スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

元気な夏のチャライ系

さて、今週は、これといったテーマを決めずに、

とりあえずは、「夏の元気曲」くらいの感じでスタートさせた

ブログ★ラヂオ、まぁ、こういうアバウトなのも

結構やりずらかったりするんですけど、頭に浮かんだ曲を

アップといったC調さも、夏っぽくて良いのかなと思う

ところです。

で、まぁ、本日は、曲の方もそんなチャラさと見事に同調

している一曲で、C.J.ルイス(C.J. Lewis)の

「スウィーツ・フォー・マイ・スウィート

(Sweets For My Sweet)」をピックアップして行ってみます。

1994年リリースのアルバム「ダラーズDollars)」に収録されて

いて、全英ポップ・シングルで3位を記録したヒット曲です。

C.J.ルイスはイギリス、ロンドン生まれ。ダンスホールDJといった

位置付けのアーティストになりそうですが、レゲエを基本に据え

ヒップホップを融合させた踊れる楽曲で90年代には大いに人気の

あった人になります。

(詳しくはコチラの公式サイトをご覧下さい)

この「スウィーツ・フォー・マイ・スウィート」は、先日登場した

ドリフターズ(コチラ)のバージョンがオリジナルになりますけどね、

その時にも書きましたが、ドリフターズというグループ、

どうも曲の方が勝手に一人歩きをして有名になってしまい、

グループ自体は、それほど知られることもなく、置き去りにされて

しまうということになるようです。

このC.J.ルイスによるヒット以前にも、カバーしているアーティストは

多数に上る有名曲です。

で、何とはなしに、YouTubeでカバーされたバージョンを

かいつまんで聴いてみたんですけど、これが結構面白くてですね、

ありとあらゆるジャンルのバージョンがあるようで、ジャンル別の

サウンドやリズムの感じを意識して聴くことにより、

ちょっとした音楽スキルのアップにも繋がるのではと思い、

下方に列記しておくことにします。お勉強タイムとしてお役立て

頂ければ幸いです^^

ということで、この曲自体は、お勉強とは、まったくの別次元に

ある夏の快楽といった感じになりますが、C.J.ルイスで、

「スウィーツ・フォー・マイ・スウィート」です。



C.J. Lewis - Sweets For My Sweet




オリジナルのクラシックソウル風、ドリフターズ
http://www.youtube.com/watch?v=VIda157wF6A

オールディーズ風のサーチャーズ
http://www.youtube.com/watch?v=WLGROTIEXZU

ロック風アレンジのニール・ダイアモンド
http://www.youtube.com/watch?v=3FtyDOGprHE

パンク風のThe Mods(日本のモッズではなく、フロリダのバンド)
http://www.youtube.com/watch?v=Z5q2HojQxG8

ポップス+サイケデリック仕立てのThe Carnival
http://www.youtube.com/watch?v=bWHBrDfH0lk

エレクトロダンス風、Chriss
http://www.youtube.com/watch?v=c3ZnAf30ucA

ロックステディ、レゲエ風のBobby Aitken
http://www.youtube.com/watch?v=oaumlTSWBWA



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。