スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アイデア勝負の引き算アート

今週末は3連休になりますが、そこに絡む祝日が「文化の日」、

さらには、「芸術の秋」ということで、今週は、アートな

雰囲気を持った音楽のピックアップでお送りしている

ブログ★ラヂオになります。

本日は、The xx(以下XX、ザ・エックスエック、多分普通の

発音では、ジ・エックスエックス)の「エンジェルズ

(Angels)」をチョイスして参ります。

2012年発表のセカンドアルバム「コエグジストCoexist)」に

収録され、リードシングルとなった一曲で、アルバム共々ヒット

していて、特にアルバムは、全英で1位、全米で5位の大ヒットに

なってます。

前回のポップなゴティエとは、うって変わって、このイギリスのバンド

XXは、まさに、アートといった様相、ポップからはかなり遠い

ところに位置するサウンドで、これが大ヒットしてしまう今の時代

というのは、「???」状態に思えてしまう分けですが、引き算の

アートとでも言いましょうか、絵画に例えれば、水墨画のような

ミニマルといった音作りがなされてます。

本人達は、インタビューで、楽器を弾きこなすことが出来なかったし、

声量のある歌い手でもなかったので、ヴォーカルを引き立たせるためにも、

結果的にこのようなサウンドになったと述べてますけどね、

アイデアの勝利にもなるものと思われます。

もちろん、今の時代の空気が反映されているので、ヒットに結びついたと

言える分けですが、ただ、突然変異のごとく、今になって

この音が生まれてきたかと言うと、過去には、コチラで取り上げている

ジャパンとかブライアン・イーノ、若しくは、先日お亡くなりになった、

ルー・リード(コチラで登場しています)に代表されるような一連の

ニューヨークのアンダーグラウンドシーンのアーティストも、このような

サウンドを模索していて、まぁ、決して大ヒットに結びつくことは

なかったにしても、アイデアとしては、あったように思います。

今の時代になって、花開いたってことになるかもしれません。

にしても、この手のサウンド指向の人は、皆、つぶやき系、

ささやき系のヴォーカルスタイルだったりしますが^^

(XXについて詳しくは、コチラWikiをご覧下さい、さらに詳しくは

コチラをどうぞ)

ということで、今回は臨場感あるXXのライヴ映像を貼らせて頂いて

ますけどね、お聴き下さい、XXで、「エンジェルズ」です。



スタジオ録音のPVはコチラ、日本語字幕付きはコチラをどうぞ。

The xx - Angels






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

本年度グラミー受賞のアート系

先週は、雨、台風にたたられた一週間となってしまいましたが、

今週はうって変わって良い天気の続く様相、気持ちの良い

週のスタートになってます。ということで、また今週も始まり、

新たなお題で綴っていくブログ★ラヂオ、今週は、週末に3連休が

控えていて、祝日は「文化の日」になるんですけど、そんなところにも

因んで、芸術の秋、アートを感じる音楽ということで、曲を

ピックアップしていこうと思ってます。

本日は、ゴティエ(Gotye)の「Somebody That I Used To Know」、

邦題は、「失恋サムバディ」をチョイスです。

2011年から12年にかけて世界中で大ヒットした一曲、

今年のグラーミーでは、最優秀レコード賞を含む主要3部門受賞の

栄冠に輝いてます。ホント、額面通り、ポップな一曲になりますが、

これほど、ポップな曲をアートという流れで、ピックアップして

よいものかと迷うところではあるんけどね。アートって言うからには、

やっぱ世間離れした小難しい感じがないとちょっと盛り上がらない

ってのがあったりして、でも、何がアートかって、PVがアートです。

絵画的で、実に不思議な雰囲気を醸し出してます。

ただ、これも、イケメンだから成立していると言われてしまえば、

それまでという気もするんですけど・・・^^。たとえば、日本で、

福山雅治がこれをやってたらウケただろうなぁと思いますが、

はたして、それを自信を持って「これはアートだ」と言えるか

どうかというのは、疑問に思うところではあります^^

でも、まぁ、雰囲気的には、確実にアートといった感じがあるもの

ですし、アートな雰囲気があったからこそ売れたというのは、間違いの

ないところ、取りあえず、アートを感じる音楽の一発目としては

良いのではと思った次第、本年度グラミー賞受賞記念

ってのもありますし^^

ゴティエは、ベルギー生まれで、主にオーストラリアで活躍する

シンガーソングライターっていう、世界でヒットを放った人としては、

変わった経歴。この「Somebody That I Used To Know」は、3作目の

アルバム「メイキング・ミラーズMaking Mirrors)」収録の

一曲です(詳しくはコチラWikiを、原詞対訳はコチラのサイト様で掲載

されてます)。キンブラ(詳しくはコチラ)というニュージーランドの

女性シンガーソングライターがフィーチャリングされてます。

ということで、声はスティング似ってことになりますかね、

ゴティエで、「Somebody That I Used To Know」です。



Gotye - Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra)






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

一世を風靡したカリスマの秋メロウ

何だか秋の長雨の様相、時期的には遅いように思うんですけど、

暑い日が長く続いたせいでしょうか、今にずれこんでるってことに

なるのかな、はっきりしない天気が続いてますが、さらには、

台風も接近中、被害を出すことなく、早く去って行って欲しいと

願う今日この頃、音楽の方は、切なくも美しい秋の雰囲気、題して

「秋のR&Bメロウ・グルーヴ」ということで、今週はお送りしてきた

ブログ★ラヂオになります。

本日は、ローリン・ヒル(Lauryn Hill)の「エックス-ファクター

(Ex-Factor)」をピックアップです。

1998年発表の当時売れに売れたアルバム「ミスエデュケーション

The Miseducation of Lauryn Hill)」に収録されている一曲です。

日本でもかなりのヒットとなったアルバムで、確かに今聴いても

素晴らしいってことになりますが、でも、これ、そんなにポップじゃ

ないですよ。何故にこれほど売れたのかは、私的には疑問に思うんです

けど、例えば、アデルとか、それほどポップでもない人がいきなり

爆発的に売れてしまうっていうのは、たまに起こります。

そんなローリン・ヒル、このアルバムで、グラミー賞5部門を制する

離れ業もやってのけてますが、元々はフージーズのメンバーとして

デビュー、このグループでブレイクも果たしていて、ソロに転向後

最初に発表されたアルバムが、この「ミスエデュケーション」です。

アメリカのR&Bシンガーでありラッパーになります。

確か、R&Bってジャンル、今でも違和感を覚える人多いかも

しれませんが、昔使っていたR&Bっていうのとは違う意味として

定着したのが、このアルバムが売れてから以降になると思います。

ヒップホップが隆盛となり、シーン全体に大きな影響を及ぼした分け

ですけど、それ以降のブラック・ミュージックは、R&Bと呼ばれる

ようになったと私は理解してるんですけどね、まさに、この

「ミスエデュケーション」では、それまでのソウル・ミュージックと

ヒップホップが高い次元で見事な融合を果たした完成形といった感じに

なっていて、そういった意味でも歴史的名盤になるかと思います。

って感じのローリン・ヒル、カリスマの称号を与えられるに相応しい

才気溢れるシンガーっていうのは、私もまったく異論のないところ、

ただ、こういった天才肌の人には往々にして起こることで、

上を目指してバリバリやっている時には凄いことを成し遂げるんですが、

一度登り詰めてしまうと、その完璧主義が裏目に出るんですかね~、

このアルバムのヒット以降は、弾き語りという別の角度から制作された

MTVアンプラグド」というライヴアルバムを残しているだけで、

スタジオアルバムは発表されておらず、やはり、前作を超えなくては

というプレッシャーは、かなりなものになるように思います。

今もっとも新作が待ちわびわれるアーティストの一人でもあります。

ライヴや、他のミュージシャンとのコラボは行われていて、今でも

現役バリバリではあるのですけどね。でも、最近では、脱税の容疑で

服役なんていう、やはり、天才らしい(?)波瀾万丈な人生を

送られてます。(まぁ、この脱税に関しては、単にセコイってこと

じゃなく、コチラのサイト様では、恐ろしいことも推察されてます。

ローリン・ヒルについて詳しくは、コチラWikiをご覧下さい)

ということで、サンプリング元がWu-Tang Clanの

「Can It Be All So Simple」(コチラ)、原詞対訳はコチラ

サイト様で掲載されてますが、極上まったりな秋のメロウって感じに

なりますか^^、ローリン・ヒルで、「エックス-ファクター」です。

良い週末を♪



Lauryn Hill - Ex-Factor






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

爽やかソウルフルなミクスチャー

分厚い雲に覆われた一日、台風も接近中ということで、

なかなかすっきりとした気分になれない秋の日が続いておりますが、

今週は、「秋のR&Bメロウ・グルーヴ」と題してお送り

しているブログ★ラヂオ、本日は、LSKの「ルーツ(Roots)」を

ピックアップして、爽やかな秋風が吹き抜ける様な気分を

ご堪能頂こうと思います。

リー・スティーヴン・ケニー(Leigh Stephen Kenny)、

通称LSKというイギリス出身のアーティストの2000年に

リリースされたデビューアルバム「LSK(英題:Mosaic)」に

収録された一曲です。

まぁ、「これってR&Bか~?」、というツッコミは大いに

受けざるを得ないでしょうけどねぇ。LSKは、ロック、レゲエ、

ヒップホップ、ソウル、ジャズなどをミクスチュアした音楽をやる人で、

確かに、R&Bと言うにはアレなんですけど、でも、この流麗な

ストリングスのアレンジは、間違いなく70'sメロウ・グルーヴの

フィリー・ソウルといった感じであり、さらには、現代的な感覚が

グッドな分けです。

この「ルーツ」は「the fruits of many (roots)」という副題が

付いてますが、「沢山のルーツで実った果実」という意味になり、

母親が混血で、さらに混血となったLSKのパーソナルな

メッセージが歌われてます。

当時、日本では流行った曲なんですけどね、日本限定で流行った

という感じは否めなくて、ググってみましたが、アメリカ、又は

諸外国はおろか、本国イギリスでさえヒットしたという形跡は

見当たりませんでした。

「21世紀の大物アーティストを約束されたLSK」みたいな大仰な

コピーが目立ったりして、日本では、レコード会社(ソニー)の

強力なプッシュがあったようにも見受けられます。(そんな感じの

ノリで、LSKについては、コチラに詳しく書かれてます)

で、まぁ、そんな謳い文句につられてか、私も当時アルバムを購入

しましたけどね(笑)、いや、悪くはないです。他では聴けない、

この人ならではの独特の雰囲気の心地良さで全編貫かれていて、

なかなかの良い出来、ただ、いろいろな音楽のミクスチャーで

作られてるアルバムという割には、芸の幅は狭いかなっていう

印象は持ったりもします。

この後、アルバム1枚発表し、現在も音楽活動は続けているよう

なんですけど、表舞台での活躍からは遠ざかってます。

でもでも、しかしです、この「ルーツ」は、やはり出色の出来。

時代を印象深く彩った曲、なおかつ、今聴いても新鮮に響きます。

ということで、LSKの爽やか秋のメロウ・グルーヴな一曲で、

「ルーツ」です。



LSK - Roots (the fruits of many)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

秋のR&Bメロウ・グルーヴ

さて、10月も後半に入り、秋もジワリと深まりを見せてますが、

また今週も始まりました。これで、最近頻発している台風さえ

来なければ、いい感じの秋の陽気なんでしょうけどね、またもや発生し

こちらに向かって来ている様子、被害を残して去っていくのは、

もちろん困りますし、さらには、今年の日本の美しい秋といった

様子を堪能できる期間も短くなってしまうように思います。

何だかそうこうしている内に直ぐに冬になってしまいそうです。

でも、まぁ、ココ、ブログ★ラヂオでは、バリバリと秋の風情で

音楽をアップしていこうと思ってますけどね、楽しんで頂ければ

幸いといったところで、今週のテーマはと申しますと、

「秋のR&Bメロウ・グルーヴ」といった感じの楽曲で

お送りしていこうと思ってます。

本日は、ブラウンストーン(Brownstone)の

「イフ・ユー・ラヴ・ミー(If You Love Me)」をチョイスです。

1990年代に活躍したアメリカの3人組女性コーラス・グループ、

ブラウンストーン、当時は、TLCやら、最近ココでも登場した

SWVとか、女性コーラス・グループ花盛りの時代でもありましたが、

その中では、特に重厚なゴスペル風のコーラス・ワークの光る

本格実力派のソウルということで、本国アメリカでは人気のあった

グループになります。日本ではイマイチ成功には至らなかった

ようですけどね。この「イフ・ユー・ラヴ・ミー」もそんな特徴が

いかんなく発揮された一曲で、1994年にデビュー・シングルとして、

マイケル・ジャクソン主催のレーベル、MJJ Musicから発表されてます。

ゴードン・チェンバースによって書かれていて、90年代R&Bの

名曲という呼び声も高いです。翌年発表のアルバム

フロム・ザ・ボトム・アップFrom the Bottom Up)」に

収録されてます。その後、メンバーチェンジののちにアルバムを

1枚発表してますが、活動を休止、再結成の噂はあるものの、

アルバムは発表されないまま現在に至ってます。

(詳しくはコチラのサイト様をご覧ください)

ということで、憂いの美しいメロに、綺麗で心地の良いコーラスワーク、

なかなかの秋の抒情なのではと思われるブラウンストーンで、

「イフ・ユー・ラヴ・ミー」です。お聴き下さい。



他にアカペラで歌うPVがあります。コチラでどうぞ。

Brownstone - If you love me





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

胸キュン、キュートな秋のしみじみ長閑

今週は、実りや収穫の秋ということからイメージされる

田舎風の長閑な音楽でお送りしてきたブログ★ラヂオ、

甚大な被害をもたらした大型台風の襲来と、大きな出来事も

あった一週間でしたし、気温の方は、日一日と下降傾向、

いよいよ秋の深まりを感じるといったところ、また週末を

迎えることになってます。

本日は、田舎風長閑な曲でありながら、そんな秋の深まりを

しみじみと感じさせる一曲、ヴァレリー・カーター

(Valerie Carter)の「ラヴ・ニーズ・ア・ハート

(Love Needs a Heart)」をピックアップします。

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)とのデュオで歌われて

ますけどね、元々、ジャクソン・ブラウンの作品(コチラ

聴けます)で、リトル・フィートのロウェル・ジョージと

共作されてます。もちろん多くの人が知るところの有名

シンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンになりますが、

何故か私はこの人の歌にピンと来たという経験がなく、

オリジナルを聴いてもイマイチ盛り上がれなかったりするの

ですけど(スミマセン^^)、ただ、このヴァレリー・カーターの

バージョンは、素晴らしいです。彼女が歌うことによってとたんに

名曲に変身している印象、それだけ、この人の歌には力が

あるように思えますし、歌声は、キュートだったりするところに、

キュンとしてしまいます。

で、そのヴァレリー・カーター、1970年代に2枚のソロアルバムを

発表し、大ヒットという分けではないですか、いまだに名盤との

評価も高く根強いファンを持つ人で、その後は、沈黙を続ける

ことになるのですが、1990年に復活、「ザ・ウェイ・イット・イズ

Way It Is)」を発表し、この「ラヴ・ニーズ・ア・ハート」は

そのアルバムに収録された一曲になります。詳しくは、コチラ

または、コチラのサイト様をご覧頂ければと思います。(で、そこに

書かれていることによると、以前コチラでピックアップした、

スティーヴ・ウィンウッドの「Valerie」は、彼女のことを歌ったもの

だったんですね、知りませんでした^^)

ということで、ヴァレリー・カーターで、

「ラヴ・ニーズ・ア・ハート」です、長閑な週末を♪



Valerie Carter & Jackson Browne - Love Needs a Heart




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ビー・ガールもハッピー、長閑

何故かこの時期になって、台風が頻発していますが、今回は

大型台風ということで、こちらでも今日の未明から朝方に

かけては、かなり風雨が強くなっていて恐かったです。

大きな被害に遭われた地方もあるとのこと、被害に遭われた

方々へは、お見舞い申し上げます。

で、今週は、実りや収穫の秋ということで、長閑な田舎のイメージ

の音楽でお送りしているブログ★ラヂオになりますが、

想定外の台風に、文字通り水を差されたことにもなってますけどね、

台風一過、天気の方は回復してきていますし、田舎風長閑な

音楽のチョイス、続けさせて頂くことにしたいと思います。

本日は、ブラインド・メロン(Blind Melon)の「ノー・レイン

(No Rain)」をピックアップします。

1992年発表のバンド名を冠したデビューアルバム

ブラインド・メロンBlind Melon)」に収録されヒットした一曲です。

ブラインド・メロンは、看板だったヴォーカルのシャノン・フーンが

コカインの過剰摂取のため1995年に亡くなられてしまったため、

アルバムを2枚を発表しただけで、活動停止を余儀なくされてしまい、

一部では、高い音楽性を持ったハードロックバンドと評価は高い

ものの、その名はあまり知られることのない存在になってます。

今でも、新しいヴォーカルを迎え活動は続けてるようなんですけどね。

で、この「ノー・レイン」という曲、基本ロックなテイストを持つ

良い曲といったところではありますが、今週のお題通りの長閑な

ナンバー、さらには、貼らせて頂いたPVも良くて、前回からの

ミツバチつながりにもなりますが、この少女、「ビー・ガール

(Bee Girl)」と言うそうなんですけど、最後はハッピーになれて

良かったねっていう優しくほのぼのとした感じです。

歌詞は、この「ビー・ガール」のように、皆から理解される

ことのない孤独な心境が歌われています。

(原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されてます。

ブラインド・メロンについて詳しくはコチラWikiをご覧ください)

ということで、ブラインド・メロンで、「ノー・レイン」です。



Blind Melon - No Rain





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。