スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フレンチ・ボッサで海

今週は、祝日だった月曜の「海の日」に因んで、

海にまつわる音楽をピックアップしてきたココ、

ブログ★ラヂオ、本日は、イザベル・アンテナ

(Isabelle Antena)の「シー・サイド・ウィークエンド

(Seaside Week End)」をお聴き頂こうと思います。

1986年作のアルバム「En Cavale」、邦題が「プレイバック

に収録された彼女の代表曲になる分けですが、

懐かしいという感慨に耽ってしまう方も多いのでは、

といったところです。

実際、私も、今回「海の曲」ということでググったりも

してみたんですけど、この曲に行き当たった時は、

「おっ!」という感じ、すっかり忘れてました(笑)

当時は結構流行っていた記憶もあるんですけどね~、

いろいろな所で耳にしたように思います。

フレンチ・ボッサ(ボサノバ)ってことになりますが、

オシャレでポップな感触は、今、久々に耳にしても

ちっとも色褪せることなく、逆に新鮮な感じです。

現在で言うところのネオアコの先駆けとなったことで

知られるベルギーのクレプスキュール・レーベルから

リリースされてます。

イザベル・アンテナは、フランス出身のシンガー。

当時は、単に「アンテナ」っていう風に呼んでたと

記憶してますが、アンテナは所属していたグループ名で、

正確には、この「シー・サイド・ウィークエンド」は、

イザベル・アンテナのソロプロジェクトとなってから以降の

作品となり、ただのアンテナ名義のものとは、違う位置付けに

なるみたですね。(その辺詳しくは、コチラのサイト様を参照して

頂ければと思います。Wikiはコチラクリックで)

ということで、これから週末を向かえるに相応しい

「シー・サイド・ウィークエンド」ですけどね、

今週末は、選挙ってことで、このような癒しのイメージとは

違う盛り上がりの週末となってしまいそうではありますが、

この曲で、一旦心を落ち着けてですね、投票に臨まれるのも

きっと良い選択が出来るのでは?・・・といった感じで、

良い週末を♪、イザベル・アンテナで、

「シー・サイド・ウィークエンド」です。



Isabelle Antena - Seaside Week End






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

選挙ですね。結果もそうだけど投票率も気になるところで、一つの党が楽勝状態って言うような報道が繰り返されてるから自分が投票に行くまでもないと思う人が出てこないかちょっと心配です。組織票の力を削げるのは投票に行く人の数に頼るしかないから、とにかく選挙権のある人は投票場に行って欲しいです。投票に行くとポイントがもらえるとか、なんかこうエンタテインメント的な付加価値でも付けられないものかと思います。選挙速報は投票した人には凄い盛り上がるエンタテインメントになるから、選挙速報を楽しむために投票に行くって言うのでも良いかな。

音楽はわたしが思ってるボサノヴァよりもちょっと能動的なイメージでした。木陰に吹くそよ風的なイメージというよりも、人のざわめきや潮騒が遠くに聞こえるような海辺の感じって言うのはこういう感じのほうがよくでてるのかもしれませんね。
それにしてもこういう歌い方は本当に合うというか、一度朗々と歌うボサノヴァとか聴いてみたい気もあるけど、やっぱりこういう柔らかい歌い方が一番なんでしょうね。
あとエコーが効いたパーカッションが結構気持ちいいというか。でも最後の一撃は意表をついていたなぁ。こんな終わり方をするとは思わなかったです。
Re: 薄荷グリーンさん
こんにちは!

平和ボケという言葉がありますが、私は選挙に行かないのは、平和ボケなんだと思いますね~。マスコミは、他国の脅威に鈍感なのを平和ボケと言いますが、私は違うと思います。それは、トップの優れた人が話し合いで、上手く決着してくれたらいいのであって、民間レベルでは、とにかく仲良くすることを考えればいいのだと思います。ヘタにナショナリズムを煽るのは違うと思います。ただ、選挙に行かない、一党独裁に何の不安も感じないのは、平和ボケと言いたいです。
ポイント制、いいですよね^^、人生で何回選挙に行ったのかを数字にするのも面白い。とにかく、私も皆に選挙に行って欲しいし、関心を持って欲しいと思ってます。

私は、それほどボサノヴァのような音楽に詳しいってことでもないのですが、この歌い方が、いかにもボサノヴァっていうの分かります。ただ、これは、本場のものとは違う、フェイクっていうんですかね、欧州人によるボサノヴァ、逆にそのフェイクっ振りを楽しむもののように思います。なので、都会的な感じ、仰るように人のざわめきや、海からは少し離れたカフェなんていう状況を思い浮かべるのでしょうね。エコーの効いたパーカッションなんていうのは、まさにそんなフェイクな発想から生まれてきていんじゃないでしょうか。で、この終わり方、どうしたってフェードアウトだろうと思ってるところ、唐突ですよね(笑)、まぁ、最後の一撃は、今回は、「さぁ、選挙に行くぞ」って感じになれば良いかと思います^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。