スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レアものUKソウルで夏の心地良し

今週は、暑い夏でも心地良く過ごせそうなグルーヴのR&Bという

ことで音楽をピックアップしてお送りしているブログ★ラヂオに

なりますが、ここのところは、確かに暑いことは暑くて日中はクーラー

が必要だったりしますけど、それでも何やらカラっとしていて、

それほど苦になる暑さって分けでもなく、夜も寝苦しさを感じる

ことはなくて、こういう夏なら結構歓迎というか、今のところ

今年の夏は有り難い感じで送ることができてます。

で、さらにそんな夏を心地良くってことで、本日チョイスの

一曲は、デイジー・ヒックス(Daisy Hicks)の

「Back On My Feet(バック・オン・マイ・フィート)」です。

つってもコレはレアもので、知る人はそうはいないだろうってところ。

私は、所有しているコンピレーションアルバム、「ブラウンシュガー・

レコーズ・プレゼンツ・ソウル・エッセンシャルズ4」に収録されてた

ことで知った一曲です。この「Soul Essentials」っていうコンピの

シリーズは、どれも気持ちのいい曲満載で、かなり良いのですけど、

中でも印象に残っている曲ということで、この「Back On My Feet」を

選んでみました。元々12インチのアナログ盤シングルとしてのみ、

2002年に発売された曲のようで、現在では高値だったり(コチラ)、

収録のコンピレーション(コチラ)も廃盤状態、中古でしか入手できない

状況になってます。なので、今のところ気軽に楽しめるのは、今回

貼らせて頂いているYouTubeしかないっていう一曲です。

デイジー・ヒックスは、イギリスのシンガーで、2000年にデビュー。

UKソウルのシンガーという触れ込みで出ているデビュー盤

ミストレスMistress)」は、好評も得ているようですし、


なんつっても美人です。

(↓ は、そのヴィジュアルも兼ね、今回の「Back On My Feet」は

収録されてないですが、デビュー盤のジャケットです)



ということで、プロデューサーチーム、フル・クルー(Full Crew)の

仕事が冴えた一曲ってことにもなってますが、UKソウルの肌触りも

夏のこの時期には心地良いナンバー、お聴き下さい、

デイジー・ヒックスで、「Back On My Feet」です。



Daisy Hicks - Back On My Feet




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

盛夏の候を心地良いグルーヴで過ごすR&B

それにしても盛夏。2014SUMMERも暑さ絶好調、盛り上がってます。

昨晩は涼しくて助かりましたけどね~、しばらくは、楽に過ごせる日が

続くのかと思いきや、今日もあっという間に30度越えの暑い一日、

やれやれです。

ってことで、また新たな週の始まり、もう7月も終わってしまう週の

幕開けとなってますが、今週のブログ★ラヂオはと申しますと、

そんな盛夏の候でも、心地良いグルーヴで快適に過ごせていけそう、

さらには、夏向けの雰囲気を持ったR&Bといったところからの選曲で

お送りしていこうと思ってます。

本日は、Zhaneと書いてジャネイと読む女性デュオのグループが放った

1993年のヒット、「ヘイ・ミスター・DJ(Hey Mr. DJ)」のピックアップです。

すでに解散してしまっているジャネイ、アルバムを2枚残していて、

その評価以外で有名なのはコレ一曲といった、一発屋の感もあるグループ

ではありますが、90年代R&Bの名曲として今なお人気があり、広く

知られている一曲です。

Michael Wycoff(マイケル・ワイコフ)の「Looking Up To You」が

元ネタというか、カバーに近いですけど、こちらは80年代ブラコン

いったサウンドで、やはり元ネタからして、かなりいい感じの心地良さの

曲となっており、「続きを読む」以降に貼らせて頂いてるので、お聴き

頂ければと思います。

(ジャネイについて詳しくはコチラのサイト様を、さらには、

コチラのサイト様を参照させて頂きました)

ということで、アルバム「ジャネイZhane Pronounced Ja-Nay)」


収録の一曲で、これはもう心地良さの極みといったナンバー、

ジャネイで、「ヘイ・ミスター・DJ」です。



Zhane - Hey Mr. DJ






続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バブリーな時代の青春の「海」

週始めが「海の日」だったことから、今週は「海」に因んだ曲を

ピックアップしてお送りしてきたたブログ★ラヂオ、

本日チョイスの一曲は、角松敏生で、「シー・ライン“リエ”」です。

1987年、J-POPの一時代をになった角松敏生の絶頂期に発表された

アルバム「SEA IS A LADY」収録の一曲です。

もう、アルバムタイトルから想像できる通り、夏向け、さらには、今週の

お題、「海」に因んだ曲ってことでは、このアルバムからは、どの曲を

選んでも良いってことになりそうですが、おそらく一番有名で、JTの

CMに使われたり、シングルカットもされ、もちろんいい曲という

分けで、この「シー・ライン“リエ”」を選んでみました。

にしても、発売からは、もう27年も経っているっていう恐ろしいことに

なってますが、ひょっとしたら若い人達は知らない人もいるのかも

しれないですけど、角松敏生は、基本シンガーとして有名で、作詞作曲を

こなし、プロデューサーとしても名を馳せ、ギターも弾く人で、このアルバム

「SEA IS A LADY」は、全編インストゥルメンタルのナンバーが収録されて

おり、ギタリストとしての一面がフィーチャーされた異色作にもなりますが、

角松敏生のサウンドってことでは、何の違和感もなく受け入れられている

フュージョンな作りの作品になってます。

各曲に女性の名前がサブタイトルとして付けられていているのも特徴に

なってます。(角松敏生について詳しくはコチラのWiki、アルバム

「SEA IS A LADY」についてはコチラをご覧下さい)

まぁ、お父さん、お母さんの「夏」「海」と言えば、といった感じの

あの時代の定番的なサウンドで、ちょっと恥ずかしいようなこそばゆい、

何だか甘酸っぱい青春って感じもあり、今やナツメロの域となってる

分けなんですけど、いやいや、そのカッコ良さはいまだに色褪せてないと

思います。

ということで、角松敏生の歌心溢れるギターと夏の雰囲気、楽しんで

頂けることと思います、良い週末を♪、「シー・ライン“リエ”」です。

(過去に登場の記事はコチラ。やはり夏ということで、併せて楽しんで

もらえると嬉しいです)



角松敏生 - Sea Line“RIE”




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ミニマムアレンジのダンストラックとしゃがれ声がカッコいい最新UKヒット

今週は、先日の「海の日」に因んで、「海」をイメージする

音楽を選んでお送りしているブログ★ラヂオ、本日は、

最新UKチャートを賑わしているミスター・プロブズ(Mr. Probz)

の「Waves(ウェイヴズ)」をピックアップします。

ピーク時は一位にもなった一曲です。

Robin Schulzによるラジオ放送用リミックスバージョンがヒット

していて、いかにも現代風な必要最小限に抑えられたアンサンブル

によるミニマムでクールなサウンドで作られたダンストラック、

そこにミスター・プロブズのしゃがれた渋い歌声の乗る様子が、

実にカッコいい曲になります。

ミスター・プロブズは、オランダ出身のヒップホップ系アーティスト、

ラッパーであり、シンガーソングライターです。

なので、イギリスを中心に活躍するっていうアーティストでも

ない様子で、この「Waves」は、オーストリア・ドイツ・ノルウェー・

スウェーデン・スイスといったヨーロッパ各国でヒットしてます。

(詳しくは、英語になりますがコチラのWikiを)

歌の内容は、彼女の愛を鬱陶しく感じてしまっている男の歌

ってんですかね、その重たい愛を「波」に例えて、その中でもがき

苦しみ溺れてしまいそうだと歌ってます。で、彼女の気配を感じない

時は、水平線の向こうに陸地が見えるようだと歌われていて、これは、

家にいるよりも、やっぱ会社にいる方が楽だよなぁ、っていうお父さんの

心境に近いものがあるかもしれません。(原詞及び訳詞はコチラ

サイト様で、掲載されてます)

とまぁ、それはともかく、そんな結構重たい心境が歌われている

曲の割には、貼らせて頂いているPVのリミックスバージョンの方は、

最先端を思わせる軽快なアレンジが施され、カッコ良かったりもする分け

なんですけどね、でも、ミスター・プロブズ本人的には、歌詞の意味が

反映され本意なのだろうなぁっていうアレンジはオリジナルバージョン

の方だと思われ、それは、「続きを読む」より後に、ライヴ演奏の模様

を貼らせて頂いており、ミスター・プロブズのヴィジュアルもご覧頂けます。

ということで、お聴き下さい、ミスター・プロブズで「Waves」です。



Mr. Probz - Waves (Robin Schulz Remix Radio Edit)

← 何やら別人が歌ってるカバーバージョン



↑ こちらも歌ってる人は違う様子


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ファンタジック・ディスコ・ナンバーで祝う「海の日」

今日は「海の日」、祝日になりますが、更新を続ける

ブログ★ラヂオ、また今週も始まりましたって感じなんですけど、

今週はやはり今日が「海の日」ということでですね、海に因んだ

音楽をピックアップしてお送りしていこうと思ってます。

本日は、ボニーM(Boney M)で「オーシャンズ・オブ・ファンタジー

(Oceans of Fantasy)」のチョイスです。

ロシアン民族音楽風、傑作(?)ディスコソング「怪僧ラスプーチン 」

コチラで聴けます)の大ヒットで有名なボニーM。何やら怪しさの

漂うB級ディスコグループっていう出で立ちなんですが、そのアクの

強さと独特な音楽性で、人気も高かったグループです。後のジンキスカン、

さらには、ユーロ・テクノといった流れに繋がっていく源流みたいな

感じもあると思います。70年代中頃、ドイツで結成されたグループに

なります。(詳しくはコチラWikiを)

本日ピックアップの「オーシャンズ・オブ・ファンタジー」は、

1979年発表の同名アルバム「オーシャンズ・オブ・ファンタジー

Oceans of Fantasy)」のタイトル曲となり、このアルバムからは、

「ガッタ・ゴー・ホーム/エル・ルーテの物語」等のヒットも生まれて

ますが(コチラのサイト様で詳しいです)、この「オーシャンズ~」は

シングルカットはされておらず、ヒット曲という分けではないです。

「聴きたければ、アルバムを買いなさい」ってことだったんでしょうか、

にしても、アルバムタイトル曲の名に恥じない、いい曲だと思います。

ひょっとしたら、いい曲過ぎて、このグループの持ち味である

毒々しい面が半減してしまっていて、シングルとしてはヒットしないと

思ったのかもしれないし、ヒットしたらしたで、違うイメージの

グループになってしまうのを避けたのかなぁなんてことを

想像したりします。

まぁ、「アバ」っぽいと言われてしまえば、それまでですが^^

そんな、「俗」な感じの歌謡ディスコっぽさも多分にある一曲なん

ですけど、休日のくつろぎといったところで楽しんで頂くには、

いい感じかと思い選んでみました。

とりあえず、メロディの良さ、いい曲であることをお分かり頂こう

と思い、キッチュなデザインも素晴らしいジャケットが静止画に

なっているYouTubeを貼らせて頂いてますが、まさに、ボニーM

といった、妖艶で面妖な、そして、タイトル通りのファンタジックな

ライヴ映像は、「続きを読む」より後に貼らせて頂いてるので、

お楽しみ下さい。

ということで、ボニーMで、海の祝日を祝う一曲、

「オーシャンズ・オブ・ファンタジー」です。



Boney M - Oceans of Fantasy






続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏に向け、気持ち良過ぎのエレクロ・ダンス・トラック

さて、今週は、今年もやって来た夏、暑さにやられてしまう前の

最初の内くらいは、意味もなくワクワクとした楽しい雰囲気も

あるということで、暑さに負けずテンション上げて元気に乗り切って

いきましょうといった音楽のピックアップでお送りしてきました。

本日は、シグマ(Sigma)の「Nobody To Love」をピックアップします。

シグマは、イギリス出身、キャメロン・エドワーズ(Cameron Edwards)

とジョー・レンジー(Joe Lenzie)のドラム&ベースのデュオで、

2010年に結成され、2013年、DJ Freshとの共作で発表した

「Lassitude」でデビューを果たしてます。

(詳しくは、英語になりますがコチラのWikiを、下はシグマのヴィジュアル)

シグマ

で、今年2014年6月にリリースされたシングルが、この

「Nobody To Love」で、UKチャートでは、1位となるヒットに

なってます。

と言っても、シグマ、CDすら発売されていませんし、知る人も

少ないと思う、まだまだこれからっていうグループです。

私も正直、YouTubeでたまたま聴いてみたってところなんですけど、

エレクトロ・ダンスって曲調になりますが、とにかく、気持ち良過ぎ

っていうくらい、聴いててひたすら気持ちいいサウンドで、さらには、

テンションもアゲアゲ系、PVもいかにも夏って様子だしってことで

選んでみた次第。

「愛する人が誰もいない」っていう、何やら否定的なタイトルになり

ますけどね、詞の方は、「愛する人がいないのだったら、見つけよう」

っていう、タイトルから思い浮かべる感じとは違う肯定的な内容で、

そういった男女の活動が活発になる夏という季節に向けても、

いい感じかと思います。

(原詞及び訳詞はコチラのサイト様で掲載されてます)

カニエ・ウェストの「Bound 2」(コチラで聴けます)がオリジナルとなり、

ヴォーカルの部分をリミックスしたバージョンとなるものでもあります。

ということで、明日からは3連休になるようですけどね、「海行きてー」

みたいな気分も盛り上がる曲とPVにもなると思います、良い連休を♪、

シグマで、「Nobody To Love」です。



Sigma - Nobody To Love






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ツンデレなカッコいいポップスで盛り上げる夏

毎日暑い日が続きます。今年も夏の訪れとなっていて、

猛暑を生き抜く過酷なサバイバルの始まりって感じもあるんですが、

でも、最初の内くらいは、ワクワクの夏っていう楽しい雰囲気も

あるもので、今週のブログ★ラヂオは、そんな夏の始め、

とりあえず、元気にテンション上げて行ってみようといった

音楽のチョイスでお送りしています。

本日は、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)の「プロブレム

(Problem)」をピックアップします。

洋楽ファンにはすでにお馴染みの一曲となると思う、2014年上半期、

「アナ雪」(コチラ)の次くらいに位置するヒット曲になる分けですが、

私もカッコいい曲だと思うし、聴いてるとテンション上がるし

ってことで、ここでピックアップしておかないでいつピックアップ

するの、「いや、今でしょ!(古)」って感じです^^

今の時点では、アイドル歌手ってポジションになると思われるアメリカの

シンガー、アリアナちゃん、歌手としてのデビューは昨年という新人で、

それまでの女優としての経歴の方が長そうなんですけど、

いやいや、大物シンガーの登場といった風格を備えてると思います。

マライア・キャリーを彷彿とさせる歌声は、「ヤング・マライア」、

「ミニ・マライア」とも評されているようです。

(詳しくはコチラのWikiを、さらに音楽面等も含めて詳しくは、

コチラのサイト様をご覧下さい)

この「プロブレム」は、今年8月に発売予定のセカンドアルバム

マイ・エヴリシング~My Everything)」に収録され、先行シングル

として発表されており、美人白人ラッパーっていうユニークな存在で

人気もあるイギー・アゼリアがフィーチャリングされてます。何でしょう、

サックスのサンプリング、リズムアレンジ、メロと、どこを取っても

カッコ良く、先進的な曲でもあるんですけど、これがポップスの範疇

っていう今の時代、凄いことになってます。

訳詞(原詞はコチラ)は、コチラのサイト様で掲載されてますが、

時にウザいと思う彼氏の存在を問題(Problem)とし、その問題を

排除したいと思いながらも別れることができないという歌で、

これは、「ツンデレ」っていうんですか、そんな女性心理が歌われて

いると思います。

ということで、お聴き下さい、アリアナ・グランデで、

「プロブレム」です。

(さらに、夏ということでは、より夏っぽい、デビューアルバム

ユアーズ・トゥルーリーYours Truly)」に収録されている


「Baby I」を「続きを読む」より後に貼らせて頂いてます。

併せて楽しんでもらうと、よりハッピーになることでしょう^^)



Ariana Grande - Problem ft. Iggy Azalea






続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。