スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

パーカッショニストの楽園サウンド

さて、週が明けての月曜、また今週も始まりました。

というか、今日はまだゴールデンウィーク前半の休日という

ことで、週が明けたという感じでもないのでしょうけど、

一応GW前半部は今日で終了、明日からはまたしばらく仕事や

学校という人も多いかと思いますけどね、ふとカレンダーを

見ると4月も明日で終わり、今年4月最後のブログの更新と

なりますか、早いものです。

ってことで、今週のブログ★ラヂオと相なる分けですが、

明日からしばらくは通常に戻るとは言え、まだまだGWの只中

でもありますし、今週は、「休日のくつろぎ、リゾート」といった

風体で、お送りしていこうと思ってます。

本日は、パウリーニョ・ダ・コスタ(Paulinho Da Costa)の

1979年発表の作品「Happy People」から

「シーイング・イズ・ビリーヴィング(Seeing Is Believing)」

をピックアップして参ります。

パウリーニョ・ダ・コスタは、一時期、この人の名前が表記されて

ないアルバムはないくらい、フュージョンやAORのアルバムには

ゲスト参加しまくっていたパーカッション奏者になりまけどね、

まぁ、そう言ってしまうとちょっと大袈裟な感じもあるんですけど、

あと、ラルフ・マクドナルドという人もいましたが、この二人で、

ほとんど、その種のアルバムのパーカッションはカバーされていた

ように思われ、ファンの間では誰もが知る名前になります。

とにかく、パーカッショニストのリーダー作ということでですね、

それだけでも、リゾートや楽園といった感じがしてくるのでは

と思います。

ヴォーカルには、ビル・チャンプリンがフィーチャリングされてます。

シカゴにも在籍していたことのある人で、AORの世界では、名の

知られたシンガー、ここでは、スキャット部分とか、なかなか

熱のこもった歌い振りだったり、いい感じで歌われてます。

ココでは、以前EW&Fとの共演した「After The Love Has Gone」で

登場してますけどね、その映像はコチラでご覧頂けます

ということで、パウリーニョ・ダ・コスタ feat. ビル・チャンプリン

で、「シーイング・イズ・ビリーヴィング」です。



Paulinho Da Costa feat. Bill Champlin - Seeing Is Believing

右アルバムは、オススメ、コンピレーション


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サンバで疾走GW

さて、先週今週と長々とGW特集、行楽へのドライブの

お供といったBGMサウンド集、お送りして参りました。

今週は、そのインストゥルメンタル編ということでしたけどね、

いよいよ明日からは、ゴールデンな連休のスタート、

まぁ、来週一週間、丸々休みが取れる人はそうはいないと

思うのですけど、その前半戦ということになるかと思います。

有意義に過ごされることを願うばかりですけど、

ダラダラと過ごし、ひたすら疲れを取るのに専念するというのも

それはそれでアリだと思うし、その際は、ココ、ブログ★ラヂオで、

音楽三昧してみるのも良いのではと思います(笑)

ってことで、本日のGWのBGM、インスト編行ってみたいと

思いますが、ジョージ・ムリバス(George Muribus)の

「ブラジリアン・タペストリー(Brazilian Tapestry)」

をピックアップして参ります。

とは言っても、コレ知る人は、そうはいないと思うんですが、

私も、たまたま所有している、カタリストという、主に

ジャズ/フュージョンを取り扱った、アメリカ西海岸、

サンフランシスコのレーコード・レーベルの

コンピレーションCD、「カタリスト・オブ・グルーヴ

に収録されていたことで知ったということになり、元々は、

ジョージ・ムリバス、1976年作のアルバム

ブラジリアン・タペストリー(Brazilian Tapestry)」

収録の表題曲になります。

まぁ、私も良くは知らないということで、ググってみましたが、

このアルバム自体は、割と知られているものらしく、

ズラズラーっと検索に引っかかってきて、どうやら隠れた

名盤ということにもなるようです。

で、この「ブラジリアン・タペストリー」という曲、

デオダートの作になり、1971年作のアストラッド・ジルベルト

With Stanley Turrentine」に収録されていたりもしますが

コチラで聴けます)、こちらが、初演、オリジナルになるの

かなぁ?、その辺はちょっと分からなかったです。

まぁ、とにかく、今回のジョージ・ムリバス版

「ブラジリアン・タペストリー」は、サンバのリズムと、

全体を通しての疾走感が何よりも心地良く、そして、テーマと

ソロの間、また、サックスのソロとエレピのソロの間に入る

ブレークの部分が、すこぶるカッコいい、ガツンと持ってかれて

しまう感じで、たまらなく良いです。

ジョージ・ムリバスは元アステカのメンバーとしても知られている

ジャズキーボード奏者になります。

ということで、良いゴールデンウィーク(前半)を♪、

ジョージ・ムリバスで「ブラジリアン・タペストリー」です。



George Muribus - Brazilian Tapestry



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

GW、スピリチュアルなドライブで越境

先週よりココ、ブログ★ラヂオでお送りしているGW特集、

そのインスト編ということで、今週は、行楽へのドライブの

BGMに合いそうなインストゥルメンタルなナンバーを

チョイスしてお送りしています。

本日は、ロニー・リストン・スミス(Lonnie Liston Smith)の

「エクスパンションズ(Expansions)」をピックアップです。

邦題は「越境」と付けられていて、境を越えてどこまでも、

まさに、遠方へのドライブといった一曲です。

1974年という、こりゃまた昔に発表されたアルバム、

エクスパンションズExpansions)」に収録された

タイトル曲になりますけどね、近年はクラブシーンで再評価

されていて、昔の曲とはいっても、あなどる事なかれです。

インスト・ナンバーということでお送りしている今週では

ありますが、ヴォーカルもちょっと入ってるかなぁ・・・、

ってか、テーマ部は歌なんですけどね(笑)、全体から見れば

アクセント的な味付けといった感じ、やはり、これはインストの

範疇として捉えて良い曲でありましょう。

ノリはめちゃめちゃ良い曲になりますが、起伏には乏しく、

ただひたすら淡々と流れていく感じは否めませんけどね、

でも、それはそれで、ドライブのBGMなら打って付け、

これ流しながら、高速を快調なペースで走れたら、

さぞかし気持ち良さそうです。

まぁ、GW中は、基本どこでも渋滞してそうですけど(笑)

あと、トランス状態的なものを狙った感じにもなりますかね、

スピリチュアルっていう表現が使われる曲でもあります。

というか、ロニー・リストン・スミス自身が、スピリチュアル

な音楽を産み出すアーティストとして知られています。

アメリカ出身のキーボーディストで、フュージョン/クロスオーバーの

ミュージシャンとして位置付けられる人となり、

ザ・コズミック・エコーズという、やはり、何やらスピリチュアルな

名前のバンドを率いて、活躍してます。

(詳しくはコチラWikiをご覧下さい)

ということで、ロニー・リストン・スミスで、

「エクスパンションズ(Expansions)」です。



Lonnie Liston Smith & The Cosmic Echoes - Expansions





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

GW特集、インスト編

今週末から始まる、というか、多くの人が、まとまった

連休が取れるのは来週末くらいからになるとは思うのですが、

先週よりココ、ブログ★ラヂオでは、ゴールデンウィークに

向けてですね、行楽へのお供、ドライブのBGMといった感じで

音楽をチョイスしています。

今週は、やはり、BGMってことであれば、インストゥルメンタルな

サウンドが宜しかろうということで行ってみたいと思います。

本日は、ケミカル・ブラザーズ(The Chemical Brothers)の

「スター・ギター(Star Guitar)」のピックアップ。

まぁ、インストの曲で思い浮かぶのは、ジャズやフュージョンテイスト

のサウンドではあるのですが、本日は、ジャンルで言うとロック、

さらには、ダンス・ナンバーということにもなり、ビッグ・ビート

などとも呼ばれている一曲になります。

テクノとロックを融合したような音楽なんですけどね、

ケミカル・ブラザーズは、そのパイオニア的存在で、ビッグ・ビート

といったジャンルを代表する、世界的にもビッグ・ネームなイギリス

出身のグループになります。(詳しくは、コチラWikiをどうぞ)

以前ココでは、同傾向のファットボーイ・スリムがコチラ

登場していますが、今回気に入られた方は、合わせて楽しまれる

のも良いかと思います。

YouTubeより貼らせて頂いたPVは、テーマにしているドライヴ

とは違ってですね、これは、電車から望む車窓の風景になりますけど、

まぁ、行楽に向かうのは、車とは限らず、列車を利用するケース

だって十分考えられるわけですしね、これは、これでOKなんじゃ

ないかと、もちろん、ドライブのBGMにもフィットするものだと

思います。というか、この映像、いくら観ていても飽きない分け

なんですけど、ミシェル・ゴンドリーという有名な映像作家が

手掛けたものになります。なにげに、ボーっと観てるだけでも、

音楽とマッチした車窓の風景といった映像は良い分けなんですが、

この映像は、よく観てると、音楽と映像が完全にリンクしています。

練りに錬られた合成映像ということでもあります。まぁ、あまり

注視していると酔ってしまいそうではあるのですが(笑)

そして、コチラには、日本の風景バージョンというのもアップされ

ていて、コレもなかなかの良いでき、面白かったです^^

ということで、2002年発表の「カム・ウィズ・アスCome With Us)」

収録、大ヒットした一曲で、ケミカル・ブラザーズの

「スター・ギター」です。



The Chemical Brothers - Star Guitar





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ゴールデンな連休への道途中の週末

間近となりつつあるゴールデンウィークをネタに、

今週は、行楽へのドライブに合いそうなR&B、さらには、

連休を前にし、ワクワクとした感じもかもし出すような

ダンサブルなサウンドで、お送りしてきました。

まぁ、その前に、取りあえずは、今週も週末を向かえることに

なるといったところでですね、本日は、ケニー・ラティモア

(Kenny Lattimore)の「ウィークエンド(Weekend)」を

ピックアップして参ります。

2001年発表の3作目となるアルバム「ウィークエンドWeekend)」

収録のタイトルチューンです。

ケニー・ラティモアは、ココでは、以前コチラで登場していて、

その経歴等記しているのでご覧頂ければと思いますが、

その時は、R&B史上でも屈指の名曲といったバラードで、

「For You」を取り上げてます。

元々スローからミディアムなナンバーを得意とする

本格派ソウル・シンガーの佇まいな人で、今回は、フロアで

ヒットのダンス・ナンバー、クラブ系サウンドということではありますが、

やはり、ミディアムなテンポの一曲、歌の上手さに裏打ちされた

余裕の歌い振りが、まさにスムース、極上の心地良さ

ってところであります。

あと、この人の特徴である爽やかさというのが、存分に

発揮されている一曲でもあり、新緑の季節のドライブといった

シチュエーションにはピタリとハマるのではないでしょうか^^

ということで、スムースで心地良い週末を♪、

ケニー・ラティモアで、「ウィークエンド」です。



Kenny Lattimore - Weekend






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ゴールデンな連休まで待てない

今週は、間近となってきたゴールデンウィークに向けて、

行楽へのドライブのお供といった感じのBGMに適したサウンド、

さらには、ワクワク感も醸し出すような、ダンサブルな音楽の

ピックアップでお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日は、ポーランド出身の John Smith と Valerie Day

からなる夫婦デュオ、ニュー・シューズ(Nu Shooz)で、

「アイ・キャント・ウェイト(I Can't Wait)」を

行ってみます。もう、ゴールデンウィークまで待てないって

感じですけどね^^、まぁ、何が待てないのかは、

分かりませんが(笑)

1986年発表のアルバム「Poolside」に収録された一曲で、

全米で最高3位の大ヒット、日本でも結構なヒットに

なっていて、ディスコでも当時はよく流れていたという

ナンバーです。

今週は、一応R&Bという縛りも設けていたのですが、

サウンド的には、テクノ系のダンスミュージックに

カテゴライズされるものにはなるんですけどね、

このデュオの場合、一連のそういった80年代の白人の

ダンス・グルーヴとは一味違ったところがあり、

よりR&B色が濃いというか、確かにテクノ系の機械的な

音ではあるのですが、当時のテクノロジーで作り出した

音にしては、アレンジが巧みなのか、肉感的なものが感じられる

気がして私は好きでしたし、黒人音楽の範疇といった感じで

聴いてました。なので、記事左のジャンル分けでは、ソウル、

R&Bの中に勝手ながら加えさせてもらうことにしました^^

さらには、メロもポップでキャッチーなんですよね。

まぁ、ニュー・シューズ、すっかり忘れていた人も多いと

思うし、懐かしいですけど、今聴いても、その独特な

サウンドは、新鮮味があります。

今回YouTubeより貼らせて頂いた映像には、旦那の方は、

映ってませんが、コチラ←クリックでライヴ映像が

ご覧になれ、下の画像から判断すると、

nu shooz

どうやらベースを弾いているのが旦那さんということに

なりそうです。ライヴ映像は初めて観ましたが、

なかなか、オシャレなバンドでもあったようです。

(調べてみると(コチラ)、解散や引退はしておらず、

2012年にはアルバムも発表され、現在も活動は

続けられているようです)

ということで、ニュー・シューズで、

「アイ・キャント・ウェイト」です。



Nu Shooz - I Can't Wait






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ゴールデンな連休まであと何日?

先週は、結構寒い日も続きましたが、昨日あたりから

天気も回復傾向、今日は、春らしいというか、初夏を思わせる

汗ばむくらいの晴れた良い天気の一日になりました。

こちらでは、桜のシーズンは終わってしまいましたが、いよいよ

新緑の季節、さらには、再来週には向かえるゴールデンウィーク

という大きなイベントに向けて、また頑張っていこうという、新たな

週の幕開けってところであります。

ということで、もうじき訪れるゴールデンウィークをネタにですね、

ココ、ブログ★ラヂオでは、今週、そして来週と、またいつものように

音楽をチョイスして行ってみようと思ってますが、まぁ、ドライブの

お供的なBGM、プラス、ワクワク感といった感じになれば良いかな

ってところで、今週は、R&B、ダンス系の曲を何曲かピックアップ

してお送りしていこうと思ってます。

本日は、ジェイド(Jade)の1994年に発表されたアルバム

マインド・ボディ&ソングMind, Body & Song)」に収録の

「エヴリデイ・オブ・ザ・ウィーク(Every Day Of The Week)」を

行ってみます。

それほどヒットしたという曲でもないですが、ダンス・クラシックと

しては知られる曲、キラー・ダンス・チューンといった一曲です。

特に、「Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, ~」って

フックのコーラスが強力で、印象に残るものです。

まぁ、ゴールデンウィークまで、月火水木金土日と、指折り数えて

あと何日みたいなことなんですけどね^^、実際の詞の方は、

毎日毎日彼氏と会いたいっていう切ない女心が歌われてます。

(原詞はコチラで掲載されます)

ミディアムテンポの跳ね系ダンス・グルーヴが、心地良い一曲でも

あります。

ジェイドは、90年代に活躍した、アン・ヴォーグ、エターナル、SWV、

TLC、さらには、ディスティニーズ・チャイルド等々、

数々のガールズ・コーラス・グループの内の一つといった

位置付けに甘んじるグループになってしまうかとは思うのですけどね、

まぁ、それぞれ、どのグループにも持ち歌に良い曲があって、ココ、

ブログ★ラヂオ的には、ネタに事欠くことなく、有り難いです(笑)

アメリカ出身のグループで、他には、「Don't Walk Away」という

曲でも知られてます。

ということで、お聴きください、ジェイドで、

「エヴリデイ・オブ・ザ・ウィーク」です。



Jade - Every Day Of The Week






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。