スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

最晩秋の美タンゴ

とうとう今日で11月も終わり、明日には、今年の最終月を

向かえる分けで、いよいよ押し迫ってきた感が湧いてきますが、

そんな最中の今週のブログ★ラヂオは、晩秋の雰囲気漂う

しんみりとした音楽ということでお送りしてきました。

っていうか、もうすでに冬といった感じ、秋などとは言って

られない様相でもありますが、いよいよ最晩秋ということで、

今シーズン最後の秋を飾るのは、アストル・ピアソラ

(Astor Piazzolla)の物悲しくも美しい、はたまた芸術的

でもあるっていう演奏で締めくくってみたいと思います。

アストル・ピアソラは、アコーディオンと言いますか、正確には、

バンドネオンの演奏者であり作曲家、アルゼンチンの音楽家

になります。アルゼンチンの音楽と言えば、タンゴってことに

なりますが、タンゴをベースに西洋のクラシックに通じる作品、

さらには、ジャズとの融合も計るというような先鋭的な作品で、

国際的にも高い評価を得ています。っていうか、逆に、地元の

伝統的で保守的なタンゴファンからは、「タンゴの破壊者」と

罵られることもあったようです。

(詳しくは、コチラWikiでどうぞ)

まぁ、私は、タンゴにも、バンドネオンにもそれほど詳しく

ないってことになりますが^^;、以前ココで、

リシャール・ガリアーノ(コチラ)が登場した時にも書いた

のですけど、日本では、「だんご三兄弟」が流行った頃、

アコーディオンのサウンドがちょっとしたブームになっていて、

私もそれに便乗する形で、ちょこっと聴きかじってたりしていたの

ですが、その時に購入した、アストル・ピアソラの

タンゴ:ゼロ・アワーTango: Zero Hour)」ってアルバムが

あって、まぁ、今でもたまに、特にこの時期は聴きたくなる

アルバムなんですけど、これは、1986年に録音されたもので、

ピアソラの最高傑作という呼び声もあるものになります。

全編には、暗く陰鬱な雰囲気が漂うものではありますが、

審美な世界が繰り広げられており、全編を通じて、裏となり

表となり見え隠れする、情熱やらパワーといったものには、

かなりのものを感じさせられる作品になります。

で、本日はそこに収められた「Milonga Del Angel

(邦題:天使のミロンガ)」をピックアップしてみます。

このアルバムの中でも一番の美しい作品になるかと思います。

貼らせて頂いたYouTubeは、ライヴ演奏になりますが、

その辺、しっかり再現されていて・・・ん~、凄い!

ってことで、アルトル・ピアソラで「Milonga Del Angel」です。



Astor Piazzolla - Milonga Del Angel






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

片思いでしんみり晩秋

今週はストレートに、しんみりとした晩秋といった雰囲気の

音楽でお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日は、アデル(Adele)の「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ

(Make You Feel My Love)」をピックアップします。

もう、今年のグラミー賞を総ナメにしてしまった歌手ということで、

多くの人に知られていアデルってことなんですけどね、

まぁ、詳しくは、コチラWikiや、ココでも前回取り上げた記事の

コチラを見て頂ければと思います。

で、今回の「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」は、

2008年、彼女が19歳の時に発表したデビューアルバム、その名も

19」に収録された1曲、ボブ・ディランのカバーになります。

他にも、ビリー・ジョエル(コチラ)、ブライアン・フェリー

コチラ←カッコいい^^)等、数多くの人がカバーしていて、

これはもう名曲ということになるようです。

ボブ・ディランのオリジナルは、1997年リリースの

Time Out of Mind」に収録されており、YouTubeでは、

コチラで聴けますが、何故かライブ・バージョンのものしかなくて、

これは、「シングス・ハヴ・チェンジド」のシングルCDに

収録されているものになるようです。

(この曲に関しては、英語なんですけど、コチラWikiをご覧

頂ければと思います)

貼らせて頂いたアデルのPVは、深夜4時のマンションで一人、

携帯を見つめてもメールの返事は無く、自分の方へと振り向いて

くれない相手を思い「私の愛を気づかせるため」って歌っている

かなり悲痛な片思いの状況となっていて(原詞対訳はコチラ

サイト様で掲載されてます)、これぞアデルっていう情感豊な歌に

泣けるものになります。

ただ、最近のアデルは結婚(正式には発表されてないようですが)、

出産なんてことも経験していて、ハッピーな状況にあるようで、

今後こういったアデルならではの不幸な表現ができるのかというのを

大きなお世話ですが、不安視する声もあるようです。

まぁ、ひたすらハッピーなアデルというのもそれはそれで、

聴いてみたい気もしたりしますが^^

それにしても、ディランの曲というのは、ちゃんとした人が歌うと

非常にメロディアスなものになるもので、本来メロディーメーカー

としても優れた人になるんだろうなぁと思います。まぁ、本人の

独特な節回しの味わい深い歌もそれはそれで素晴らしいのですが。

ということで、アデルで、「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」です。



Adele - Make You Feel My Love






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

マルでしんみり晩秋

11月も今週で終わってしまうという新たな週の月曜、

今日は、そぼ降る雨の寒い一日でした。

かなり冬の気配濃厚な秋の終わり、いわゆる晩秋ってことに

なる分けですが、いろいろ寂しさもつのる時期にもなりますか、

ということで、また今週も更新を続けるブログ★ラヂオ、

今週はどんな感じでお送りするかというと、ストレートに

晩秋の様相、しんみり、しっとり、しめやか、しみじみみたいな

思わず頭の「し」で韻を踏んでしまいたくなるような音楽で

お送りしていこうと思ってます。

本日は、マル・ウォルドロン(Mal Waldron)の

「レフト・アローン(Left Alone)」をピックアップ。

まぁ、ジャズを聴く人であれば、やっぱきたかくらいに思われて

しまう普通によく知られてるところなんですけどね。

特に日本において非常に人気の高い曲になるようです。

ちょっと、月曜からしんみりし過ぎじゃね?、という気もしますが、

暗いメロディの割には、どこまでも落ち込んでいくという風でもなく、

メロの分かりやすさや、ジャッキー・クリーン演奏のサックスが、

よく歌っているのが救いになってるってことでしょうか、

華やいでるっていったら言い過ぎなんですけど、沈んだ感じでは

あるにしても、心を落ち着かせる程度に留まっているようで、

よし、明日もまた頑張るかって気にさへなる曲のように思います。

とは言ってもこの曲は、後世にも多大な足跡を残す

名シンガー、ビリー・ホリデイに捧げられたもので、

1959年に彼女は亡くなられているのですが、その際、1960年に

マル・ウォルドロンが、哀悼の思いで制作した同名のアルバム

レフト・アローンLeft Alone)」に収録したタイトル曲となり、

鎮魂歌といった様相の曲でもあります。

このアルバムには、生前ビリー・ホリデイが好んで歌った曲が、

収録されていて、「レフト・アローン」は、ビリー・ホリデイが

書いた詞に、当時彼女の伴奏者であったマル・ウォルドロンが曲を

付けたもの。晩年のビリー・ホリデイは好んで歌っていたようですが、

残念ながらレコード化される前に亡くなれてしまったということで、

彼女の歌うこの曲の録音は残されていません。

マル・ウォルドロンは、アメリカのジャズ・ピアニストで作曲家。

自身のリーダー作の他にも、チャールス・ミンガスや、

エリック・ドルフィーのバンドに参加。名演、名盤のバイプレイヤー

としての盛り立て役としても活躍し知られる人となります。

(詳しくは、コチラWikiをご覧下さい)

ということで、マル・ウォルドロン、「レフト・アローン」です。



Left Alone - Mal Waldron





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

今回は・・・そうだ!ルーサーで行こう!

さてさて、こちらでは、かなり冷え込んできてますけど

今日から3連休ということになりますか、初日は、残念ながら

雨模様の寒い一日になってしまいましたけどね、今シーズンの

秋の行楽といった感じもいよいよラストの機会にもなるのかな

ということで、今週のブログ★ラヂオはそんな秋の行楽に

合いそうな、そして、思わずお出かけしたくなるような音楽、

ジャンル的にはジャズといったテイストを持つサウンドで

お送りしてきました。

本日は、前回に引き続きのスタンダード・ナンバーで、

マイ・フェイヴァリット・シングス(My Favorite Things)」の

ピックアップ、邦題は、「私のお気に入り」なんて言いますが、

そう、あのJR東海のコマーシャル、「そうだ!京都へ行こう!」

ってのに使われて有名な曲で、もちろん、その点で、今回の

テーマにもピッタリということになります^^

で、そのCMのフルバージョンはコチラのYouTubeで見れたり

するんですけどね、ココは、洋楽ブログということで、

さて、誰のバージョンにしようかなぁってことなんですけど、

元々は、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の中の

一曲で、映画化もされヒットもした分けですが、そこで主演した、

ジュリー・アンドリュースのバージョンにしようか、さらには、

ジャズのスタンダードとして知られるきっかけとなった、

ジャズ・ファンなら誰もが知る名演、ジョン・コルトレーンの演奏に

しようかってことなんですけど、もちろん、コルトレーンの演奏は、

私もかなり好きだし、ジャズといったジャンルから選曲している

今回のテーマにも合うところなんですけど、秋の行楽ということでは、

ちょっと重いかな~、ってことで、他を当たってみると、

見つけたのが、ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)の

バージョンです。(すっかり、ジュリー・アンドリュースは、

何処かへ行ってますが、今回は話の流れで出てきただけで、

取り合えず忘れて下さい^^)

ルーサー・ヴァンドロスは、アメリカの歌手、ジャンル的にはR&Bに

カテゴライズされ、特に80年代のブラコン時代の大御所的な人に

なるんですけどね(詳しくはコチラWikiを)、

この「マイ・フェイヴァリット・シングス」には、かなりジャズ的な

アレジも施されていて、まぁ、良しということにさせて頂くことにし、

チョイスしてみることに致しました。とにかくカッコいいです^^

1995年、クリスマス用に発表されたアルバム「ラヴ・クリスマス

This Is Christmas)」に収録された一曲になります。

「マイ・フェイヴァリット・シングス」の原詞対訳はコチラ

サイト様で掲載されてますが、特にクリスマス・ソングってことでも

ないですけど、このアルバムには、まぁ、拡大解釈ってことで、

収録されてるんだと思いますけどね、クリスマスも近いですし、

このアルバム、購入されてみるのも宜しかろうと思います^^

・・・って、話がそれてしまってますが、秋の行楽、

「そうだ!京都へ行こう!」ってことになる、

ルーサー・ヴァンドロスで、

「マイ・フェイヴァリット・シングス」です。



Luther Vandross - My Favorite Things




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

オシャレ・ボッサ・スタンダード

今週末には3連休となる人も多いのでは、ということで、

今週のブログ★ラヂオは、おそらく今シーズン最後となるで

あろう秋の行楽へとお出掛けしたくなるような、そして、

お出掛けの際のお供にももってこいな、秋ムードのBGMといった、

ジャズなテイストのサウンドでお送りしています。

本日は、スタンダードナンバーになる「リカード・ボサノヴァ」

という曲のピックアップ。ポルトガル語題は「Recado」、英語題は、

「Recado Bossa Nova」 または、「The Gift」といった風に

呼び方もいろいろだったりする曲なんですけど、元々は

ポルトガル語で書かれた曲で、「Recado」は、「贈り物」

または「伝言」を意味します。(詳しくは、コチラWikiを)

で、今回登場のアーティストは、イーディ・ゴーメ(Eydie Gormé)。

アメリカのシンガーになりますが、この人が1963年に、

「ザ・ギフト」というタイトルで取り上げたところ、好評となり

以降ジャズのスタンダードナンバーとして定着するようになります。

伸びやかな歌声で、軽やかに歌われていて、ホント、

歌上手いっていう印象、ピッチの正確さは驚異的とさえ思えます。

なので、あまりにもスムーズ、引っ掛かりのない歌いっ振りでもあり、

その分、印象は薄くなってしまうということにもなるのでしょうかね、

ここ日本では、いまいちパッとした人気に繋がっていない

ということにもなるようです。

アルバム「Blame It on the Bossa Nova」に収録されていて、名盤の

誉れ高きものになるんですけど、現在は廃盤状態だったりします。

amazonでは、中古価格でも結構な高値が付けられてます^^

そして、この「ザ・ギフト」という曲、イーディ・ゴーメの名唱と

いうことで、このアルバムの盤以外にも収録されてるベスト盤やら

コンピレーションがあるかと思いきや、探してみましたが

見つかりませんでした。さらには、iTunesにもないってことで、これは

ちょっと、冷遇され過ぎといった感じ。これじゃあ、干されてるのと

あまり変わらないなぁ(笑)

・・・といことではありますが、このマイナー調のメロディでありながら、

軽快なボッサのリズムという様子が、秋の行楽、お出掛けソング

としてはピッタリといった感じ、さらにはすこぶるオシャレな雰囲気

でもあるイーディ・ゴーメで、

「ザ・ギフト(リカード・ボサノヴァ)」です。

(イーディ・ゴーメについて詳しくは、コチラのWikiを、

原詞対訳はコチラ、シンガー千坂あつこさんの「お歌のおけいこ日記」で

掲載されてますので、是非!)



Eydie Gorme - The Gift(Recado Bossa Nova)

(原詞対訳付で聴けるYouTubeはコチラ←クリックで、

ん~、でも、ダイアナ妃か~、なるほどね~、深いです)






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

秋の行楽に哀愁メロのトランペット

週が明けての月曜、また新たな週を迎え、ココ、

ブログ★ラヂオも新たな企画と共に、また一週間お送り

していくことになりますが、お付き合いのほど宜しく

ということで、今週は、ジャズなテイストのサウンドで

音楽をチョイスして行ってみようと思ってます。

秋も深まってきた、というよりは、かなり寒くなってますけどね、

それでも、多くの地域では、今時分が一番の紅葉の見頃にも

なりますか、今週末は、3連休という人も多いかと思いますが、

紅葉もピークにして、今年の見納めって感じにもなるのかなぁ、

みたいなことで、秋の最後の行楽にも出かけたくなるような、

秋ムードのBGM、といったジャズのサウンドといった感じで

今週はお送りできればと思ってます。

で、本日は、ハーブ・アルパート(Herb Alpert)の

「ライズ(Rise)」をピックアップします。

まぁ、ジャズというよりはフュージョン・・・というよりも、

イージー・リスニング風ではありますけどね、現代で言うところの

スムース・ジャズと呼ばれるジャンルの元祖といった感じの

サウンドになります。

大ヒットした曲でもあり、1979年に、インストゥルメンタルの

ナンバーとしては珍しい全米NO.1にも輝いてます。

そして、こちらも大ヒットの同名アルバム「ライズRise)」に収録

された表題曲になります。

ハーブ・アルパートは、ココでは、以前コチラで「Rotation」という曲を

取り上げていて、その時と書くことが、被ってしまうんですけど、

アメリカ出身のトランペッターであり作曲家、メージャーレコードレーベル

A&Mの創始者であり社長としても知られる人です。

そして、日本では、「オールナイトニッポン」のテーマ曲として

「ビター・スウィート・サンバ」(コチラで聴けます)が使われたことで、

誰しもがその演奏を一度は耳にしているということになります。

(詳しくはコチラWikiをご覧下さい)

で、この「ライズ」という曲、ファンキーなイントロから、いきなり

ムード歌謡風のトランペットが意表をつく感じなんですけど、紡ぎ出す

哀愁のメロディはこの時期にピッタリといった感じ、ファンクビートが

生み出す高揚感と哀愁のメロが、実に摩訶不思議なブレンドといった印象で、

聴き入ってしまうということになります。

ということで、多分PVの女性は奥さんで、セルジオ・メンデスと

ブラジル'66の元ボーカリストのラニ・ホールということになりますが、

そのイチャイチャ振りも絵になる男前トランペッター、

ハーブ・アルパートの演奏で、「ライズ」です。



Herb Alpert - Rise





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

爽やかな憂い

さて、今週は、深まり行く秋、心に滲みる憂愁のサウンド

ということで、お送りして参りました。

本日は、ケニー・ラティモア(Kenny Lattimore)の

「フォー・ユー(For You)」をピックアップです。

つっても、ケニー・ラティモア、あまり一般には知られていない

ということになるんでしょうか、ググってもそう多くの情報は

得られなかった分けですが、ワシントンD.C.の出身、

元マネキン(詳しくはコチラのサイト様で)というグループの

リード・シンガーとして80年代末にデビュー、その歌唱力に注目は

集まったものの、ぱっとした成功に結びつくこともなくあえなく解散、

ソングライター、バックコーラス等、裏方としての下積みの後、

1996年にソロとして再スタート、アルバム「Kenny Lattimore」を発表し、

成功を収めることになります。

それと、むしろ、今は離婚されてますが、シャンテ・ムーアの

旦那として、多くの人に知られることにもなるようです。

で、この「Kenny Lattimore」というアルバム、隠れ名盤などとも

言われてるようですけどね、本日の一曲「フォー・ユー」は、

そのアルバムに収録されています。

アルバムが隠れた名盤なら、この「フォー・ユー」も隠れた名バラード、

それも超が付くほどのってことになると思います。R&Bの王道を行く

ものではありますが、非常に美しいメロディの曲になります。

今週のテーマ、憂愁といった感じのメロディなんですけどね、聴き心地は

爽やかといった印象もあり、コテコテのバラードになり過ぎることもなく

みたいな、その辺が、ケニー・ラティモアならではの歌の持ち味に

なるかと思います。

憂いを感じつつも爽やか、まさにこの時期、秋晴れの爽やかな日にも

感じる憂いやもの悲しさといったものにも通じるものなのでは^^

ってことで、ケニー・ラティモアで「フォー・ユー」、

まったりムードになりますが、良き週末を♪



Kenny Lattimore - For You




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。