スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やっぱ夏の定番、行ってみよう!

おっと、暑い暑いと言ってるうちに、気が付けば7月も終わりを

向かえる時期になってますね。今年はオリンピックもあったりで

取り分け早く過ぎて行ってる夏という感じもありますが、

それにしても、暑いのは凄いことになってますけどね、これから

8月を迎えいよいよその猛威も増してくることになるのでしょう。

と言っても、あと一月半くらいですか、この暑い時期を楽しんでいたい

という思いも心のどこかにはある分けで、今週のブログ★ラヂオは、

やっぱ楽しい夏のイメージ、夏のポップ・ロックといった感じの

音楽で綴っていきたいと思ってます。

で、本日は、ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)の「ダーリン

(Darlin')」。もう、オールドスクールな人間にとっては、

夏と言えばの定番グループになるんですけど、やっぱこれは名曲と

いうことで、今回のアップになりました。

ココでももう過去に何度も登場していてコチラ(の下方)を参照して

頂ければと思うんですけど、その昔は、イギリスのビートルズ、

アメリカのビーチ・ボーイズってくらいの存在になります。

1967年発表のアルバム「ワイルド・ハニー」に収録され、シングルとしても

発売、全米で19位のスマッシュヒットとなった一曲です。

ビーチ・ボーイズはウィルソン兄弟が中心となったバンドとも

言えますが、その末弟のカール・ウィルソンがメインボーカルを

とってます。

(原詞はコチラ、訳詞はコチラのサイト様で掲載されていて、

この曲についても詳しく紹介されてますので、参照して頂けると良いかと

思います。ビーチ・ボーイズについて詳しくはコチラWikiでどうぞ)

ということで、もうこういった曲に思わずウキウキとしてしまうのは、

音楽好きのおっさん特有の習性ということになってしまうの

でしょうかね~、よく分かりませんが、まぁいいでしょう(笑)

ビーチ・ボーイズで「ダーリン」です。



The Beach Boys - Darlin'






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ゴキ王

日本全国梅雨が明け、いよいよ夏本番という様相に

なってまいりました。いやいや、一歩家から外へ出ると、

もう危険を感じる程の暑さになってます。

そんな中、他方イギリスでは、オリンピックが開催される

ことになるんですけど、日本サッカーは、男女共素晴らしい

滑り出しってことになりました。

あと、日本時間で明日の早朝ですか、開会式が催されますが、

ココらしい話題を一つ上げると、どうやら

ポール・マッカートニーがトリを努めると噂されてます。

万事抜かりなく盛り上げて欲しいもんだと思ってます。

まぁ、余計なお世話ですけど(笑)

ってことで、今週のブログ★ラヂオは、夏のジャズ・フュージョン

ということでお送りしてきた分けですが、本日は、オリンピックの

アスリート並みの演奏とでも申しましょうか、身体を使う楽器の

演奏が超人的に上手いってことですけどね、

チック・コリア・エレクトリック・バンド

(Chick Corea Elektric Band)の「キング・コックローチ

(King Cockroach)」をピックアップして参ります。

もう、タイトルで選んでしまった、いかにも夏というね(笑)

家に帰って部屋の電気を点けると、こちらをじっと見つめている

黒光りしたアイツ、ゴキちゃんってことになりますが、

退治しようとするこちらの意志をさっするやいなや、カサカサと

スピーディーに物陰へと姿をくらますことになるんですけど、

そんなカサカサ感のある演奏ってことにもなりますか(笑)

って書くと何やらキモそうな演奏のようですけど、

もちろんそんなことはなく、緻密なアレンジ、一糸乱れぬ演奏が

とびきりクール、盛り上がりつつもクールみたいな、これも夏に

相応しいってことになるかと思います。

10分という長尺の演奏になりますが、なかなか聴き応え、

見応えのある演奏なんじゃないでしょうか。

チック・コリア・エレクトリック・バンドは、以前ここでは、

リターン・トゥ・フォーエヴァーを取り上げてますが

コチラでどうぞ)、その後にキーボードのチック・コリア

さらにロック寄りのフュージョンサウンドを目指し若手の

ミュージシャン達を起用し結成したバンドになります。

貼らせて頂いた映像の他メンバーは、ドラムがデイブ・ウェックル

スタンドに据え付けられた6弦ベースと、通常のストラップで支えられた

ベースとの使い分けが見事であり、気になったりもするベーシストが、

ジョン・パティトゥッチ、デジタル表示の腕時計が郷愁を誘うギタリストが

スコット・ヘンダーソンになり、いずれも凄腕の持ち主ってことになります。

チック・コリアは、多方面で活躍を続ける、もちろん著名な

ジャズ・キーボーディストってことになりますが、詳しくはコチラWikiを

ご覧ください。

ということで、1986年発表のアルバム

ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド

The Chick Corea Elektric Band)」収録の一曲になる

「キング・コックローチ」、チック・コリア・エレクトリック・バンドの

演奏でどうぞ。



Chick Corea Elektric Band - King Cockroach






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

熱中症とは無縁のサマー・ランニング

何やら蒸し暑い日が続く今日この頃、

雲に覆われ、スカっと晴れることはないけれども、

気温はなにげに高く、湿気が体にまとわりついてくるという

サウナ状態になってます。まぁ、これこそが、

「The 日本の夏」という気がしないでもないですけどね、

そんな最中の今週のブログ★ラヂオは、

夏のジャズ・フュージョンといった音楽を連ねてみよう

ということでお送りしています。

本日は、マーク・ジョンソン(Marc Johnson)という

ベーシストのリーダー作で、1998年発表のアルバム

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング

Sound of the Summer Running)」から、表題曲にも

なると思いますが「サマー・ランニング(Summer Running)」

をピックアップしてまいります。

他メンバーとして、パット・メセニービル・フリゼールっていう

強力2大ギタリストが参加していて、実は、マーク・ジョンソン

というよりもその辺の流れで、私は購入したアルバムになります。

もちろんジャズにカテゴライズされるアルバムになるんですけど、

フォーク調で、牧歌的ともいえる演奏が全面に渡り繰り広げられ

ていて、二人のギタリストのルーツといったサウンドになるん

ですかね、リラックスした感じで、気持ちよさそうに前面で

フィーチャーされギターを弾いてる分けですが、タイトル通り、

まさに夏に相応しいアコースティックな肌触りの爽やかなサウンドが

展開されてます。夏になると聴きたくなる1枚ってことになってます。

今回ピックアップの「サマー・ランニング」もそんなアルバムを

象徴する一曲になります。

マーク・ジョンソンはビル・エヴァンス・トリオ最後の

ベーシストとして知られる人になりますが、まぁ、ジャズ好きな

人じゃないとそうは知る人もいないんじゃないかなぁと思います。

私も詳しく知る分けじゃないし、ネットで検索してもプロフィール等

詳しく紹介しているところもなかったんですけど、このアルバム発表

以前には、同じよな編成のバンドで、ベース・デザイアーズという

バンドを率いていた経歴もあります。

ということで、マーク・ジョンソン&パット・メセニー&

ビル・フリゼール、そして、ドラムがジョーイ・バロンの演奏、

お聴き下さい、「サマー・ランニング」です。



Marc Johnson - Summer Running






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

爽快弾きまくりの夏フュージョンギター

さて、さて、ここのところはすっかり夏仕様ということで、

お送りしているブログ★ラヂオになりますが、

今週は、夏のジャズ・フュージョンって感じで行ってみたいと

思ってます。

ここのところ、3日間くらいですか、何やら冷え込んだ陽気が

続いていましたけどね、今日辺りは夏の太陽も戻ってきていて

猛暑イズバックといった様相をみせてます。

まぁ、そんな最中、さっそく本日の一曲、行ってみる分けなんですけど、

ノーマン・ブラウン(Norman Brown)の「ストーミン(Stormin')」を

ピックアップしてみます。

1992年発表のデビューアルバム「ジャスト・ビトウィーン・アス

Just Between Us)」に収録の一曲になります。

モータウンのコンテンポラリー・ジャズ・レーベル、「MOJAZZ」から

発売された第1弾作品ってのが、当時話題で、私は購入したCDになるかと

思うんですけど、スティーヴィー・ワンダー、ボーイズIIメンなども

参加していて、共演陣もなかなか豪華です。

他の主立ったところは、サックスがカーク・ウェイラム、ベースが

ネイザン・イースト、パーカッションが ポウリーニョ・ダ・コスタといった

その筋では馴染みの面々が名を連ねてます。

アルバムを通した全体の印象としては、もう、夏の行楽、バカンス、

ドライブのお供にはもってこいな感じ、軽目テイストのノリノリ

アッパーフュージョンってところの曲が多目のラインアップになってます。

本日アップの「ストーミン」もそんなアルバムの感じを

代表した一曲になります。

ノーマン・ブラウンは、現在も活躍する、アメリカのスムーズ・ジャズ界の

ギタリストってことになりますが、やはり当時のものは、サウンド的にも

フュージョンって言葉を使った方がしっくりくるように

私的には思い、そうさせてもらってます。

ジョージ・ベンソン直系のギタリストってことになりますかね、

とにかく、バリバリバリバリと弾く様が心地良い、

もう、ここまで弾きまくってくれるとホント爽快な気分になってまいります。

ってことで、ノーマン・ブラウンの演奏で、「ストーミン」です。

(ノーマン・ブラウンについて詳しくはコチラWikiをどうぞ)



Norman Brown - Stormin'






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

海の開放感&自由

今週は、月曜が海の日、祝日だったこともあり、

夏の海を思い浮かべながら聴くとハマりそうな、

さらには、リラックスムードといったサウンドでお送り

して参りました。

今日は、昨日までの天候から一転の雨模様、気温も低めで

蒸すこともなく、かなり過ごしやすい一日になりましたけどね、

明日からは、また週末ということでもあり、暑い夏も

帰ってくるだろうということで、やはり本日もまた

まったりムードの夏の海って感じの音楽をピックアップして

行ってみたいと思います。デニース・ウィリアムス

(Deniece Williams)の登場で「フリー(Free)」です。

原詞はコチラ、訳詞はコチラで掲載されているんですけど、

歌詞を見る限り海とは関係ない、「私はあなたに愛され、

自由になる」、「あなたに抱かれて私は蝶になる

by 森山加代子(古っ!)」的な歌詞(いや、もっと深いか・・・)

になりますが、曲調とデニース独特の特徴的な浮遊感漂う

高音ヴォイスから、私的には思わず心地の良い夏の海といった

感じを思い浮かべてしまうということになります。

YouTubeより貼らせて頂いた映像もそんなイメージに

ピッタリなものですし、下方には、そのPVも貼らせて

もらっていますが、海っぽい感じが背景になってますしね、

やはり皆そんな感じを思い浮かべてしまうんだろうなぁ

とも思います。

1976年発表、アース・ウィンド&ファイヤーのメンバーの

前面協力を得て制作されたデニースのデビューアルバム

私はデニースThis Is Niecy)」に収録され、

シングルカット、ヒットした、フリー・ソウルの定番、

名曲ってことになります。

まぁ、鳴り物入りのデビューってことであった分けですが、

デビュー前は、スティーヴィー・ワンダーのバックコーラスで

活躍しています。(詳しくはコチラをご覧頂ければと思います。

そして、デニース・ウィリアムスは、ココでは以前に

ジョーニー・マティスとのデュオ、

「Too Much,Too Little,Too Late」で登場している分けですが、

これも良い曲なので、コチラで聴いて頂ければと思います。)

ということで、これまた優雅な週末を迎えられそうな一曲

デニース・ウィリアムスで「フリー」です。



Deniece Williams - Free

↓ は、ちょっと音質的に難ありってことで、メインにするのは

控えたPVなんですが、デニースの動く姿は見ることできます。







(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ドーンとやってきた夏の心地良し曲

梅雨が明けたから暑いのか、暑くなってしまったから

梅雨が明けたことにしたのか、よく分かりませんが、

こちらでは、いきなり全開フルスロットルの夏になってます。

気温37度、ほぼ一年振りに経験する体温を超える灼熱っぷり、

とうとうまた今年もこのサバイバルな季節がやってきたかと

いった感じです(笑)

そして、ここ、ブログ★ラヂオもまた、暑い暑いと何だかんだと

文句を言いながら更新を続けていく、全開夏モードでお送りし、

暑いに猛が付く日々を乗り切っていく所存でおります。

ということで、さっそく本日の一曲行ってみたいと思います。

前回は、海の日の祝日だったこともあり、記事の方はあっさり目の

更新で済ませてしまってますが、さらに「海」って感じで

引っ張りつつ今週はお送りしていきたいと思ってます。

で、本日は、P.M.ドーン(P.M. Dawn)の

「セット・アドリフト・オン・メモリー・ブリス

(Set Adrift On Memory Bliss)」をピックアップです。

PVの夏の海って感じ、カラフルだし、綺麗だしってことで

選んでみました。

ラップの曲ではありますが、清々しい癒しといった風情っだり、

「Set Adrift On Memory Bliss」は、直訳すると「幸福(bliss)な

記憶に漂う(adrift)」みたいなことになるんですかね、

そんな浮遊感が心地の良い一曲でもあります。

スパンダー・バレエの「トゥルー」(ココでは、以前コチラ

取り上げてます)がサンプリングされてます。

1991年、全米で3位を記録するヒットとなってます。

P.M.ドーンは、アメリカ出身でCordes兄弟によるヒップホップ

グループ。サイケデリック・ヒップホップなどとも呼ばれるものでも

あるようで、攻撃的で反社会的なのが基本心情のヒップホップって

ことからすると、ヤワなヒップホップってことにになるのでしょう

けどね、この聴きやすさ心地良さ、そしてポップな点は、

良くも悪くも多くの人にヒップホップが広まる上では大きな役割を

果たしたということになるのではと思います。

(詳しくは、コチラWikiを、さらに詳しくはコチラをどうぞ)

ということで、P.M.ドーンで、

「セット・アドリフト・オン・メモリー・ブリス」です。



P.M. Dawn - Set A Drift On Memory Bliss





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

海の日、オーシャンン・ドライヴ

今日は「海の日」、祝日です。

こんな快適な、完全オフを過ごしたいってことで、

スミマセン、簡素更新です^^

基本的には暑さのためダウンしてるだけですが(笑)

ライトハウス・ファミリー(Lighthouse Family)の

オーシャンン・ドライヴ(Ocean Drive)です。



Lighthouse Family - Ocean Drive






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。