スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大人のハードロックなブルース(憂鬱)

今週は、梅雨の時期、抗うことなく家でじっくり憂鬱な気分に

浸るのもまた癒しということで、そういった雰囲気に合いそうな

音楽を選んでお送りする予定でしたが、見事に目論みを外した

ほとんど晴れといった毎日になってます。

むむ~、ってことで、本日はこうなりゃヤケといったところ、

ハードロック界の王者として、いつの時代にも君臨する

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の登場です。

とは言っても、まぁ、憂鬱な路線であることには違いない

そのブルース・ナンバー、「Since I've Been Loving You」

邦題が「貴方を愛しつづけて」をピックアップしてまいります。

1970年発表のサードアルバムその名もそのままな、

レッド・ツェッペリン III」に収録の一曲です。

ある意味ツェッペリンの代表曲と言ってもいい、スローブルースの傑作、

いやが上にも盛り上がってしまう分けで、憂鬱とは言いつつも

聴き終えた後には、スッキリとした清涼感すら漂う感じに

なってしまうものかとも思います。

YouTubeより貼らせて頂いた映像は、ツェッペリン解散後に、

主メンバーであった、ヴォーカルのロバート・プラントとギターの

ジミー・ペイジが一時やっていたプロジェクトのもので、1994年に

撮られたライヴの模様になります。

なので、全盛期の時のものではないということで、コアなファンじゃないと

そんなには見てないんじゃないかと思われ、新鮮な感じで、面白く

見てもらえるのではと思ってます。

ただ、ツェッペリンのもう一つの聴きどころとなるジョン・ボーナムの

ハードなドラミングということで言えば、亡くなられてしまわれた後に

なりますから、当然参加はしていなくて残念ではありますが、

ロバート・プラントのヴォーカルは冴えてますし、なんと言っても

小編成オーケストラの生のストリングスが実にいい感じです。

ジミー・ペイジのギターも全盛時のものよりは、軽めのサウンドといった

印象ではあるんですけど、枯れた感じって言うんでしょうか、

私はそれが渋さに繋がってるようでカッコいいと思いました、

この模様に近いもの(多分ズバリこれと同じ演奏だと思うんですけど)は、

アルバム「No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded」に

収録されています。

ということで、これは大人のハードロックということにもなるかと

思います、メランコリック感ではモアベターなレッド・ツェッペリン

(正確にはペイジ・プラント)で、「Since I've Been Loving You」です。



Jimmy Page & Robert Plant - Since I've Been Loving You

← スタジオ録音のバージョン

← ライヴバージョン



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

必殺の連続匠フレーズ

梅雨の時期、憂鬱な気候に抗(あらが)うことなく、

家でゆっくり音楽でも聴きながら憂鬱な気分に浸るのも

これもまた癒しということで、そんな感じに相応しい音楽を

ピックアップしていこうと始めた今週のココ、ブログ★ラヂオ

ではありますが、何だろう、見事に晴れ、湿気を感じることもない

爽やかな一日でした。前提にしていた条件が根底から覆された

ことになってて、今日は逆に、天気に抗いつつの選曲に

なるんですが・・・(笑)、まぁ、いいでしょう、今週のお題通りの

憂鬱な一曲で本日も行ってみたいと思いますが、ソニー・ロリンズ

(Sonny Rollins)の名演で、

「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ

(You Don't Know What Love Is)」をピックアップしてまいります。

1956年発表のモダンジャズ屈指の名盤とされる

サキソフォン・コロッサスSaxophone Colossus )」収録の

演奏です(ココでは、以前にこのアルバムの中では最も有名な

「St. Thomas」をコチラでアップしてます)。

ソニー・ロリンズは、そりゃもう、ジャズサックスの巨人と讃えられる

名プレーヤーになり、歌心に溢れ、豪快な吹きっ振りが魅力の人で、

今回テーマにしてる「憂鬱」ってことからは、違う印象の人でも

あるんですけど(ソニー・ロリンズについて詳しくはコチラをどうぞ)、

ただ、この「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」という曲、

ジャズのスタンダードになりますが、ジャズプレーヤーであるならば、

誰しもが一度はレコードに収めている名曲であり、

「憂鬱」の代名詞ってくらいの暗い曲になります。

なので、他にも数々のモダンジャズの名演が残されていて、

エリック・ドルフィーの演奏が、本当は私は一番好きで凄いと思うんですけど、

ただ、こちらは、テーマの部分とアドリブが入り混じってるようなもので、

初めて聴く人が一発で理解するのは難しいと思われ、今回は、ロリンズの

バージョンとさせて頂きました(エリック・ドルフィーの演奏は

コチラで聴けます。ロリンズを聴いた後ならば、初めての人でも

分かりやすいと思います)

ただ、ここでのロリンズの演奏も素晴らしいです。

出だしのフレーズからして、やられてしまいますけどね、

テレビ等でもジングルっぽい使われ方が様々な場面でされてます。

(ちょっとエッチー場面が多いかな、笑)

で、そんな感じで、どこをとっても息つく暇もない必殺フレーズが連続して

繰り出させる演奏が最初から最後まで繰り広げられることになってます。

・・・なんて、書くと憂鬱とは違うことになってしまうのですが、

やはり曲自体は、憂鬱そのものってことで、ソニー・ロリンズの演奏、

「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」です。



Sonny Rollins - You don't know what love is






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サントラで憂鬱な癒し

先週末は割といい感じで晴れてましたけど、今日はまた、

Come back to you(?)、梅雨が戻ってきた様子の分厚い曇り空、

雨こそは降りませんでしたけど、いかにもといった天候、

梅雨寒な一日でした。

とまぁ、そんなところで、週が明けての月曜日、6月も最終週、

一年の半分が過ぎ去っていく感じになりますが、ブログ★ラヂオ、

始めてみたいと思います。また、と言ってはなんですが、

今週も梅雨にちなんだところ、まだまだ憂鬱な天気が続くと

思われるんですけど、抗(あらが)うことなく家でゆっくり憂鬱な気分に

浸るのもまた癒しに繋がるのではといった感じで、今週はこの時期ならではの

アンニュイな風情を音楽で醸し出して行ってみたいなどと考えてます。

で、本日の一曲となりますが、映画「ひまわり」のテーマ曲で、

お送りしていきたいと思います。

まぁ、いつもとは、まったく違う音楽指向なんですけどね、何かポップスで、

憂鬱な曲はないかなぁと思いYouTubeあさりをしてたら行き着いたんですが、

たまにはこんなのも挟み込んでみたいという欲求が湧いて

まいりましてチョイスさせて頂くことになった次第です。

映画音楽の著名な作曲家、ヘンリー・マンシーニによるもので、

やはり名曲といったメロディ、マイナーな曲調が、憂鬱でありながらも

雨降りの最中の癒しといった雰囲気にどっぷりと浸れる感じです。

(ちょっと昼メロ(昼のメロドラマ、死語?)っぽくもありますが、笑)

貼り付けさせて頂いた映像がまた良くて、夏のひまわりを思いつつ、

今はまだしばらく、この天候の下暮らしていくのも良いのでは、

という気にもなってきます。

ということで、あまり詳しくないところは、さっさと切り上げて曲の

方に行ってみたいと思ってるんですけど^^、映画は、多分昔テレビの

洋画劇場的なので観てるはずですが、ソフィア・ローレン、

マルチェロ・マストロヤンニ主演の1970年に公開された名画ってことに

なりまして(忘れてるな~^^;、詳しくはコチラWikiでどうぞ)、

そのテーマ曲「ひまわり」(←タイトルがこれで良いのかも

よく分からない、笑)です。



Henry Mancini - I Girasoli (ひまわり/Sunflower)






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

梅雨時のまったり

今日の午前中は久々にカラっとした陽気で気持ち良かったです

けどね、午後からは一転、どんよりとした曇り空に覆われ、

ひたすら蒸し暑さに耐える天候になってます。

梅雨の時期なので、雨降り模様の天気なのはしかたないに

しても、もう少し気温が低めであってくれるとね~、ありがたいですが。

ってことで、エアコンのスイッチを入れるには微妙な気温に

結局は、ご時勢を思うと、つい蒸し暑くても我慢って感じで

お送りしているブログ★ラヂオになりますが、今週はそんな

梅雨の時期、雨にちなんだ音楽をということでやってまいりました。

本日はエタ・ジェイムズ(Etta James)の名唱で「ストーミー・ウェザー

(Stormy Weather)」をお送りしたいと思います。

まぁ、おもわず涙してしまいそうになる感動の歌いっ振り、

ブルース・フィーリング溢れる、これぞソウルといったものに

なるかと思います。

副題に「Keeps Rainin' All The Time」と付くこともあるようですが、

「彼が去って行ってしまってから、私の心の中には、いつも雨が

降り続けている」といった内容の歌になります。

1961年発表の代表作「At Last!」に収録された一曲です。

「ストーミー・ウェザー」は、ジャズのスタンダード・ナンバーで、

オリジナルは、1933年に作られてるそうですが、1943年公開の

映画「ストーミー・ウェザー」で、リナ・ホーン(Lena Horne)が歌った

ことで、一躍世に知られることになり、彼女の代表曲にもなってます。

コチラのサイト様を参照させて頂きました。訳詞も掲載されてます。

原詞はコチラをどうぞ。さらには、今回アップのエタ・ジェイムズの

バージョンは動画ではないということで、リナ・ホーンが歌っている

映画でのシーンをコチラ←クリックでリンクしておきます。こちらも

なかなかオツなもので、古き良き雰囲気に浸れることと思います)

エタ・ジェイムズは、今年1月にお亡くなりになられてしまったのも

記憶に新しいのですが、1950年代から活躍し続けたアメリカのブルース、

R&B界を代表する大御所シンガー。ジャニス・ジョプリンからアデル

まで、多くのシンガーからリスペクトを受ける存在です。

以前、コチラの記事で、彼女の代表曲「I'd Rather Go Blind」を

ドクター・ジョンとのデュエットで取り上げさせて頂いてますけどね、

そこでは、彼女についてそこそこ書いてますし、コチラWikiをご覧

頂ければさらに詳しいということで、エタ・ジェイムズについて興味の

ある方は、そちらの方覗いて頂くといことにして今回は留めとこうと

思います(あまりゴチャゴチャ書くよりも今回は曲をしっかり聴いて

もらった方が良いだろうってことで、決して手抜きではない^^)

ということで、まったりフィーリングで向かえることになりますが、

良い週末を、エタ・ジェイムズで「ストーミー・ウェザー」です。



Etta James - Stormy Weather






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

強力な蒸し暑さに、復活往年フュージョンバンド

いやいや、蒸し暑い。じっとしていても汗が出てきます。

昨晩の台風は風雨共に強力でしたが、幸いさっさと通り過ぎて

行ってくれたので、強風で家が揺れるという恐怖をしばらくの間

体感することにはなりましたが、無事助かってますけど、

置き土産のめちゃくちゃ湿気をはらんだ空気に今はやられてます。

といったところで、早速本日の一曲となりますが、今週は、

梅雨の最中、雨にちなんだ音楽でお送りしていこうということ

なんですけどね、ジェフ・ローバー(Jeff Lorber )の

「レイン・ダンス(Rain Dance)」という曲をピックアップです。

フュージョン、スムーズ・ジャズといったテイストの一曲に

なりますが、貼らせて頂いたYouTubeは、2010年に発表されている

アルバム「Now Is the Time」に収録されているもので、これは、

このアルバム作成時、彼の初期の頃の往年のバンド、

ジェフ・ローバー・フュージョンを復活させたという形をとっていて、

この「レイン・ダンス」は、実は昔演奏していた曲なんですけど、

その再演ということになります。

この再演バージョンは正確には、「Rain Dance/Wanna Fly」という

タイトルが付いていて、「Wanna Fly」の部分が歌ものになっており、

アイリーン・ボーザ(Irene Bauza)という歌手によって歌われてます。

このアレンジが、ホント、カッコ良くて今回のアップということに

相成りました。

ジェフ・ローバー・フュージョン・・・懐かしいですが、1970年代後半

から80年代初頭の知る人ぞ知るフュージョンバンドって感じかな、

好きでしたけどね、ココでは、以前にコチラでそのレアなライヴ演奏の

模様をアップしてます。(ジェフ・ローバーについて詳しくは

コチラWikiをどうぞ)

あと、新録の「Rain Dance/Wanna Fly」の演奏メンバーがちょっと凄いので

付け加えておきますが、まずは、キーボードがジェフ・ローバー、

フリューゲル・ホーンを吹いてるのが、ランディ・ブレッカー、

ドラムスはヴィニー・カリウタ、ギターはポール・ジャクソン・ジュニア、

そして、ブラス&ホーンがこれも往年の

ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ(BS&T)が

クレジットされてるっていう豪華布陣になってます。

そして、そして、あと、もう一つ情報を付け加えておきたいのですけど、

この「Rain Dance」という曲、ヒップホップネタとしてサンプリングされる

ことが多々あるようで、SWV とJa Rule の曲を下URLにリンクしておきます。

興味があったら聴いてみて下さい。こういう人達の間でもジェフ・ローバー

聴かれてたんだ、って感じです(笑)(コチラのサイト様を参考にさせて

頂きました)

http://www.youtube.com/watch?v=7cuP2fgStIk

http://www.youtube.com/watch?v=G28vR-RCJe8

ということで、ん~、カッコいい、しばし蒸し暑さからも救われた

感じにもなりましたが、ジェフ・ローバーで、

「Rain Dance/Wanna Fly」です。



Jeff Lorber Fusion - Rain Dance/Wanna Fly






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スワローズへのエール・・・じゃなくて(笑)

真っ盛りの梅雨の候となってますが、今週もまた始まりました。

って割りには、今日は一日良い天気でしたけどね。でも、ムシムシする陽気、

これは、接近中の台風がもたらす湿気ということになるんでしょう、

多分もうしばらくすると、この水を含んだ空気が一気に雨となって

空から落ちてくる、そんな雰囲気を予感させてます。皆様も大雨等

災害には十分お気を付け下さればと思います。

ってことで、今週もブログ★ラヂオ始めてみることに致しますが、

今週は、まんまストレート、直球ど真ん中って感じで、

雨にちなんだ曲でお送りしていこうと思います。

本日は、これはもう2007年の大ヒット曲、多くの人が知るところと

なるんでしょうけどね、まぁ、有名曲はとりあえず紹介していこうと

いうのがココの方針でもありますし、初めての人は当然聴いておいて

頂きたい曲、知ってる人も、当時を思い起こしつつ聴いてもらえれば

幸いってことになりますが、リアーナ(Rihanna)の「アンブレラ

(Umbrella)」をアップして参ります。

「アンブレラ、エラ、エラ ♪」って部分は、一度聴けば二度と忘れない

はずですし、それほどインパクトの強い曲ってことにもなります。

コレ、当初は、ブリトニー・スピアーズのために書かれたようなんですが、

あまりにもリアーナの食い付きが凄い勢いだったので、獲得することに

成功したらしいです。楽曲製作はテリウス・"ザ・ドリーム"・ナッシュ、

トリッキー・スチュワート、クール・ハレル、ジェイ・Zによって行われており、

プロデュースはザ・ドリームが担当しています。(詳しくは、コチラWikiで)

あとやはり、今回貼らせて頂いたPVの出来が、すこぶる素晴らしい、

よくもまぁ、これだけのアートワークの発想を思い付くものだと思います。

リアーナは、前回「Farewell」(コチラ)で登場してますが、

その時にも書きましたが、現代アメリカを代表するR&Bシンガー、

バルバドス出身の女性で、モデルでもあるってことになります。

(詳しくは、コチラWikiを)

このアンブレラは、デビューより3枚目にリリースのアルバム、

グッド・ガール・ゴーン・バッドGood Girl Gone Bad)」に

収録されています。冒頭のラップ部分はJAY-Z(ジェイ・ジー)の

フィーチャリングです。歌部分だけでも十分はクォリティーの高さなのに、

このラップ要るのかな~なんて思ったりもしますが・・・^^;

JAY-Zも個性的、才能豊か、押し出しの強いラッパーで、それだけに、

何かリアーナと衝突してしまってるようにも思えるんですけどね、

まぁ、作者の一人でもありますし、取りあえず出とけって感じに私には

映るってことになるんですけど・・・でも、歌詞を見ると、やっぱこの部分が

あるとカッコいんだろうなぁっていうのは、今回調べてみて分かりました。

(原詞はコチラ、訳詞はコチラに掲載されてます)

ということで、傘と言えば、ヤクルトファンの私としては、

スワローズ頑張れ!って感じにもなる分けですが、

(まぁ、この曲の場合は、ビニール傘ではないでしょうけど^^)

リアーナで、「アンブレラ」です。



Rihanna - Umbrella (Orange Version) ft. JAY-Z






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フロンティアサウンド@フェイゲン

Oh~、梅雨の晴れ間といった一日ではありましたが、

今週は、この時期、サラっとした肌触りの爽やかを通り越し、

無機質な印象すらするサウンドをということでお送りしてきました。

本日は、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)の

「ニュー・フロンティア(New Frontier)」でお送りしていこうと

思います。

これは、ハーモニカが印象的だったり、ラリー・カールトンのギターソロが

絶品だったりする一曲で、それほど無機質なサウンドってことでもないの

ですが、でも、クールなリズムトラック、実際は、ドラム等は人が演奏して

いますが、シンセのウッチャカ、ウッチャカといった打ち込みの

サウンドと共に、無機質なものを感じてしまうものになります。

その無機質感のあるビートに支配されつつ、対比として、人肌の

ヴォーカルやピアノ、ハーモニカやギターが彩りを添えていくといった

感じの一曲です。

ドナルド・フェイゲンは、もちろん、あのスティーリー・ダン

メンバー。例によって、数々のミュージシャンをふんだんに使って

セッションし、その中からベストの演奏を抽出し、楽曲を仕上げていく

といった手法がここでも取られてる分けですが、

この「ニュー・フロンティア」は、スティーリー・ダンの活動休止中の

1982年に、ドナルド・フェイゲンがソロ・アルバムとして発表した

ナイトフライThe Nightfly)」に収録されてます。

(過去にココでは、このアルバムの中でも一番知られてると思われる

「I.G.Y.」をコチラで取り上げてます、ドナルド・フェイゲンについて

詳しくはコチラWikiを)

「ニュー・フロンティア」は、直訳すれば、「新たなる開拓すべき辺境の地」

とでもなりそうですが、貼らせて頂いたPVを見ると、それは、地下、

核シェルターってことのようです。

核シェルターの中での恋人との楽しい一時、でも、逃げ出してしまう

ガールフレンド、そして向かえるハッピーエンドってのが、

オシャレで楽しいPVになってます。あと、なんだろう、難しげな話ですが、

ケネディー大統領の「ニュー・フロンティア」政策を皮肉ってる

ってことでもあるようです。

ということで、また、週末というニュー・フロンティア(?)を向かえる

ことにもなりますが^^、良い週末を、ドナルド・フェイゲンで、

「ニュー・フロンティア」です。



Donald Fagen - New Frontier






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。