スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シンフォニック・キッス

昨日は、梅雨の晴れ間、それもスカっとした陽気で

過ごしやすい一日になりましたけど、今日は一転、

やはりこの時期らしい厚い雲に覆われムシムシと

うっとおしい天気に辟易となってます。

そんなところでの今週のブログ★ラヂオは、

このムシムシを吹き飛ばす音楽、さらには、一年の

半分が終わるということで、派手な打ち上げ花火をぶっ放しの、

後半戦に雪崩れ込むという思惑も込め、ハード/メタルな

サウンドでお送りして参りました。

本日は、キッス(Kiss)の登場で、曲は

「ブラック・ダイヤモンド(Black Diamond)」を

ピックアップしてみます。

このキッスも、前回のツェッペリン同様、過去記事を

見ると(コチラ下方)、以前の登場は2年前、やはり梅雨時

ということで、まったく進歩の見られないブログ★ラヂオ

にもなりますが(笑)、なので、今回は、少し変わった

キッスを見て頂こうということでですね、オーケストラと共演

しているという、まぁ、普通に考えたらありえない状況の

ライヴ映像を貼らせて頂いてます。

この共演、誰が思い付いたのか知りませんが、あまりにも

突飛、でも、それだけに見応えはあるので楽しんで

もらえることと思います。

2003年オーストラリア、メルボルンのテルストラ・ドームでの、

メルボルン・シンフォニー・オーケストラとの共演で行なわれた

一夜限りのライヴの模様になります。

「ブラック・ダイヤモンド」は、元々は、1974年に発表された

キッスのデビューアルバム

地獄からの使者~キッス・ファーストKiss)」に収録されて

いる一曲で、初期のころからのライヴでの盛り上げどころの曲と

なり、特に、ドラムが迫り上がり、火柱が上がるという演出が

見せ場になっていて、それは、今回貼らせて頂いている映像でも

見事に踏襲されてますし、ハードでありつつも、ドラマチックな

展開を見せる曲調が、意外や意外、オーケストラとの愛称も

バッチリだったりします。

(キッスいについて詳しくは、コチラWikiをご覧下さい)

まぁね~、前回のツェッペリン辺りは、実は、私達よりも前の

世代が見出したビッグネームといった印象の方が強いのでけど、

このキッス、もしくは、クイーン、エアロスミス、

チープ・トリック・・・etc、といったところが、我々世代の

ど真ん中、代表選手にもなる分けで、思わず遠い目にもなって

しまうってもんでもありますが・・・(笑)、お聴き下さい、

さらには良い週末を♪、

キッスで「ブラック・ダイヤモンド」です。



Kiss - Black Diamond





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんにちは

またまた化け猫の方がメインの曲を取り上げられましたね(笑)
場違いの様なオーケストラと共演も、こうして見ると以外にも違和感を感じ無いのが不思議に思えます。
この曲はアンコール前のシメの曲だけに大いに盛り上がりますね!

いつも思うのですが、現メンバーのうちギターとドラムは替わっていても同じメイクをしているので
そのうちジーンとポールの2代目も出てきて未来永劫キッスが続いていくような気がするのですが・・・

私も例外なく小学校の時にキッス・クイーン・エアロから洋楽に入ったくちです。
あれから35年たちますが、未だに聴き続けてます(^o^)


Re: 桃太郎さん
こんばんは

一応今回のハードロック集もこれで一旦シメということで、仰るような感じを込めつつ選んでみました。さすが桃太郎さん分かってらっしゃる。ツェッペリンの後にキッスでシメるというのもどうかと思ってたのでね~(笑)
で、奇しくも、またもや化け猫キャラの人がメインにないるのですが、まぁ、一般には、狸かパンダにしか見えないでしょうから、こうして指摘してもらえてるのは有り難いです。
キッスとオーケストラ、普通に考えたらどうしたって結びつきませんが、違和感ないですよね。ん~、地獄からの使者はやはり一味違うということなんでしょうか・・・

このメイクは、元々歌舞伎からヒントを得ているそうですが、そういう意味でも、2代目、あるんじゃないでしょうか。ジーンとポールは初代家元みたいな(笑)、未来永劫続くキッス・・・、なんだか怖い気もしますが、私もありえない話じゃないように思います。

私は、中学~高校くらいの時でしたかね~、長い時間が経過してますが、今でも聴かれているというのは素晴らしいと思います。でも、どうでしょう、今の時代、むしろ80年代のサウンドの方が古くさく感じることがあるようにも思います。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。