疑問で、
なかなか進化できなかったですね~(笑)
今回のテーマ「熱い」と思ってもらえたのは嬉しいです。

J-POPのバンドが面白くないのは、周囲の大人達のせいというのは、
うすうす感付いてましたね~、やはり、そうでしたか。
バンド自体の持つパワーみたいなのは取り払われ、適当に流行りの音を
あしらい、問題になるのは、ヴォーカルのルックス、声、曲の善し悪し
って感じですのでね~。まぁ、普通、バンド側も、プロになることを
一番の目標としてやってる分けで、やっとデビューにこぎ着けた
新人バンドは、レコード会社から何か言われれば従ってしまうっていうのも
あるんでしょうね。

でも、このストライプスも、ここまできっちりと、ロックのフォーマットを
踏襲するのは、この若さでは、なかなか難しいと思われ、やはり、
大人絡みだろうとは思うんですよね。でも、バンドの持つパワーを取り払う
どころか、増強することに成功してると思われ、良い意味で大人が
絡んでるってことですけど。
いずれにしろ、デビュー時に騒がれても、すぐに消えてしまうっていうの
ではなく(最近はそういうのも多いです)、長くやって欲しいし、
成長を見守りたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。