スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

超熱い、ギター&ヴォーカル・ブルース・デュオ

昨日今日と春も近いのかと思わせる少し暖かい日になって

ましたが、ここへきて夜となり、また冷え込んできてます。

そう簡単には、この寒さからは逃れられず、こよみ的にも

冬の季節はまだまだ続くという最中、今週は、音楽くらいは

熱く行ってみようということで、曲を選んで参りました。

まぁ、独断と偏見ってことになってるのかもしれませんが、

ブルージーな音楽が醸し出す熱さが、この時期、芯から

熱くなれるようでハマってると思いチョイスしてきた分け

なんですけどね、本日も、やはりブルース系の曲、それもかなりの

濃さと熱さ、ベス・ハート(Beth Hart)と

ジョー・ボナマッサ(Joe Bonamassa)の共演で、

「I Love You More Than You'll Ever Know」をピックアップ

します。

昨年、20013年発表の二人のコラボアルバム「Seesaw

(シーソー)に収録されていて、元々は、アル・クーパーが、

ブラッド・スウェット&ティアーズ時代に書いた曲、

邦題は、「溢れ出る愛を」と付けれられたもので、

ダニー・ハサウェイの名演カバーでも知られる一曲になります。

で、今回は、そのライヴ映像を貼らせて頂いてるんですけど、

多少音は悪かったりするのですが、これが凄いです。

もう、ジョー・ボナマッサのギター、尋常じゃない弾きっぷり

な分けです。こういうの聴いてると、顔がイーーって感じで引きつって

しまうってもんですが(笑)、前回のマディ・ウォーターズがら、

またいきなり現代へと戻ってきてますけど、脈々と受け継がれる

ブルース魂、もうこうなると過去も現在も関係なくなりますが、

現代のブルース・シーン、大いに盛り上げてもらいたい、第一人者の

ギタリストになります。

(ジョー・ボナマッサについて詳しくは、コチラWikiをご覧下さい。

ココの過去記事では、コチラで登場してます)

ベス・ハート(コチラは英Wiki)は、それほどの知名度はないよう

なんですが、1993年のデビューといいますから、中堅からベテランに

差し掛かろうというところ、ロス・アンジェルスを拠点に活躍し、

自ら作曲も行う、パワー溢れるブルース・ロックのシンガーになります。

映像を見た感じだと、なにやら思い込みの激しそうなタイプって様相、

それでも、長くやってきて、ここへきて、力が抜け、回りが見えてきた

という感じも見受けられ、非常に歌の上手い人なので、さらにキャリア

を重ねれば、大きなブレイクもあるのかもしれません。長くやれる

ジャンルなので、まだまだこれからってことでもあります。

ということで、「I Love You More Than You'll Ever Know」、

「あなたが思ってる以上に私はあなたを愛してる」(以下は、

あし@ユーザーにだけ通用する話しなんですが)、あし@も本日で

終了するのですけど、運営者サイドが思っている以上に、

ユーザーには親しまれていたブログサービスだったんじゃないで

しょうかね~、終了は非常に残念ですが、この曲をそのまま

捧げたいと思います。ベス・ハート&ジョー・ボナマッサで、

「I Love You More Than You'll Ever Know」です。

良い週末を♪

(尚、以後は、FC2ユーザーの訪問履歴と、そして、blogram加入者は、

ログインした後に訪問していただくと履歴が残るので、そちらを辿って、

ブログの方、ご訪問させていただく予定でいます。)



Beth Hart & Joe Bonamassa - I love you more than you'll ever know






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ルーツ・ホット

冬なので仕方のないこととはいえ、毎日寒い日が続く昨今、

今週は、熱い音楽をテーマに更新を続け、お送りしています。

本日は、マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)の登場で、

曲は、「ガット・マイ・モジョ・ワーキング

(I've Got My Mojo Working)」のピックアップです。

前回、デビューしたてのほやほや新人、ザ・ストライプスから、

いきなり、ロックの源泉と言えるマディ・ウォーターズへと遡って

しまうブログ★ラヂオ、ん~、凄い、自画自賛ってところですが、

前回がブルース・ロックと呼ばれるジャンル、で、今回は、

そこへ直接的な影響を与えたブルース、その中でもモダンなタイプの

シカゴ・ブルースと呼ばれるものになります。

マディ・ウォーターズは、1940年代から活動を始めていて、

「シカゴ・ブルースの父」(というかボス)って人で、

エレキ・ギターを使ったバンド・スタイルのブルースを確立した

第一人者として讃えられてます。

(詳しくは、コチラWikiをご覧ください)

そして、私的には、大袈裟に思われてしまうかもですが、

ポピュラーミュージックの全て、ヒップホップといった

現代に至るまでの全ての音楽は、ここから枝分かれして派生した、

バリエーションの数々という風に、聴いてると思えてきたりする

ものなんですよね。

で、この「ガット・マイ・モジョ・ワーキング」、多くの人に

熱い音楽と思ってもらえるかは、ちょっと疑問だったりするのですが、

こういったタイプの音楽を一度熱いと思い、感銘を受けるとですね、

言葉では上手く言い表せないのですが、いろいろな音楽の意味が

感覚的に見えてくるってのが、私の場合ありました。

ロックや黒人音楽はもちろのこと、ジャズも、はたまた、それまで

あまり好きではなかった、カーペンターズのような音楽も、

「あっ、そういうこと」、みたいな感じに思えた分けです。

濃い薄いの違いはあっても、人を感銘させる全てのポピュラー

ミュージックにはこの感覚が内包されてるって感じのもの

なんですけどね~、DNAとか魂とかって部分なのかなぁ、

よく分からないですが。

それは、ブルースっぽい音楽をやってればいい、ってもんでもなく、

そういう部分に憧れるあまり、雰囲気でブルース的なものに

酔ってるだけってのもあって、誤解も多いところなんですが。

で、J-POPなんかだと、逆に、こういう部分を持ち合わせた

新人でも、デビュー時には、制作者側の意向で取り払われてしまい、

結局、面白くないものになってるケースも多々あるように思えて

しまう分けです。

・・・と、なにやら「MOJO」(呪いの魔法をかけた秘薬のようなもの、

原詞対訳が、コチラのサイト様に掲載されてます)にうなされた

ようなことを書いてますが^^、マディ・ウォーターズ、

1956年の作品で代表作の一つ、

「ガット・マイ・モジョ・ワーキング」です。



Muddy Waters - I've Got My Mojo Working





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

寒さ払拭、若人の熱きブルース・ロック

毎日寒い寒いと言いつつ、1月も最終週、この間年明けした

ばっかじゃんって感覚はいまだ鮮明ですが、早くも1ヶ月が

過ぎようとしてます。

って考えると、この寒さももうちょっとの辛抱って気もして

くるのですが、何故かこればかりは、まだまだ当分続くと

思ってしまうのが、人の心理というものなのでしょうね~。

と、心理学的に深く切れ込んだ前置きはこれくらいにして、

さっそく今週のブログ★ラヂオ始めてみたいと思います。

先週は、「冬なので冬の曲」というストレートなテーマでしたが、

今週は、少しヒネってですね、「冬なので熱い曲」っていうテーマ、

まぁ、ひょっとすると、先週よりもさらにストレートという

気もするんですけど^^、そんな感じ行ってみたいと思います。

で、「熱い曲」、取りあえず、思い浮かんだのは、

ブルースを基調に、ロックの熱いビートで奏でられた

バンド・サウンド、いわゆるブルース・ロックというやつですが、

この時期、温度感的にそんな感じが、なかなかハマるかなと思った分けで、

そうなると、私の年齢的にもこのサウンドが全盛だった時代、1960年代~

70年代にかけて活躍の昔のバンドってことになってしまうのですが。

で、本日登場するのは、ザ・ストライプス(The Strypes)。

・・・ん?、それってまるっきり今のバンドじゃん、と突っ込まれた方、

素晴らしい、音楽通であられますね。

そう、昨年、2013年デビューのアイルランド出身のバンドです。

でも、音の方は前述した年代の音そのもの。なんの進化もなければ、

後退もないという、実にまんまの当時の音で、じゃあ、そんな音を

奏でる今のバンドのヴィジュアルは、やっぱりオッサン?、

頭は禿げてれば、お腹は出てるなんてのも想像したりする分けですが、

これが、見てビックリですよ。子供です(笑)

平均年齢は16才ということなんだそうですが、ん~、困ったもんです。

だって、今じゃある程度のステータス感もあり、オジさんが喜んで聴く、

昔はこんなカッコいい音楽があったんだぜ、みたいな音楽をですよ、

こんな子供達にあっさり演奏されてる分けですから。しかも本格的に。

まぁ、いろんな意味で熱かったりする分けです。

ポール・ウェラーあたりも高く評価しているようで、注目の新人バンド

として騒がれており、感覚的にも時代の旬(どんな時代だ?)、

結構尖ったところで音楽を聴いているリスナーに受け入れられ

聴かれていて、天才集団みたいなことにもなってるようです。

ただ、思い切って私の感じたところを言わせてもらうと、

こりゃひょっとして、どこぞの音楽スクールの優等生の集まりみたいな。

昔は、不良っぽさが売りのブルース・ロックでしたが、今じゃ、

結構形骸化されてしまっていて学びの対象みたいなことにも

なっているのではと。

で、戦略的に組まれたバンド、一般の友達どうしが集まって組まれた

バンドとは違うような感じを、若いのにもかかわらず、このお手本とも

言えるような、端正(?)な演奏から受けてしまいました。

まぁ、そうじゃないと信じられない、本格的な、まるで

ベテラン・バンドのようなサウンドということでもあります。

ということで、ザ・ストライプス、日本のみ発売となった

デビューEPのタイトル曲で、アルバム「スナップショット

Snapshot)」収録の一曲、「ブルー・カラー・ジェーン

(Blue Collar Jane)」です。

(ザ・ストライプスについて詳しくはコチラ、若しくは、

コチラの公式サイトをどうぞ)



このヴィジュアルでこのサウンドというのが、PVだけでは、

信じられない方は、コチラのライヴ映像をどうぞ。

当然のことながら、本当に演奏してます。

The Strypes - Blue Collar Jane






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ボーナストラックでもグレート

今週は、冬なので冬の曲、まぁ、寒いなりにも、この時期が

盛り上がるような音楽を聴きつつ、楽しみを見出していこう

ということでお送りして参りました。

本日は、キャロル・キング(Carole King)で

「アウト・イン・ザ・コールド(Out In The Cold)」の

ピックアップです。

1971年発表のモンスター級大ヒットとなったアルバム

つづれおりTapestry)」収録の一曲、というか、当初、

収録予定として録音はされていたものの、ボツとなり、

LP盤レコードには収録されておらず、未発表曲となっていた

ものをCDとして再発された時に、ボーナス・トラックとして

追加され、めでたく日の目を見た一曲になります。

ってか、この曲がボツになってしまうというのも凄い話しで、

どんだけ才能のある人なんだと思ってしまう分けですが、

コチラのサイト様を見ると、「つづれおり」のために書かれた

曲より早い時期に書かれていて、他の曲と趣が異なっていたり、

当時のLP盤は、12曲がお決まりだったというのがその理由に

なるようです。

にしても、いい曲で、彼女のシンガーソングライターとしての

素晴らしさを再確認させられる一曲になります。

(キャロル・キングについて詳しくは、コチラのWikiをどうぞ)

歌詞は、コチラに掲載されていて、細かいところまでは、

分からないのですが、恋愛の機微について歌われた後に、

私の話から学んでちょうだい、さもなければ、

「You just might get a left now out in the cold」

あなたは、寒い外へと出ていくことになるわよ、といった

何やら脅迫めいた感じでしょうか^^。そして、最後は、

「Don't let yourself get left now out in the cold」

寒い外へと行くことはないようにしてね。と締められてます。

まぁ、何が言いたかったのかと言えば、外は寒いという設定

なので、これは、やはり、冬の一曲になるってこと

なんですけどね。

ということで、冬はやはり暖かい部屋の中にかぎりますかね^^、

良い週末を♪、キャロル・キングで、

「アウト・イン・ザ・コールド」です。



Carole King - Out In The Cold




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アイス・ワールド・ファンク

とにかく寒いこの時期、もう、寒いのは仕方のないこととして

受け入れ、冬には、冬の曲を聴きつつ、冬ならではの楽しみを

見出していこうということで始めた今週のブログ★ラヂオ、

まぁ、この時期、冬をテーマにというのも、あまりにもなので、

そう言ってるだけという感もありますが・・・^^、

早速、本日の一曲行ってみたいと思います。

井上陽水の「氷の世界」なんですけどね。

前回に引き続き、ココでは、あまり取り上げないタイプの曲、

しかも、邦楽になりますが、スガシカオとのコラボ・ライヴの

映像を見つけ、これは凄い!と思ってしまったので、ピックアップ

させて頂くことにしました。

で、まぁ、最近の邦楽シーンなのですが、何でしょう、

私の印象では、AKB48の登場で、全てが焼き払われてしまった感じ、

焼け野原状態のように思えるんですよね。それまでは、ロックやR&B

といったジャンルの音楽が巷には溢れていて、アーティストと呼ばれる

人達が輝きを放っていた分けですが、今では皆、息を潜めてしまった

様子、まぁ、根付くことはなかったってことなんでしょうかね、

AKB以前にもてはやされていた音楽は、これまでの邦楽シーン同様、

懐かしのメロディとして、語り継がれるだけになってしまっている

ように思われます。それ程までに、AKBの登場というのは、

この国のポップスシーンにおいて、パンキッシュな出来事だったんじゃ

ないでしょうか。

で、そんな焼け野原状態のポップスシーンではありますが、

生き残り芽を出して欲しいのは、こんな音楽って感じで、この

「氷の世界」の演奏を選んでるってことでもあります。

(オジさん的にですけど。実際に若い人達が、AKB以外の音楽を

聴くとして、何を聴いてるかってのは、分からないのですけどね^^)

ここでは、かなりの本格ファンクといった感じにアレンジを変えて

「氷の世界」が演奏されてます。元々ファンキーな味付けの曲では

あるのですが、井上陽水の長いキャリアの中でも、ここまで、強力な

ファンクの演奏というのを経験することはなかったんじゃないでしょうか、

若干乗れてない感じはあるんですけど、でも、この対応力はやはり凄い、

ハーモニカの演奏はバッチリです。

昔から、フュージョンバンドを始めファンクな演奏をするバンドは

ありましたが、技術的には凄くても、どこか線が細いというか、

何か違うってのがあり、ここまで、ゴリゴリとファンクを演奏をする

若い人達の演奏力の向上というのも素晴らしいと思いました。

でありつつ、何と言っても、陽水の日本オリジルといった感じが

素晴らしい分けです。最後の噛み合わない会話も(笑)

昔ながらのファンは、ひょっとしたら眉をひそめるかもですが。

「氷の世界」は、1973年に発売された同名アルバムのタイトル曲で、

それこそ当時はバカ売れしていた記憶があって、邦楽ファンにも

アルバム重視の作風があるっていうのを最初に印象づけた

作品だったように思います。

ということで、スガシカオ&井上陽水で、冬の一曲、

毎日吹雪吹雪「氷の世界」です。



スガシカオ×井上陽水 - 氷の世界



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

決して後悔しない冬ソング

何やら毎日寒い日が続きますが、今日は大寒。

一年で一番寒い時期を向かえてますけどね、まぁ、この時期に

寒くないのもまずいってのはあるでしょうし、耐え抜くことで、

より輝かしい春の訪れを待つって心境が良いと思います。

でも、できれば、冬眠していたいだとか、南の島に行って

暮らしたいなんてことが頭をよぎる今日この頃ではあります^^

ってことで、今週も始まりました。今週のブログ★ラヂオは、

やはりこの時期には、この時期の音楽をということで、

「冬」をテーマに音楽を選び、この寒さを受け入れつつですね、

そんな中にも楽しみを見出していくって感じの選曲で

お送りしていこうと思ってます。

で、本日ピックアップするのは、「ある愛の詩

(Where Do I Begin) Love Story」という、ココではかなり珍しい

タイプの超ポップな一曲で、大ワザを振るってみる分け

なんですけど^^、最近この曲を何かの拍子に耳にすることがあり、

何となく冬のイメージの曲と思いYouTubeで見てみると、やはり、

この曲は、同名映画のテーマ曲、冒頭からすぐに雪のあるシーンへと

切り替わる映像が映し出されていて、これは、冬のボストンを舞台に

撮られた恋愛映画になります。いや、すっかり忘れてましたが、

何となく冬のイメージがしたのは、この映画を、おそらく

テレビで観たことがあるからなんだと思います。さらには、白血病と

いうキーワードも直ぐに思い浮かび、コチラのWikiであらすじを読むと

やはりそうで、まぁ、定番といった感もあるストーリーの恋愛映画に

なります。1970年公開の映画となり、「愛とは決して後悔しないこと」

っていう決め台詞でも有名だったりします。

で、その映画にもまして有名なのがこの曲、「ある愛の詩」で、

フランシス・レイによって作曲され、アカデミー作曲賞を

受賞してます。因みに、フランシス・レイの冬を思い浮かべる

曲は他に、「白い恋人たち」っていう、さらによく知られたのが

ありますが、この曲だとあまりにもですねぇ、そのまんま冬って

ことで、今回は、見送らせてもらいました。

(というか、今年は冬季五輪の年で、その開催時期には、取り上げて

しまうかもですが^^)

歌っているのはアンディ・ウィリアムス。主に1960年代から

70年代初頭にかけて活躍したポップシンガーで、音楽番組の司会者

としても有名、で、なんといっても一番知られているのは、

「ゴッドファーザー愛のテーマ」ではと思います。

(詳しくはコチラWiki)を。

でも、このアンディ・ウィリアムスのバージョンは、調べてみましたが、

実際に映画で使われていたのかは明らかにならなくて、他に

フラシス・レイのインストルメンタル・バージョンがあり、

サウンドトラック盤には、こちらが収録されているようです

コチラで聴けます)。

で、よくヒットしたのは、このアンディ・ウィリアムスの歌入り

バージョンの方になります。(詳しくはコチラのWikiを)

と、まぁ、何だかややこしい感じになってますが^^;、

とにかく、メロが素晴らしく、有無をも言わせない名曲ってことでの

チョイスになります、お聴きください、

アンディ・ウィリアムスで、「ある愛の詩」です。

(原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されてます)



Andy Williams - (Where Do I Begin) Love Story





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

遅ればせながら目覚めの一曲

さて、今週は、新年事始めといことでやらせて頂きました。

また一年、こんな感じで続けていくので、よろしくってところですが、

本日ピックアップするのは、「ウェイク・アップ・エヴリバディ

(Wake Up Everybody)」。まぁ、すでに皆さん、バリバリと

それぞれの業務に取り組まれてると思うので、「Everybody」の

部分は余計かもしれませんが、このブログ的には、「Wake Up」

ということで、新年始動のさらにダメを押していきたいと思うところ

での選曲になります。

オリジナルは、ハロルド・メルヴィン&ブルーノーツで、

テディ・ペンダーグラスの歌とシャウトが素晴らしいものなのですが

コチラで聴けます、1975年リリース)、さらに、現代的なアレンジが

施され、オリジナルの素晴らしさもそのままにカバーされたバージョン、

ジョン・レジェンド&ザ・ルーツ(John Legend & The Roots)の

歌と演奏のチョイスで行ってみます。さらに、女性R&Bシンガー

のメラニー・フィオナ、ラッパーのコモンがフィーチャリングされてます。

ザ・ルーツ(詳しくは、過去記事のコチラを)は、ヒップホップを

バンド演奏で聴かせるのが特徴の、私は好きなバンドですけどね、

この「ウェイク・アップ・エヴリバディ」という曲、原詞対訳が

コチラのサイト様に掲載されてますけど、人々を鼓舞する

メッセージ・ソングになっており、気持ちのこもった演奏を

聴かせる彼等らしい選曲のカバーになります。

2010年発表のアルバム「ウェイク・アップ!Wake Up!)」に

収録されてます。

ジョン・レジェンドは、知的なR&Bシンガーってイメージ

ですかね、ピアノも演奏するソングライターでもあり、

いわゆるカッコいいってタイプにもなりますか、グラミー賞の

受賞経験もあり多くの人に知られる人です。歌い振りは、

テディ・ペンダーグラスに影響を受けたものだと思います。

(詳しくは、コチラWikiを)

ということで、鼓舞されつつも、まったり感もあり、

いい感じの週末を送れそうな一曲にもなる、

ジョン・レジェンド&ザ・ルーツで、

「ウェイク・アップ・エヴリバディ」です。



John Legend & the Roots - Wake Up Everybody
(Feat. Common & Melanie Fiona)






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。