スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

モテる男は辛いという郷愁

今日は久々に暑い!って感じでしたね~。

日本の近海で発生した台風のせいで、暑く湿った空気が

入り込んできているようです。

でも、陽射しにはそれほどギラギラしたものは感じられなく

なってますし、空は澄んでて、ときおり吹く風は涼しく

夏の暑さとは大分違った様子、やはり秋晴れの範疇といった

一日でした。

で、今週のブログ★ラヂオは、そんな秋晴れといった風の

ご機嫌なサウンド、でも、そこはやはり秋、80年代

ノスタルジーの様相で、思わず胸がキュンとして、郷愁感を

抱いてしまう音楽でお送りしています。

本日は、マイケル・フォーチュナティ(Michael Fortunati)の

「ギヴ・ミー・アップ(Give Me Up)」をピックアップします。

1986年のリリース、日本では翌年にヒット、ディスコでの大人気曲

となってますけどね。これは、もう、胸キュンの郷愁感を通り越し、

ちとハズイ感じも込み上げてくる一曲なんですが^^、

ユーロビートを日本で最初に広めた曲とも言われてます。

詞の方はコチラのサイト様で原詞対訳が掲載されていて、

「僕のことを弄(もてあそ)ぶのは、もうやめてくれ、

僕のことはあきらめてくれ(Give Me Up)」といった内容のもの、

まぁ、モテる男は辛い風なものでもありますけどね、うらやましい?、

カッコいい?、いや、やっぱハズイかな^^

貼らせて頂いたPVも、ベンツ(思い切り当時の型)に自動車電話と、

いかにもといった感じ、バブリーなあの頃といった様相です。

マイケル・フォーチュナティは、イタリア出身の歌手。

この「ギヴ・ミー・アップ」で、フランス、ベルギーにおいて、

No.1を獲得しています。(詳しくはコチラWikiをご覧下さい)

ということで、日本では、他にアイドルデュオ、BaBeのカバー

コチラ)で知られている一曲、マイケル・フォーチュナティで、

「ギヴ・ミー・アップ」です。



Michael Fortunati - Give Me Up





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。