スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

強力な暑さにリデンプション(救い)の歌

いきなりですけど、暑い最中、今回は時節柄、最近の

「グローバル化」という言葉を基に、恥ずかしながら大上段に

構えた感じではありますが、「平和」について考えてみたいと

思います。

私的には、グローバル化とは、混ざり合い、溶け合い、

共有(シェア)することだと思ってますが~、

弊害もあります、それまでの国固有の文化が薄れたり、純潔が守れ

なかったり、外国人犯罪が増えたりってことあるでしょうね~。

グローバル化を恐れ、純潔を守ろうとし、自国の利益ばかりを

考えていたら民族紛争にもなりかねないというのもあります。

でも、ネットがこれだけ普及してしまった時代、グローバル化の

流れは止められないように思います。

そして、昔ながらの悲惨な出来事を繰り返さず、良いにしろ

悪いにしろ、今の閉塞感を打破して、人類が新しいステージに

到達するには、グローバル化っていうのは、キーになる言葉

なんじゃないでしょうか。

まぁ、まずは、同じ人間として、民族人種を問わず、お互いを

尊重し、困ってる部分では、助け合える関係を築けるかどうか

ってところに掛かってるように思いますけどね。昔から言われて

いる、世界は一つ、人類は皆兄弟ということでもあります。

と、私が、今のところ考える「平和」とは、こんな感じですが・・・

ってことで、ここからが本題、本日の一曲となりますが、

今週は、夏らしいラテン・テイストの音楽でお送りしてきた

ブログ★ラヂオ、まぁ、訳の分からない前文とのかねあいも

考えてですね、ラテンに含まれる一ジャンルでもあるレゲエで、

ボブ・マーリー(Bob Marley)の「リデンプション・ソング

(Redemption Song)」をピックアップして参ります。

1980年発表の最後のオリジナル作品となった

アップライジングUprising)」の最終曲として収録された

一曲です。

(ボブ・マーリーについて詳しくはコチラWikiをご覧下さい)

貼らせて頂いた映像は、いささかマスコミ的な平和といった

イメージもあり、ウソ臭いと思われてしまう向きもあるかとは

思うんですけどね~、趣旨を伝えるには、デフォルメされた

大袈裟さというのも必要だろうということで選ばせて頂き

ました。原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されているので、

是非目を通して頂ければと思います。

実際のボブ・マーリーの、やっぱ凄いカリスマ性とオーラ、

エナジーに溢れているライヴ映像はコチラ←クリックでどうぞ。

ということで、ボブ・マーリーの代表作にもなる一曲で、

「リデンプション・ソング」です。

平和な週末を♪



Redemption Song | Playing For Change





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。