スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

梅雨時に飛来する飛行船

今日は、まさにこの時期らしい雨の降る一日、うっとうしい

ジメジメ感にまとわりつかれながらのブログの更新になりますが、

今週は、一年の半分が終わるということもあり、ハード/メタルな

サウンドで、華々しい花火を打ち上げ、今年後半に雪崩れ込もうと

いう算段と、このジメジメな感じを吹き飛ばす音楽でお送りしている

ブログ★ラヂオになります。

本日は、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin、以下ツェッペリン)

の登場で、曲は、「アキレス最後の戦い(Achilles Last Stand)」

をピックアップして参ります。

本人気付いていませんでしたが、過去の記事を見たら(コチラ下方)

ほとんど、この梅雨の時期にツェッペリンは登場してくることが

多いようで、恒例みたいなことにもなってますが、こんな凄いバンド、

もっと取り上げればいいと思うんですけどね~、流れ上

なかなかそういうことにはならないみたいです^^

1976年発表のアルバム「プレゼンスPresence)」の冒頭に収録

された一曲で、もうコレ聴いただけでお腹一杯になるような、

10分を越す長い演奏を全速力で疾走し続けるけるといった曲で、

聴き終えると疲弊感すら漂いますが、このアルバムは、さらに、

このままのテンションのいずれ劣らぬ曲が最後まで並ぶという、

ツェッペリン後期の一つの到達点、傑作アルバムになります。

(その辺の傑作ぶりは、過去にコチラの記事でもちょこっと触れて

ます。「プレゼンス」につては詳しくはコチラのWikiを、

レッド・ツェッペリンについて詳しくはコチラをどうぞ)

「アキレス最後の戦い」、何か大仰なタイトルなんですけどね、

曲調はまさにそんなイメージですが、コチラWikiを参照

すると、ヴォーカルのロバート・プラントが、「プレゼンス」

制作前に交通事故に遭い重症を負っていて、そこから復帰しての

レコーディングになるのですけど、レコーディング中、

曲の出来の良さに興奮したプラントが、スタジオをみだりに

動き回り転倒してしまい、事故で負っていたかかとの傷が開いて

しまったことに由来するとのこと、すなわち、アキレス腱のこと

らしく、ギリシャ神話のアキレスとは直接の関係はないようです。

(初めて知りました(笑)、原詞対訳はコチラのサイト様で

掲載されてます。曖昧な断片的なイメージが次々に書き殴られて

いるといった印象の詞で、説明的な部分は一切排除され、結論だけ

が書かれてるといったもの、そこに一貫した意味を見つけようと

すると難解で、トータルなイメージとして捉えるものなんだと

思いますけどね、強いて言えば、希望と不安に満ちた新たな旅立ち

といった感じが歌われているように思えます)

思い起こせば、1976年、私的には、ビートルズとは違うロックと

いうことで、いろいろ興味を持ち始めていた頃で、

この「プレゼンス」は、リアルタイムで聴くことができたのです

けどね、それまで聴いたことのない凄まじい音に、ぶったまげたのを

今でも鮮明に覚えてます。ただ、この年は、セックス・ピストルズも

デビューしていて、パンク、ニューウェイヴの勃興なんてことも

あり、ロックはまた違う局面を向かえることにもなっていて、

状況的には、結構ややこしい時代だったりもします。

ということで、貼らせて頂いたライヴ映像も結構な迫力なんですが、

やっぱ、ジョン・ボーナムのドラムは凄いってことにもなります

かね~、鬼気迫る鬼神のビートを叩き付けるリード・ドラマー

ってな感じですが、もちろん、ギターはジミー・ペイジの

レッド・ツェッペリンで「アキレス最後の戦い」です。



Led Zeppelin - Achilles Last Stand

← アルバムのみの販売になります



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは!

ほんの少し前まで今年は空梅雨?なんて思ってたけど、その後きっちりと雨が降ってます。うっとうしいし、やたらと体力が消耗していきそうで家に帰るともうなんだかぐったりとしてる毎日となってます。梅雨なんて早くどこかに行ってほしいです。
一年の半分過ぎたって本当に早いですよね。残り半分で今年はこういうことをやり遂げたといえそうなものが残ればいいんだけど、さてどうなることか。
梅雨をぶっ飛ばせって云う企画でツェッペリンという選択。ツェッペリンってこういうハードな音楽やってたけど意外と暑苦しくなかったから、うっとうしさ倍増って云う感じにもならなくて結構ベストチョイスかも。見た目はジミー・ペイジが汗だくになって、これがちょっと梅雨っぽかったかな。

やっぱりかっこいいです。臍出しでもないしファッションは意外と小奇麗になって、そういう小奇麗なファッションでも釣り合ってるところがあるのがツェッペリンの音楽の特徴なのかななんて思って聴いてました。ハード・ロックのジャンルに入るんだろうし、ここではジミー・ペイジは汗だくだけど、どんなに激しくてもどことなくクールなところを残してるような感じがするんですよね。だからわたしはツェッペリンってあまりハードロック的には聴いてないのかもしれないです。
ちょうどビートルズと入れ替わるようにして出てきたバンドだと思うけど、ビートルズが一世を風靡していた時代に全く違うコンセプトでこういう音空間を発想できたのはたいしたものだと思います。パンクもすでにこの頃姿を現してたんですよね。なんかビートルズのあとでハードロックとかプログレとかの時代が続いて、そういうのに飽き飽きしてきた頃にパンクが出てきたっていう印象だったけど、そうじゃなくてほぼ同時的に共存していたって云うのは、この頃の音楽はかなり混沌としていたということなんでしょう。ビートルズメンバーはまたこういう混沌もどこ吹く風とばかりに独自の音楽活動をしていたし、音楽的にはかなり面白い時代だったんだろうなぁって思いました。

もうちょっとジミー・ペイジのソロが聴いてみたかったかなというところもあったけど、この曲はわたしもジョン・ボーナムのドラムが際立つ曲だっていう印象でした。ギターソロもあるんだけどジミー・ペイジにしては際立つ特徴もなくて、ドラムの繰り出すリズムに彩を与えるような演奏っていうのかな、印象に残るのはギターよりも連打を繰り出すドラムのほうでした。アルバムだともうちょっと前のアルバムになるんですけど、変ビートのファンクをやってたようなリズムが凄いなぁと思ったことがあります。この人がいなくなったからバンドで活動できなくなったと判断したのも分かるくらい。
それとジョン・ポール・ジョーンズがほとんど写ってなくてかわいそう。この人はなぜか印象薄いんですよね。音的には要になっていた人だったのに。
No title
こんばんは

同じハードでもツェッペリン暑苦しく無いです(^o^)

私の場合、この曲を聴き終えた瞬間は爽快感を感じます!
10分という長さをあまり感じる事なくのめりこんでしまいます。

誰もが言われますが、ボンゾの音が印象強いです。
この方、独特のリズム感といいますかグルーブ
3連譜を用いたフィルやビートはこの方ならではです。

とはいえ、ツェッペリンはこの四人だからこそ、この音なんですね。
生の演奏を見てみたかったです。
Re: 薄荷グリーンさん
こんばんは!

そちらでも、ここのところはまとまった雨が降ったようですね。空梅雨気味で心配だった水不足も解消していれば良いのですけど、それにしても、ジメジメとした気候は、ホント体にはキツイです。もうそろそろ、暑くても気持ちのいい夏空の日が続くようになってもいいように思えてきましたし、私も、早く梅雨は終わって欲しいです。
早いもので、一年の半分が終わってしまうのですけど、残り半分、まぁ、私は、とりあえずブログを更新し続けられればいいかなぁ、なんて思ってます。薄荷グリーンさんは、そうですね~、写真の方で、きっと本人も驚かれるほどの劇的な進歩があるんじゃないでしょうか^^
ツェッペリンは、他のメタルと呼ばれるバンドに比べたら、やはり飛行船なだけに、地を這うようなドロっとした印象ではなく、空を翔るようなスッキリとした感じありますよね。ブルースもよく演奏しますが、それでも浮遊感が漂う感じ、でも、ハードであることには違いなく、まぁ、そうですね、この時期ベストチョイスと思ってもらえて嬉しいです。

ジミー・ペイジは、実は、一番気に入ってるアルバムが「プレゼンス」なんていう情報を耳にしていますが、結構この曲の演奏は力を入れてやってるのかな~、なんてこの汗だくの姿からは思ったりしました。確かにこの姿は梅雨っぽいです(笑)
この小綺麗な衣装は、「プレゼンス」が出た当時、写真では良く見かけていて、カッコいいな~と思ってましたが、やっぱ一般の上半身裸といったハードロックのイメージとは大分違う感じ、大人といった印象でしたね。最近になってこうやって演奏している動く姿も見れるようになり、さらに感動したりもしたんですけど、仰る通りどこかクール、盛り上がることも大事だけど、まずはバンドが紡ぎ出す音を何よりも一番に、そして冷静に考えてるバンドっていう風に思います。
まぁ、バンドが独自に作り出す創造性を世の中に問うみたいなやり方を最初に広めたのがビートルズで、皆その後に続いたということにもなるんでしょうけど、ビートルズとは全く違う音楽性でありながら、確信的な演奏で世界を席巻したツェッペリンというのは、やはりたいしたもんです。さらには、既存のものとは別物と主張するってことでは、際立っていたのが、この1976年頃が幕開けとなったパンクムーヴメントで、いろいろ乱立してくることにもなってます。で、確かに、ビートルズのメンバーもそれぞれがソロで、思い思いに活躍していました。ウィングスも第一線でしたよね(懐かしい)、一方では、ホテル・カリフォルニアが、メチャメチャな大ヒットだったり、ホント混沌としてましたが、考えようによっては豊潤な時代でもありました。

ジョン・ボーナム、凄いですよね~。この人は、端正な8ビートを演奏するというよりも、桃太郎さんも言ってるように、跳ねたような3連系の黒人っぽいビート感の人だと私も思っていて、「変ビートのファンクをやってたようなリズムが凄いと思った」という薄荷グリーンさんの仰ることも良く分かります。それでいて、パワフルで、重厚っていう、他にはちょっといないタイプでしょうね。で、そうですね、ジミー・ペイジのソロでさえ影が薄くなってしまうってもんです。まぁ、強いて言えば、正確なリズムキープには少々難ありってことにはなりますか、フュージョンには向かないだろうなぁ~^^、でも、私も、この人が亡くなったことで、バンドを維持できなくなったというのは、やはり仕方のないことだったんだろうなぁと思います。まぁ、残ったメンバーで、もうちょっといろいろしてくれても良かったのではとも思いますが^^
あ~、ジョン・ポール・ジョーンズね~、記事では一言も触れませんでしたが、映像で少しだけ映し出される姿は、スーツ姿だったりして、この人もカッコいいですよね。バンドの整合性を取るために欠かせないって言うんですか、接着剤みたいな存在で、他の三人が三様でバラバラになってしまいそうなところを、一つにまとめ上げているといった印象を私は持ってます。この人がいたから他の三人の自由度がかなり広がってると言うか。
Re: 桃太郎さん
こんばんは

ツェッペリン、やはりこの時期ということで、暑苦しくなく聴けたというのは良かったです^^

確かに、桃太郎さんにとって10分という長さくらい、見事な演奏であればどうということはないのでしょうね。
つくづくタフな方だなぁと思います^^

私もボンゾは3連を基調としたような独特なリズム感の持ち主だと常々思ってました。
仰る通りまったく同感です。しかもパワフルで重厚なんですよね~。

最近は、大分年齢を重ねた様子の再結成DVDも発売されていて、私の知人の間では、やっぱこれはくるなぁ~と、結構評判良かったりしたのですけど、でも、ボンゾのいた時のものとは別物になりますか、その様子は絶対に生で見ることはできないってことになってしまっているのは、やはり残念ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。