スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

身体能力高い歌姫

明日からの三連休、その最終日体育の日に因んで

今週は、思わず体が動いてしまい、スポーツに勤しみ

たくなる音楽、名付けて「体育会系サウンド」ということで

お送りしてきました。

とは言いつつも、前回まではニュージャックスウィングという

ともすれば、ちゃらいイメージもあるところからの選曲で、

質実剛健な感じもある体育会系とはちょっと違ったかなとも

思っている分けでして・・・^^;、で、本日は、そんな

質実剛健さも感じさせるシンガー、グロリア・エステファン

(Gloria Estefan)の登場で、一般的に思われる、全てを

忘れて激しく体を動かしスポーツするといったイメージの一曲

「ターン・ザ・ビート・アラウンド(Turn The Beat Around)」

をピックアップします。

グロリア・エステファンは、古くは1980年代、

マイアミ・サウンド・マシーンのメンバーとして、ラテン音楽に、

ロック、ディスコ、ポップスを結びつけたようなサウンドで、

数々のヒットを放ち、ヒスパニック系ラテンといった音楽を

現代のシーンにおいても重要な要素の一つにしたということで、

エポックメイキングな存在として位置付けられていますし、

その後は、ソロとして、ディーバな大物歌手としての活躍を続けて

います。

キューバ生まれで、家族と共にアメリカに亡命、努力の積み重ねの

結果スターの座に着くといったアメリカンドリームの体現者でも

あります。(詳しくはコチラWikiを。ココでは、以前コチラで、

やはり体育会系なサウンド「Rhythm Is Gonna Get You」を取り上げ、

そこでもアレコレ書いてます)

この「ターン・ザ・ビート・アラウンド」は、1994年発表の

アルバム「ホールド・ミー、スリル・ミー、キス・ミー

Hold Me Thrill Me Kiss Me)」に収録されていて、

シルヴェスター・スタローン主演映画「スペシャリスト」の

主題歌として使われ大ヒットしてます。

収録アルバム自体がカバー作品集となっていて、オリジナルは、

ヴィッキー・スー・ロビンソン、1976年のヒットで、

邦題は「妖精のメロディー」と付けられてます。

コチラで聴けます)

今回は、ライヴ映像を貼らせて頂いてますけどね、

グロリア・エステファンのリズム感、ピッチ(音程)の正確さは驚異的

と思える人で、その動きからも身体能力の高い歌姫といった感じがし、

他のディーバと呼ばれる歌手とはちょっと違う印象を持ったりも

します。まぁ、そんなところからも「体育会系サウンド」という

ことになるでは^^、ってところで、グロリア・エステファンで、

「ターン・ザ・ビート・アラウンド」です。良い連休を♪



(PVはコチラでご覧になれます)

Gloria Estefan - Turn the Beat Around





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。