スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夕日に思う夏の終わり

さて、早いもので、8月も明日で終わりになりますが、

今週のブログ★ラヂオは、毎年この時期には感じてしまう

去りゆく夏のもの悲しさといった雰囲気の音楽でお送りして

参りました。

本日は、キンクス(The Kinks)の「ウォータールー・サンセット

(Waterloo Sunset)」をピックアップです。

キンクスは、登場するたびに書いてるような気もしますが、

日本でこそその人気はいまいちなものの、1960年代~70年代初頭、

本国イギリスでは、ビートルズやストーンズの全盛時と同時期に

活躍し、同等の扱いになる伝説のVIPなバンドです。

なので、今回ピックアップの「ウォータールー・サンセット」も

日本のロックファンの間では、有名なのかそうでないのか微妙な

ところなんですけど、実際は、キンクスを代表する一曲であり、

ロック史上に残る名曲といっても良いものになります。

1967年にシングル盤としてリリースされ、全英チャートでは2位の

ヒット、同年リリースのアルバム「サムシング・エルス

Something Else By)」収録の一曲です。

まぁ、「ウォータールー・サンセット」について詳しくは、

コチラのWiki、キンクスについて詳しくはコチラWikiを

ご覧頂ければと思います。

原詞対訳は、コチラのサイト様で掲載されてますが、ロンドン、

テムズ川のほとりに住む孤独な青年が、ウォータールー駅の人混みや、

恋人、そして夕日を眺めているといった情景や心理を歌ったもので、

夕日を見ながらしみじみと物思いに耽っている様子は、

切ないメロとも相まって、夏の終わりの感傷的な気分とも良くマッチ

するのではといったところでの選曲になります。

どうやら実際の季節は秋のようなんですけどね^^

最近私は、キンクスの実質的リーダーであるレイ・デイヴィスが、

ロンドンオリンピックの閉会式でこの歌を歌っているのを見て

いたく感動した覚えがあるのですけど、例えば歌詞に、

「僕に友達はいらない」なんて結構ショッキングな一節も出て

きますが、これはバンドという形で歌うよりもソロとして

歌う方がつじつまがあってる分けですし、より感動を誘うことに

なるのかもしれません。

まぁ、なのでといった感じにもなるのかなぁ、今回は、

キンクスによるバンドの演奏ではなくて、2010年に行われた

グラストンベリーでのサマーフェスで、レイ・デイヴィスがソロで

歌っている映像が気に入ってしまい貼らせて頂いてます。

老いたロッカーといった様子もさらにしみじみとした感じが

増すことになるんじゃないでしょうか。

見方によっては人それぞれなんでしょうけど、私は

カッコいいとも思いましたし^^

(キンクスのオリジナルはコチラで聴けます、綺麗な

日本の夕日のYouTubeです)

ということで、レイ・デイヴィス(キンクス)で、

「ウォータールー・サンセット」です。良い週末を♪



Ray Davies(Kinks)- Waterloo Sunset





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。