スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジョンとヨーコを取り持つエルトンの疾走

2月最後の週、頃合い的にも春はすぐそこ、実際にも暖かさを

感じる日が増えてきていて、このまま一気に寒い冬をやり過ごし

春を迎えたい気持ちから、今週は、「疾走感のある音楽」を

チョイスしてお送りしてきました。

本日選んだのは、ジョン・レノン(John Lennon)、1974年発表の

作品で、アルバム「心の壁、愛の橋(WALLS AND BRIDGES) 」に

収録、シングルカットされ全米1位のヒットとなった

「真夜中を突っ走れ(Whatever Gets You Thru The Night)」

です。もうタイトル通り、冬から暖かな春へと突っ走りたいって

ことですけどね、エルトン・ジョンが参加していて、ほとんど

ユニゾンのダブル・ヴォーカルで歌われています。

ジョンにとって、個人名義のシングル曲としては、初の

全米1位となった曲で(「イマジン」でも最高3位)、当初

とても1位になるなんて考えていなかったジョンは、エルトンと

1位になったらエルトンのコンサートにゲスト出演するという

約束を取り交わしていた分けなんですけど、結果1位にまで

登り詰めてしまい、1974年に行われたエルトンの

マディソン・スクエア・ガーデンでのコンサートにジョンは

出演しています。で、本日は、その時のライヴの模様のYouTubeを

貼らせて頂いてます。・・・と言いたいところではありますが、

実は、この映像は、テレビドラマとして撮られた

「John & Yoko - A Love Story」内のもので(コチラのYouTube、

1:54:20の辺りから)、出演人物は全て偽物です^^

本物っぽいですけどね~・・・、でも、音源の方は本物のライヴ音源で、

これは、エルトン・ジョンのライヴアルバム「Here & There」に

収録されています。

映像では、必要にヨーコ(を演じた人)が映し出されますが、

このライヴの時点では、ヨーコとジョンは別居状態、いわゆる

「失われた週末」ってやつですけど、エルトンによって招待され

ていたヨーコとライヴ終了後、楽屋で再会し、寄りを戻すって

ことにもなってます。その辺の事情はヨーコ自身の口からコチラ

映像(素顔のジョン&ヨーコ (The Real Yoko Ono))で語られてる

分けなんですけど、この映像を見ると、ヨーコって凄い、ってか恐い、

ってかやっぱこの人あってのジョン・レノンだったのでしょう。

この人がいなかったら、ビートルズで才能を開花させた後の

ポールの双極として、ジョンが対峙できたのかってのは私としては

疑問に思うところですしね、音楽作りの上でのインスピレーション、

精神面、恋愛感情、あらゆる意味で、ヨーコはジョンにとって

不可欠な存在だったと思います。

ただ、逆にポールという存在がなかったら、ジョンがそこまで

ヨーコを必要としたかというのは、これもまた疑問なんですけどね、

私が思う、ジョン、ポール、ヨーコの関係っていうのは、そんな

感じです。何だかんだ言っても、ジョンは、心のどこかで、

ポールをライバル視してたと思う分けです。

ということで、何だかとりとめのない記事になってますけどね~^^、

良い週末を♪、ジョン・レノン&エルトン・ジョン、

エルトン・ジョン・レノンとも言いますが(言わない!)

「真夜中を突っ走れ」です。

(この曲について詳しくはコチラのWiki、訳詞はコチラ

サイト様で掲載されてます、原詞はコチラ



John Lennon & Elton John - Whatever Gets You Thru The Night

← ライヴ録音

← スタジオ録音





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

疾走するテクニカル・ロック・インスト

2月も最後の週になり、もう寒い冬はコリゴリ、さっさと

お別れし終わりにしたいという思いから、今週は疾走感の

ある音楽のチョイスで、一気に春へとなだれ込むイメージで

お送りしています。

ってか、今日などはすでに本格的な春の訪れを感じる暖かな

一日でしたけどね、でも、まぁ、油断は禁物、さらにダメを押す

春へと疾走する音楽、続けて参ります。

本日チョイスするのは、グレッグ・マティソン・プロジェクト

(Greg Mathieson Project)の演奏で、「Bomp Me」です。

1981年にハリウッドのライヴハウス、ベイクドポテトで行われた

ライヴの模様になりますが、キーボードのグレッグ・マティソン

(ラリー・カールトン「Room 335」(コチラ過去記事)で

キーボードを弾いてた人)が率いたセッションバンドの演奏で、

ギターにスティーヴ・ルカサー、ドラムには、ジェフ・ポーカロ、

ベースは、ロバート”ポップス”ポップウェルが参加しています。

1982年に「The Baked Potato Super Live!」というアルバム

として発売され、そこに収録されている一曲です。

スティーヴ・ルカサー、ジェフ・ポーカロといったところは、

TOTO(コチラ)のメンバーとしてお馴染み、スタジオミュージシャン

としても超一流の人達で、ジェフ・ポーカロ(残念ながらすでに

お亡くなりになられてます)が素晴らしいのは、まぁ、いつもの

こととして、スティーヴ・ルカサーに関しては、私の知る限り、

彼の残している演奏の中では、ベストと言えるエモーショナルで

ドライヴ感に富んだ、彼ならではの才覚溢れるギターがアルバム

全般に渡り繰り広げられてます。

で、何と言っても注目すべきは、ベースの

ロバート”ポップス”ポップウェルと私的にはなりますけどね。

ともすれば、思い切りロックの方向へと振り切ってしまう

メンバーの中にあって、ファンキーな隠し味がこの人によって

もたらされていて、地味なんですけどね~、その辺が他とは違う

ロック・フュージョンのアルバムになっていて、このアルバムの

特に好きなところです。ただ、ピックアップの「Bomp Me」は、まさに

ロックな一曲で、ポップス・ポップウェルの演奏としては、ちょっと

意外って感じがあるんですけど、それでも、よくよく聴けば

そこかしこにファンクな隠し味的グルーヴがが光ってます。

元クルセイダーズのメンバーで、コチラの過去記事でもこの人の

カッコいいプレイを聴くことできます。

ということで、テクニカルなロック・インストゥルメンタル・ナンバー

の疾走、お聴き下さい、グレッグ・マティソン・プロジェクトで、

「Bomp Me」です。



Greg Mathieson Project - Bomp Me






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春へと疾走する日本独自のポップロックヒット

先週の終わり、前回の記事では、春の気配が漂っている

なんてこと書いてますけど、週が改まっての月曜、めでたくも

今日は一気に春になってます。いや~、久々に感じるこの

暖かさ、やはりいいもんです。ただ、これでもうあの寒さを

味わうことは当分ないなんてことはなくて、三寒四温は

まだ続くってことになるんだと思います。

ということで、今週のブログ★ラヂオは、2月も最後の週、

本格的な春ももうすぐそこ、このまま一気に寒い冬をやり過ごして

しまえるような「疾走感のある音楽」をピックアップして

お送りしていこうとと思ってます。

本日お送りするのは、メッセンジャーズ(The Messengers)の

「気になる女の子(That's The Way A Woman Is)」です。

1972年、日本でのみの大ヒットになります。

メッセンジャーズはアメリカのバンド、モータウン傘下の

白人ロック・レーベル、レア・アースに在籍していた4人組

グループ。まぁ、それ以上の詳細は、調べても分からなかった

ですし、この曲も本国チャートでは62位と振るわずに

終わってしまっている分けなんですけどね、ここ日本に限っては、

後年にもCMに使われたりで、おそらくは誰しもが耳にして

いる超メジャーな一曲です。その昔は、このような日本独自の

洋楽ヒットってのも結構ありました。(詳しくは、コチラ

サイト様で、コチラのサイト様には原詞、訳詞が掲載されてます)

ということで、ギターのリズムの刻みが心地良く、疾走感を

生んでる一曲、怪しい映像と共にお楽しみ下さい^^、

メッセンジャーズで、「気になる女の子」です。



The Messengers - That's The Way A Woman Is






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アダルティ・ファンクで躍動

今日辺りは、大分春めいてきている様子、まだ、寒い

ことは確かに寒いですけど、何げに春の空気や気配が感じ

られるようになっていて、暖かな春ももうすぐそこといった

雰囲気にはなってます。そんな待ちわびる春を前に、自身の

体の方から、冬に凝り固まった体を先ずはほぐしていって

みようということで、今週は「躍動のファンク」といった

テーマで音楽をピックアップしてお送りしてきました。

本日は、アダルティな躍動って感じですかね、

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー

(Maze featuring Frankie Beverly)の「Before I Let Go

(ビフォア・アイ・レット・ゴー)」のチョイスです。

フランキー・ビヴァリーがリードヴォーカルとして率いる

バンド、メイズってことで、

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリーと

呼ぶのが通常となっているアメリカのバンドです。

(詳しくは、コチラのWiki(コチラは英Wiki)、または、

コチラのサイト様を)

1970年代後半から80年代が全盛だったバンドで、その間に

7枚程のスタジオ制作アルバムがリリースされていて、その

どれもがゴールドディスクを獲得しており、アメリカでは

高い人気を誇るバンドになりますが、日本では、残念ながら、

コアなソウルファンの間以外にはあまり知られてないって

状況に甘んじています。

オシャレと呼ぶには、やや難のある演奏は、熱さを携えた

ものになりますが、それでいて、アダルティな感じの

心地良さを漂わせていて、その辺の中途半端な感じが、

日本では、受けないのかなぁなんて思ったりします。

徹底してオシャレであれば、日本でも多くのファンが付く

ものなんですけどね。

で、この「Before I Let Go」、そんな熱さとアダルティさが

見事に同居したライヴ映像を貼らせて頂いてる分けですが、

今回のテーマ、「春に向けて体の凝りをほぐす」ってのには、

いい感じの温度感なのではってことでのピックアップとなります。

「Joy and Pain」と並ぶこのバンドの代表曲です。

1981年発表のライヴアルバム「Live in New Orleans」に

スタジオ録音のものが収録されたのが最初で、その後

シングルカットされヒット、さらには、1986年発表の

Live in Los Angeles」では、文字通りのライヴ

バージョンが収録されてます。

ということで、良い週末になりますように♪

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリーで、

「Before I Let Go」です。



Maze Featuring Frankie Beverly - Before I Let Go

← ライヴバージョン

← スタジオ録音




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ナツメロ風、今現在のナウいファンクヒット

まだまだ、依然として寒いですけど、そろそろ春の気配を

思わせるような暖かさをを感じられる日があってもいいような

頃合いにはなってきているということで、今週は、まずは、

冬に凝り固まった体の方からほぐして、来たるべく春へと備えて

みるといった様相で、「躍動するファンク」といったところから

音楽を選びお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日ピックアップするのは、つい最近のヒットというか現在も

ヒット中、昨年の2014年11月に発表されたシングルで、全米

全英で1位を記録しているマーク・ロンソン(Mark Ronson)の

「アップタウン・ファンク(Uptown Funk)」です。

前回の記事で、過去の音楽を引用、または、解体し、新たに

再編集する能力が、現代のシーンにおいて作曲を行っていく上で

一つの重要な要素になってるなんてこと書いてますが、

マーク・ロンソンは、まさにそんなタイプのソングライターであり、

DJにしてプロデューサーになります。エイミー・ワインハウスの

プロデュースに係わり一躍有名となった人です。

(詳しくは、コチラのWikiを)

この「アップタウン・ファンク」では、ヴォーカルに、こちらも

現代において抜群の人気を誇るシンガー・ソングライター、

ブルーノ・マーズ(詳しくはコチラのWiki、コチラは過去記事)が

フィーチャリングされてます。

まぁ、1970年代、80年代の古くからファンクに馴染みのある人間

(オジサン)にとっては、ひたすら懐かしい雰囲気をまとった曲に

なりますけどね、現代の若人達が、このような曲をやり

ヒットさせてるというのは、何か嬉しいような気になるもんです。

ということで、今年、2015年の1月に発売されたばかりのアルバム

Uptown Special」にも収録された

マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズで、

「アップタウン・ファンク」です。



Mark Ronson - Uptown Funk ft. Bruno Mars






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春に向けての準備、冬に凝り固まった体をほぐすファンク

2月も後半になって、もうそろそろ暖かくなってもいんじゃね、

って頃合い、今日の昼間の日差しは、何げに暖かくて春も近いの

かなぁという気もしたんですが、夜になりこの記事を書いてる今は、

やはりまだまだ寒いです。

もう寒いのもうんざりなんですけどね。

ということで、今週のブログ★ラヂオは、そんな待ち遠しい春を

思い浮かべつつ、冬に凝り固まっていた体の方から、まずは

ほぐしていってみるというのも良いのではって感じで、躍動の

ファンク・ミュージックといったところから、曲を選んで行って

みたいと思ってます。

本日ピックアップするのは、スライ&ザ・ファミリー・ストーン

(Sly & The Family Stone、以下スライ)の

ダンス・トゥ・ザ・ミュージック(Dance to the Music)。

最近ピックアップしたピチカート・ファイヴの

「スウィート・ソウル・レヴュー」(コチラ)の冒頭のフレーズを

どこかで聴いたなぁって思ってはいたのですが、記事を書いてる時点

では、思い出せずにやり過ごしましたが、ふとした拍子に、

このスライの「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」を思い出し、

以来このフレーズが頻繁に頭の中を駆けめぐるようになっていて、

ならばってことでのアップでもあります。

スライとピチカート・ファイヴ、なかなか結びつかなかったり

するんですけどね、ミュージシャンっていうのは、自分の属するジャンル

以外の音楽も沢山聴いてたりするもので、パクリとは言わないまでも、

色々なところから引用したりするんですけど、特にヒップホップの

世界では、サンプリングと言われ公然とそれが行われている分けでして、

最近は、そういった引用する能力、他の曲を引用して編集し直すみたいな

能力が、作曲をする上でも重要になってきていて、で、まぁ、何が

言いたいのかと言えば、そういったところでも、この拙ブログが、

役立つようになったら嬉しいなぁ、なんていうブログ主の密かな思いが

あったりする分けです。

・・・と、私の思いはこれくらいにしてですね^^、

スライ&ザ・ファミリー・ストーンに話は戻りますが、アメリカの

バンドで、従来黒人のものとされてきたファンクミュージックと

白人のロックとが高い次元で融合されたって感じの音楽を演奏し、

現在のヒップホップに至るまで、その影響は計り知れず、多くの

リスペクトを集めるバンドです。バンド自体、白黒混合で構成されて

います。(詳しくはコチラのWiki、または、コチラのサイト様を。

ココでは、過去に2度程登場してますが、コチラ←クリックの後

この記事下方でどうぞ)

この「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」は、1968年の大ヒット。

このバンドの名を初めて全米に轟かせた記念すべき一曲です。

同名のアルバム「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック

Dance to the Music)」に収録されています。

ということで、お聴き下さい、スライ&ザ・ファミリー・ストーンで、

「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」です。



Sly & The Family Stone - Dance to the Music






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

正統派バレンタイン、本命な一曲

明日の国民的行事ともいえるバレンタインデーに乗っかって、

音楽を選びお送りしてきた今週のブログ★ラヂオ、本日は

そのフィナーレを飾るに相応しい、バレンタインに因んで

イメージするとしら、こんな感じのバラードだろうなぁっていう

正統派な一曲、マルティナ・マクブライド(Martina McBride)の、

その名も「ヴァレンタイン(Valentine)」のチョイスです。

・・・と言いつつも、実はYouTubeを検索してたら見つけた曲で、

マルティナ・マクブライドという歌手も、私は、いままでまったく

知らなくて申し訳ないってことになりますが、なので、コチラ

サイト様(もしくはコチラの英Wiki)を拝見させてもらいましたが、

アメリカのカントリーのシーンでは、かなりメジャーな存在の

シンガーになるようです。ただ、やはり日本での知名度は薄い

ようで、今までに、12枚のアルバムが発表されてるのにもかかわらず、

日本盤としては、今のところ「ベスト」盤と他一枚が発表されてる

だけに留まります。1999年公開の映画「プリティ・ブライド」に

彼女の「I Love You」が使われヒットしたことで、日本でも

知られるようにはなっているってことのようです。

で、この今回のテーマそのまんまの「ヴァレンタイン」という曲、

評判通りの実力派といった歌の上手さと、彼女の滑らかで暖かな

歌声によくマッチしたナンバー。共作者の一人に、ピアニストの

ジム・ブリックマンが名を連ねていて、貼らせて頂いたPVにも

出演してますが、ピアノ・バラードとしても、かなり良い曲に

なると思います。元々は、1997年発表のジム・ブリックマンの

アルバム「Picture This」に収録され、その後同年に発表された

マルティナ・マクブライドの「Evolution」に収録されています。

(「ヴァレンタイン」について詳しくは、コチラの英Wiki、

訳詞はコチラ、原詞はコチラに掲載されてます)

ということで、良いバレンタインデーを♪、

マルティナ・マクブライド&ジム・ブリックマンの

フィーチャリングで、「ヴァレンタイン」です。



Martina McBride & Jim Brickman - Valentine






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。