スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

月光の下の水玉模様が思わせる晩夏の感慨

めっきりと涼しくなった一週間、まだ暑い日もあるかと

思いますが、8月ももう残り少なくなってますし、

今年の夏も一段落ついたのかなみたいな様子もあり、

今週は、夏の終わりには感じてしまう切ない感傷といった

風情の音楽をピックアップしてお送りしてきました。

本日は、ジャージーな雰囲気、というか思いっきりジャズ

なんですけど、ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)の

演奏で、「ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス

(Polka Dots & Moonbeams)」のチョイスです。

1960年に発表されたジャズ・アルバムの中でも名盤とされる

インクレディブル・ジャズ・ギター

The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery)」収録の

一曲で、実にロマンチックでありながら、切ない雰囲気を

持ち合わせた旋律が、この時期、夏の終わりの風情を醸し

出しているように思え選んでみました。

まぁ、そんな感じでただボーっと聴いてるだけでも

グっとくるものがある演奏なんですが、紡ぎ出される

ギター・フレーズに集中して耳を傾ければ、アドリブの

部分でも情感の込められたメロディアスなフレーズの連続、

集中が途切れることのない演奏は凄くて、まさに「信じられない

(インクレディブル)ジャズ・ギター」です。

やはり天才と呼ぶに相応しいアーティストになる分けですけど、

以前コチラで登場した時はグルーヴィな演奏が大きな特徴みたいな

こと書いてますけどね、今回はスローなナンバーなので、その辺は

影を潜めているようでもありますが、それでも、そのグルーヴ感は

決して失われることはなくて、心地の良い演奏でもあります。

(ウェス・モンゴメリーに付いて詳しくはコチラのWikiを)

「ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス」は、邦題を

「月光と水玉」とも言い、元々は1940年代に、

トミー・ドーシー楽団に所属のフランク・シナトラのために

書かれた曲になるようです。なので、歌詞もある分けなんですが、

(原詞はコチラ、訳詞はコチラのサイト様に掲載されてます)

ダンスパーティの夜、偶然知り合った「水玉模様」の服を着た

女性に一目惚れをしてしまい、「月の光」の下ダンスをし、もう

その瞬間から二人の将来に思いを馳せているといった夢見心地、

ロマンチックな詞になります。

歌入りのものとしては、サラ・ヴォーンのバージョンがかなり

良いので、「続きを読む」以降に貼らせて頂いてます。

因みに「ポルカ・ドッツ」は一般的にはファッション用語で、
Polka dot
水玉模様のことを指す分けなんですが、何故「ポルカ?」っていう

のはチェコとかポーランドとか舞曲とかいろいろ絡んできて、

ややこしくなるので、詳しく知りたい方はコチラのWiki、

さらには、コチラのサイト様をご覧頂けると大体の感じは掴め

るんじゃないかと思います^^;(コチラは英Wiki)

さらに、こういった雰囲気の曲は得意だろうなぁといった

巨匠ビル・エヴァンスもこの曲を取り上げていて、やはり、

いかにもといった素晴らしい演奏を残してますが、その演奏も

「続きを読む」以降に貼らせてもらってます。

ということで、夏の終わり、まったりと良い週末を♪

といった一曲、ウェス・モンゴメリーで、

「ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス」です。



Wes Montgomery - Polka Dots & Moonbeams






続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

超ベタが誘う夏の終わりの感傷、ラヴバラード名曲

昨日からこちらでは、ずっと雨模様の天気が続き涼しくなって

いて、あの暑かった日々が嘘のよになってますけど、

暑さの方は、これからまだまだ、もう一盛り上がりありそう

なので、なかなか油断はできませんが、それでも一段落ついた

っていう感じはあり、この時期は、いくつになっても毎年のように

感じでしまう夏の終わりの感傷的な気分が湧いてきたりするもので、

そんな気分にマッチし、思わず浸ってしまう音楽をピックアップして

お送りしている今週のブログ★ラヂオになります。

本日選んでみるのは、グレン・メデイロス(Glenn Medeiros)の

1988年のヒット、「変わらぬ想い

(Nothing's Gonna Change My Love For You)」です。

全米で13位、イギリスでは1位を記録した世界的大ヒット曲、

オリジナルは、「続きを読む」以降に貼らせて頂いてますが、

キャロル・キングの元夫で、夫婦チームで数々のヒットを生んだ

ことでも知られるジェリー・ゴフィン、そして、こちらも数多くの

ヒットを作曲しているマイケル・マッサーコチラは過去の

関連記事)のコンビによって書かれ、ジョージ・ベンソンが

歌い世に出たバージョンになりますが、このグレン・メデイロスの

カバーが大ヒットしたことで、一躍有名曲となってます。

杉山清貴や小林香織、他多数アーティストもカバーしてます。

(詳しくはコチラのWikiをどうぞ)

ジョージ・ベンソンのオリジナルも良いのですけど、豪華、

ゴージャスって感じもあったりで、切ない夏の終わりの気分

ってことでは、ちょっと軽目ではありますが、メインで貼らせて

もらっているグレン・メデイロスのバージョンの方がより

フィットするように思います。

PVの様子も、まぁ、クサいと言われても返す言葉はありま

せんが^^、これでもかといった定番的な、波打ち際で、

「アハハ、アハハ」と戯れる男女の様子とか、さらには、

二人で馬に乗ってしまうというシーンまで登場するんです

けどね~(どこから馬?、みたいな)、ここまでベタを貫いて

もらえると逆に天晴れではありますが、そこから感じられる

切なさも含め、より感傷的な気分に浸れるってことになってます。

歌詞は、原詞、訳詞共にコチラのサイト様に掲載されて

ますけど、直球ど真ん中、彼女への「変わらぬ想い」を

思い切り綴ったラヴソングになります。

グレン・メデイロスは、ハワイ出身のシンガー。

この曲のヒット以降、1990年にボビー・ブラウンを

フィーチャリングし全米No.1ヒットも放ってますが、

現在は、ハワイで教師をする傍ら音楽活動を行う生活を

送っているようです(詳しくはコチラのWikiを)

ということで、名曲になります、時代を超えたスタンダード

とも言える一曲、お聴き下さい、グレン・メデイロスで、

「変わらぬ想い」です。



Glenn Medeiros - Nothing's Gonna Change My Love For You






続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏の終わりの美メロAOR名曲

夏の甲子園の優勝校も決まり、まぁ、それと関係あるのか

どうか分からないですけど、8月も残り一週間、いよいよ

今年の夏も終わるのかなぁ、なんていう感慨も湧いてくる

頃合いになってます。まだまだ、暑いことは暑いのですけど。

ということで、週も変わり、また新たなテーマでお送りする

ブログ★ラヂオ、今週は、夏の終わり、楽しかった祭りの後と

いった物悲しい感傷が胸をくすぐるような音楽をピックアップして

お送りしていこうと思ってます。

本日チョイスの一曲は、ビル・ラバウンティ(Bill LaBounty)の

「涙は今夜だけ(This Night Won't Last Forever)」です。

1978年発表のヒットで、AORの名曲として讃えられるナンバー、

同名のアルバム「涙は今夜だけThis Night Won't Last Forever)」


収録のタイトル曲になります。

原詞並びに訳詞が、コチラのサイト様で掲載されてますが、

楽しかった時を思い出し、寂しさに浸っているといった

シチュエーションになりますかね、まさに、この時期に

ピッタリなんですけど、そして、またパーティの始まりが

告げられるのを待っている、「涙は今夜だけ」と歌われてます。

ビル・ラバウンティは、アメリカのシンガーソングライター。

良く知られているのは、この曲のみという一発屋の様相も

あるんですけどね、裏方に回ったりと、音楽活動はずっと続け

られているようで、2014年の今年も新作を発表してますし、

4月には来日を果たしていて(コチラのサイト様に詳しいです)

現在でも現役として活躍しています。(Wikiはコチラ

ということで、夏の終わりの感傷的ナンバー、ビル・ラバウンティで、

「涙は今夜だけ」です。



Bill LaBounty - This Night Won't Last Forever






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

激暑い残暑のオアシス

今日も強力に暑い一日でした。

8月も後半に入ってのこの猛暑っ振りっていうのは、

本当に身体に応えますが~、もう、バテバテです。

そんな、猛暑のぶり返しに見舞われてしまった今週は、

夏のテイストを持ったジャズということで、音楽を

ピックアップしてお送りしてきました。

もう、こうなると求めるのはオアシスってことで、

上手いことつなげてみる分けなんですけど、

本日チョイスの一曲は、マリア・マルダー

(Maria Muldaur)の有名曲「真夜中のオアシス

(Midnight at the Oasis)」です。

1973年のヒット曲で、ビルボードのヒットチャートでは、

6位をマークしてます。

この曲のヒット以前は、グループの一員、そして、

夫婦デュオ(以後離婚)として活躍していたアメリカの

シンガー、マリア・マルダーになりますが、ソロ転身後、

最初に発表したアルバム「オールド・タイム・レイディ

Maria Muldaur)」に収録の一曲です。

(詳しくは、コチラのWikiを)

有名曲ということで、様々な人のカバーでも知られる

曲になると思うんですけど、そのオリジナルバージョンに

なります。

まぁ、今週テーマのジャズという括りでピックアップする

にはどうかと思う曲でもあるんですけどね、最近は、一口に

ジャズと言っても、かなり広範囲の音楽を指すという傾向も

ある分けですし、その点では、充分ジャズの範疇に収まる

ナンバーです。

ギターの演奏もかなり印象に残り、エイモス・ギャレット

というギタリストを一躍有名にしたナンバーでもあります。

マリア・マルダーの歌い振りといい、様々な個性が光る独特で

不思議な雰囲気があって、一つのジャンルに収まらない感じは、

やはり、ジャズってことで、ピックアップするのが妥当の

ようにも思います。(と言いつつもココでのマリア・マルダー

の左欄でのジャンル分けの位置付けはポップスなんですけどね、

いろいろ難しいです、笑)

ということで、超暑い残暑のオアシス、良い週末を♪、

マリア・マルダーで、「真夜中のオアシス」です。

(過剰にくずし過ぎの感じがありますが、ライヴ映像はコチラを)



Maria Muldaur - Midnight At The Oasis






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

超名手トリオの「波」

お盆が終わってからというもの、連日気温の方はかなりの高温に

なっていて暑い夏がぶり返しているこちら地方になりますが、

広島の方では、大規模な土砂災害が発生してしまわれたとのこと、

謹んでお見舞い申し上げます。

それにしてもこの国は災害が多い。

外国から見たらどうなんでしょう?、この小さな島国に集中して

次々と災害の起こる様からは、呪われた国としか映らないんじゃ

ないでしょうか。さらには、肥沃な大地がある分けでもなく、

資源もない。そんな国に大きなリスクを犯してまで攻め入って

くる国などあるのかと思えますけどね。

逆に、日本が、安全な土地と資源を求めて、外へと進出していく

可能性は、外国からしてみたら充分考えられる分けで、その辺で、

近隣諸国のこの国に対しての必要以上の警戒というのも理解でき

るんじゃないでしょうか。もちろん過去の例もありますし。

とにかく、この国を支えてきたものは、いつの時代でも、とても

恵まれてるとは思えない土地で鍛えられ育まれてきた知恵と工夫、

人々の頭の中にある分けで、トップがアホとなった時、報復攻撃を

受けるような事態を招いた時、大きな惨劇を被ることになります。

そのトップのアホを選んでしまう危険性と責任は国民一人一人が

負っているということも分かっておいて欲しい、なんてことを

先日終戦の日を迎えたこともあり、思ってしまいました。

ってことで、前置きが長くなってしまった本日チョイスの

一曲は、オスカー・ピーターソン・トリオ

(Oscar Peterson Trio)の演奏で「波(Wave)」です。

「夏ジャズ」と題して音楽を選んでいる今週、もちろんタイトル

からしてマッチする一曲ですし、演奏の方も夏に合う心地良さ

といったもので、軽やかで流麗です。

オリジナルは、以前コチラの記事で取り上げている

アントニオ・カルロス・ジョビン。ラテンジャズのスタンダード

ナンバーです。

貼らせて頂いているYouTubeは、ピアノがオスカー・ピーターソン

ギターにはジョー・パス、ベースはニールス・ペデルセンといった

いずれも超名手揃いによるもので、さすがといった演奏は、

素晴らしいです。

CDとして発売されいるものは、1974年に発表されたこのトリオ

によるライヴ盤となる「The Good Life」の他に、1969年に発表の

オスカー・ピーターソンのアルバム「Motions & Emotions」に

収録されていて、こちらのバージョンも凄く良いので、

「続きを読む」より後に貼らせてもらってます。

(オスカー・ピーターソンについて詳しくはコチラのWikiを)

ということで、オスカー・ピーターソン・トリオの演奏で、

「波」です。



Oscar Peterson Trio - Wave

← アルバムのみの販売になります




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

お盆明け、仕事復帰の疲れを癒す「夏ジャズ」

お盆休みも終わりノーマルな生活に戻ったとたん、

猛暑も一緒に戻ってきてますけどね~、お盆中は、割と

しのぎやすい日が続いていて、これで今年の夏も終わりかなぁ、

なんて感慨も湧いてきた分けですけど、ところがどっこいです。

まだまだ続く夏ってことになってます。

また、集中豪雨で、大変な被害に遭われている地方もあるようで、

お見舞い申し上げます。こういった災害は、今の日本は、どこでも

起こり得る感じがして、恐ろしいです。

ということで、また今週も始まり新たな企画でお送りする

ブログ★ラヂオ、今週は夏に合うジャズ、題して「夏ジャズ」

(そのまんま)ということでお送りしていこうと思ってます。

夏の様相を醸し出しつつ、ちょっとクールでオシャレなサウンドで、

お盆明け、心身共にリフレッシュして頂ければと思います。

本日ピックアップするのは、アコースティック・アルケミー

(Acoustic Alchemy)の「プレイング・フォー・タイム

(Playing For Time )」です。

アコースティック・アルケミーは、イギリスのスムース・ジャズ、

フュージョンのバンド。名前の通り、アコースティック・ギターの

サウンドを主体とした、ニック・ウェブ(Nick Webb)と

サイモン・ジェイムス(Simon James)のギターデュオとして、

1980年代の始めから活動を開始、その後サイモン・ジェイムスが、

グループを離れ、グレッグ・カーマイケル(Greg Carmichael)が

その代わりとして加入し、1991年に発表したアルバム

バック・オン・ザ・ケースBack on the Case)」に収録されている

一曲が、今回ピックアップの「プレイング・フォー・タイム」です。

さらにその後、ニック・ウェブがお亡くなりになり、

グレッグ・カーマイケルがグループを引き継ぐこととなりますが、

新しくコンビを組んだ、マイルズ・ギルダーデイル(Miles Gilderdale)

との演奏の模様が、今回貼らせて頂いているYouTubeのライヴ映像に

なります。現在はこの体制で、ギターデュオというよりもバンドとして

の活動が続けられているようです。

このYouTubeの演奏は、2000年に行われた西インド諸島、セントルシア

でのライヴの模様で、「Sounds of St. Lucia」というタイトルで、

CD(コチラ)、DVD(コチラ)として発売されてます。

(アコースティック・アルケミーについて詳しくはコチラのWikiを。

アルバム「Back on the Case」の詳細はコチラ

「Sounds of St. Lucia」についてはコチラをどうぞ。)

ということで、お盆明けの仕事復帰、その疲れを癒すにはもってこい

といった一曲、アコースティック・アルケミーで、

「プレイング・フォー・タイム」です。

(スタジオ録音のアルバム収録バージョンはコチラを)



Acoustic Alchemy - Playing For Time









(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

残り少ないお盆休みのくつろぎの一曲

サマー・リゾートなサウンドで、お盆休みを堪能して頂こう

ということでお送りしてきた今週のブログ★ラヂオ、

本日は、昨年のこの時期にも登場していますが、やはり夏の

バカンス、リゾートといえば思い出す、ジェナイ(Genai)を

聴いてみたいと思います。曲は、2002年発表のアルバム

レット・ラヴ(Let Love)」に収録の「ホエア・ユー・アー

(Where You Are)」のチョイスです。

おしゃれなポップ・ボッサって感じの一曲、もう完全な

楽園、天国、気持ち良過ぎのナンバーです。

ジェナイは、ジョージ・デュークの弟子といった関係になる

ようなんですけど、サウンド・クリエイターでマルチ・プレイヤー

のオリヴァー・ウェンデルと、ハワイ出身のシンガー、

ジェナイ・K.ジョンストンのデュオからなるグループです。

現在の活動状況は、ちょっと分からなくなってしまったんですけど、

当時は、活動の拠点をハワイにおいていて、その辺からも

この極上の楽園、リゾート・サウンドが生まれてきた理由が

うかがえるってことになりそうです。

まぁ、詳しくはコチラの過去記事、もしくは、コチラ

サイト様をご覧頂ければと思います。

ということで、今週末にはお盆も終わってしまい、今度は

Uターンって方もいるかと思われますが、残り少なくなった

休暇、おくつろぎ下さいといった一曲、ジェナイで、

「ホエア・ユー・アー」です。



Genai - Where You Are






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。