スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロマンチック、フラミンゴ唱法

ここへ来て底冷えの寒さとは、まさにこんな感じといった

日々を毎日送っている分けですが、いよいよ寒さもピーク、

盛り上がってますけどね、1月も今週で終わりってことに

なりますか、時期的にも今が一番寒くて間違いない分けで、

これ以上寒くなることはないだろう、後は暖かくなる方向へ

向かっていくだけなんてことを思いながら、寒さに耐え続ける

今日この頃といったところです。

で、とにかく寒いってことなんですけど、寒さに比例して

こちらでは、空気が澄んできて夜空などはとても綺麗、

星が瞬いてるってことにもなりますが・・・ということで、

今週のブログ★ラヂオは、そんな夜空や星を思わせる音楽を

何曲かチョイスって感じで行ってみたいと思ってます。

まぁ、恐ろしく雪の降っている豪雪地帯というのも最近は

ニュースで話題になってたりしますが、そういった地方に

お住まいの方々は「何が星だ!」といった感じでしょうし、

申し分けなくも思います・・・日本海側で雪が降ると、そこで

湿り気を失い乾燥した空気がこちらに流れ込んでくるって

いう地理的にはそんな寸法にもなってたりするんですけど、

取りあえずはバレンタインも近いので、夜空、星といった

ロマンチックな感じで、徐々にそんな雰囲気も盛り上げて

いけたらなぁという考えだったりもします。

ってことで、本日は、フラミンゴス(The Flamingos)で、

「I Only Have Eyes For You」、邦題は「瞳は君ゆえに」

のアップです。

歌詞を見ると実際には、「私の瞳に映るのは君ばかりで、

星など目に入らない」って歌われてるんですけど

(原詞、訳詞はコチラで掲載されてます)、

でも、やはりこの曲調、私は、明らかにロマンチックな夜空を

思い浮かべてしまうということで選んでみました。

コーラスの「ドゥワッ、シュワッ」って言うのかな?

本当は何て言ってるんだか調べても分かりませんでしたが、

幻想的、もしくは深淵な宇宙みたいな感じさえ醸し出して

いるようで、とにかく印象に残るんじゃないかと思います。

どうやら、1930年代に作られた相当昔からある曲の

ようですが(詳しくはコチラのサイト様で)、1959年に

このフラミンゴスが歌いヒットさせてます。

フラミンゴスは、アメリカのドゥワップ・コーラス・

グループで、1953年にデビュー(古っ)、

ドゥワップ・グループとしては最高峰とも言われてます。

(詳しくはコチラでどうぞ)

というこで、フラミンゴス、「I Only Have Eyes For You

(瞳は君ゆえに)」です。

(音質重視ということで、↓のイメージ映像を貼らせて頂き

ましたが、フラミンゴスの映像はコチラ←クリックで)



The Flamingos - I Only Have Eyes For You





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハート・ウォーム・ファンク

真冬なので仕方がないとはいえ、寒い!

まさに真っ盛り、絶好調といった感じで「冬」に

なってますけどね、こりゃインフルエンザもその猛威をフルって

しまうってもんでしょう・・・インフルなだけに

・・・と寒さには寒さ的な、というか、さらに寒くなっただけ

だと思いますが、いいでしょう、早速本日のブログ★ラヂオ

始めてみる分けですが、今週は、寒くても思わず体が動いて

しまうようなファンク、ややポップ路線ってことで、

更新を続けさせて頂きましたが、本日の登場は、

アイズレー・ブラザーズ(The Isley Brothers)、曲は、

「イフ・ユー・ワー・ゼア(If You Were There)」で

行ってみます。

ファンクでありかつポップチューンってところでもピッタリな

一曲だと思いますが、さらには、ハートウォーミングな感じのする

曲でもあり、心も温かになって頂ければなんて思うところです。

1973年発表の傑作とされるヒットアルバム「3+3」に

収録されています。

アイズレー・ブラザーズは、アメリカのファンクバンド、

その名の通り、アイズレー兄弟が中心になるバンドになりますが、

中でも、リード・ヴォーカルのロナルド・アイズレーのシルキーで

ハイトーンの歌声が魅力になるかと思います。

それから、楽曲の素晴らしさであったり、今回アップの曲では、

目立つことはないのですが、アーニー・アイズレーのロック風

ギター・ソロなんてのも聴きどころになります。

ココでは、2回目の登場になりますか・・・もっと登場してても

良いように思うんですけどね^^、その辺前回の記事でも

何だかんだと書いてるので、コチラ、ご覧頂ければと思います。

そして、今回貼らせて頂くYouTubeは動画じゃないのですけど、

動くアイズレー・ブラザーズもそちらの方で確認できるので

見てもらえれば嬉しいでーす、みたいな^^

(手っ取り早く詳しくは、コチラWikiでどうぞ)

あと、前回の記事を読み返してみて気になったのが、

ロナルド・アイズレーは、脱税容疑で逮捕となり、服役中なんて

ショッキングな情報も書いてるんですけどね、2010年に出所、

現在は音楽活動も再開、続行中ってことになるようです。

めでたし、めでたし^^

ってことで、アイズレー・ブラザーズ、

「イフ・ユー・ワー・ゼア」です。

(さらに下の「おまけ」へと続く)



The Isley Brothers - If You Were There




おまけ

むむ、この曲違うパターンで聴き覚えがあると

思ってしまった方、コチラ←クリックしてみて下さい。

どうやらこの「イフ・ユー・ワー・ゼア」が、元ネタに

なってるようです。

このJポップの名曲は ↓ に収録されてます。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

メリーさんの羊も踊る

昨日首都圏では、雪が降って大変だったと色々なところで

報じられていて、千件を越える交通事故なんてことだった

らしいですが、やはり雪の日のノーマルタイヤでの運転は、

絶対に危険ってことなのでしょう。

といってチェーンを装着するのもやっかいだったり、

巻くタイミングっていうのもあったりして、まぁ、できれば、

雪の日は運転しないのに越したことはないだろうと思います。

私のところは、関東といっても北の方、でも、山までは

いかないって感じの所で、雪は降りませんでしたけどね、

とにかく、ひたすら寒かった分けなんですが、

そんな寒さにもめげず、今週のブログ★ラヂオは、思わず

体が動いてしまうような「冬のファンク」ってことで

始めてみた分けですが・・・まぁ、どういうのが「冬のファンク」

って言うのかは、よく分からなかったりもするんですけど^^;、

とりあえずは、「ど」の付く程のファンクって分けでもなく、

ポップなテイストも加味されたみたいなファンクなサウンドを

上げ連ねてみようってことなんですが、本日は、

バーケイズ(The Bar-Kays)の登場で「ソウル・フィンガー

(Soul Finger)」って曲を行ってみます。

バーケイズというと、濃いめのファンク、どファンクな

バンドと見る向きもあるかとは思いますが、

この「ソウル・フィンガー」は、なんつっても

「メリーさんの羊」で始まるくらいですからね、

楽しさ満載、すこぶるポップ、インスト・ナンバーでは

あるんですけどね、楽しんで頂けることと思います。

1967年の彼等のデビュー作で、同名のアルバムに収録

されています。

この曲のヒットやその実力を認められたバーケイズは、

ソウル・レジェンド的大物であるオーティス・レディング

専属バック・バンドに抜擢されることになるんですけど、

残念なことに、オーティスのツアーの移動中に起きて

しまった飛行機事故で、行動を共にしていたバーケイズも

メンバーの大半を失っています。

幸いその飛行機に乗ることのなかったメンバーで

バンドを再編、70~90年代、さらには、2000年代に入っても

そのサウンドを時流と共に変遷させ、最古参ファンクバンド

として活動を続ける超息の長いバンドになってます。

(詳しくはコチラでどうぞ、さらに詳しくはコチラ

サイト様で)

ということで、バーケイズ、「ソウル・フィンガー」です。



The Bar-Kays - Soul Finger


今回はサウンドだけでも十分楽しんでいただけると思い、

高音質だったスライド映像の方をメインに貼らせて

もらったんですけど、↓ はライヴ映像になります。

(明らかに演奏をしているフリではありますが、笑)








(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ファンク&パペッツ

先週はココ、ブログ★ラヂオではまだ新年気分を

引っ張る気持ちもあった分けですが、いよいよもう

そんな事言ってられなくなってきたというか、すっかり

「日常」ってことになってますけどね、何だか雪や雨が降って

うわついた感じは、すべて一緒に流していったように思います。

早いもので、1月も、残り今週一週間と少々ってことに

なってるようです。

ま、そんなこと言いつつも、また今週もブログを更新できる

幸せを噛みしめつつやらせていただこうと思いますが^^、

テーマを決めて音楽アップという、いつものパターン、

今週のお題はというと、寒いのでね、自然と体が動いてしまう

ようなファンク、でも、それほど濃いめの、どファンク、という

分けでもなく、ポップなテイストもありつつ、にも関わらず、

ファンクの心髄もしっかりと押さえてるみたいな、ちとややこしく

なってしまいましたが、平たく言ってしまえば、「冬のファンク」

(余計に訳分かりませんが、笑)そんな感じで行ってみたいと

思います。

本日は、これは多分CM(ホンダ・タクト)等でお馴染みに

なるかと思いますが、おそらくは多くの人に親しみを持って

聴いてもらえると思うんですけど、ヤーブロウ&ピープルズ

(Yarbrough & Peoples)の1980年のヒット、

「ドント・ストップ・ザ・ミュージック

(Don't Stop The Music)」です。

ヤーブロウ&ピープルズは、キーボードとヴォーカルを担当する

ケビン・ヤーブロウとメインヴォーカルのアリサ・ピープルの

男女デュオ、この「ドント・ストップ~」がデビュー曲になり、

二人はその後結婚、夫婦デュオとなって、80年代中は人気を

博していたグループになります。(コチラのサイト様を

ご覧頂けると詳しいです)

ってことで、貼らせて頂いた映像では、一番印象に残ってしまうのは、

パペットって言うんですか、人形なのかもしれないですが(笑)、

ヤーブロウ&ピープルズで、

「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」です。



Yarbrough and Peoples - Don't Stop The Music





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

雪とか諸々、クリアにして迎えるみたいな^^

「雪は降る~、あなたは来ない~♪」

こんばんは、アダモです(アダモステではない・・・)

って感じ、今日こちらでは珍しく雪でした。

午前中は大粒のぼた雪で、少し積もりましたが、

午後からは雨に変わり、積もった雪も溶け始めて汚い感じ、

なかなか白銀の世界という風にはならないですけどね、でも、

早く溶けてくれるのは、有り難いと言えば有り難いです。

ってことで、早速ブログ★ラヂオ、始めてみる分けですが、

今週は、まだまだ引っ張る新年模様ということでお送りして

きました。本日はですね、「ゴット・イット・クリア(Got It Clear)」

という曲、「クリア」っていうのは沢山意味がありそうなんですけど、

イメージとしては、「一掃し明快になった」みたいな感じに

なるんでしょうか、ゲームなんかでも「クリアした」なんて

言いますしね、まぁ、そんな感じで、2011年を一掃(クリア)し、

新たな2012年を迎えたっていう清々しい雰囲気で行ってみます。

ワークシャイ(Workshy)の作品で、2000年に発表のアルバム

クリア」に収録された一曲です。

ワークシャイは、マイケル・マクダーモットと

クリスタ・ジョーンズの男女デュオ、イギリスのグループで、

やはり、クリスタ・ジョーンズの透明で伸びやかな歌声が

最大の魅力になるかと思います。そして、どこにも滞(とどこお)る

ことのない流麗なメロディと、マイケル・マクダーモットの

作り出す洗練されたサウンドが心地良い、オシャレ音楽好きには

そりゃもうたまらない御用達グループって感じになりますかね^^

(詳しくは、コチラWikiでどうぞ)

というこで、やっぱ週末にはコレだぜ、といったリラックス感、

ワークシャイで「ゴット・イット・クリア」です。



Workshy - Got It Clear


この曲気持ち良いと思った方、そして、今回は動画じゃないの?

と思ってしまった方、コチラ←クリックでワークシャイのPV、

ご覧になれます。きっとさらに気持ち良い気分にさせて

くれることでしょうw、良い週末を♪







(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新年の新たな日々を祝う

さてさて、今週も、新年改まった感じの音楽で引っ張ろう

というココ、ブログ★ラヂオ、本日は、

「イッツ・ア・ニュー・デイ(It's a New Day)」という

これまたタイトルのみで選んでいる感じは否めない分けですが^^、

今日の、ここ最近にしては暖かめで穏やかだった天気にも

うってつけといった、清々しい気持ちで新しい日々を始めようって

感じの一曲をアップして行こうと思います。

アメリカの人気ヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズ

リーダー的存在、ウィル・アイ・アム(will.i.am)の手による

2008年発表のソロ作品になります。オムニバスアルバム、

Change Is Now: Renewing America's Promise

に収録されていて、これは、他には、スティーヴィー・ワンダー始め、

豪華アーティストの共演といった作品になっおり、4年前、

オバマ大統領の誕生を祝して作られたものです。

まぁ、その辺、今回YouTubeより貼らせて頂いた映像をご覧になっても

お分かりになることと思います。

そして、この曲「イッツ・ア・ニュー・デイ」は、

「明日のために闘い、疲れて眠った俺は、

今朝目が覚めるととっても新鮮な気分だった。

なぜって、俺が長年夢見てきたことがついにかなったから。

今日から新しい日だ」といった内容のものになります。

コチラを参照させて頂きました)

あれからもう4年も経ってしまうというのも驚きなんですけど、

とにかくあの頃は、戦争好きのブッシュ、というか共和党政権は、

もう嫌だという空気だったし、そして、初の黒人大統領の誕生という

ことでも盛り上がった分けなんですけどね。オバマの行く手に

立ちはだかったのは、深刻な経済問題ということで、

いまだかなり手こずっていることにもなってます。

まぁ、この辺は、誰が大統領になっていても、

解決するのは難しいと思われるんですけど、今思い返してみると

オバマへの期待はちょっと過剰気味でもあったかなという気はします。

はたして今年、誰が米大統領に選ばれるのか?、というのも

注目されるところでしょう。あと、今年はオリンピックイヤーでも

ありますし・・・みたいな、まぁ、それなりに盛り上がりそうな話題も

控えているということになりそうです。

ってことで、あらぬ方向へと話が進んでいきそうですが、元に戻す

ことにして、ウィル・アイ・アム、実に現代に即したサウンドで、

ポップな作品を作ることに関しては、とびきりの才能の持ち主、

第一人者だと思います。(詳しくは、コチラを参照してみて下さい)

これも、そんな彼のポップセンス溢れる一曲で、

「イッツ・ア・ニュー・デイ」です。



will.i.am - It's a New Day





↑ DVD付きで超お買い得かも?^^

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ポップなメロでジャニュアリ~♪

今年も始まって3週目に入ると、もうすっかり正月気分も

抜けてしまったということになりますかね、通常通りの生活、

2012バージョンになってることと思います。

まぁね~、年が改まったと言っても、また今年も年齢が一つ増して

いくばかり、なんて愚痴もこぼしたくなる今日この頃といった

感じではありますが、そんな、いつもと変わりない生活に戻って

しまっても、生活に彩りを添える音楽をということで、

また今週も更新を続けるブログ★ラヂオになります。

今週もですね、新年、改まった感じでもう少し引っ張ってみたいと

思ってるんですが、少しポップなところ、こじつけで理由をつける

とすれば、また普段の生活に戻ったんだなぁと思ってしまっても、

とりあえは、明るい気持ちでいられるような音楽をということで、

お送りしていこうと思ってます。

本日はパイロット(Pilot)の「ジャニュアリー(January)」の

ピックアップ。ほとんど、タイトルのみで選んでしまっていると

思われて大いに結構なんですけど(笑)、1975年の全英No.1ヒット、

ポップなメロディラインがなかなかイカした曲だと思います。

パイロットはイギリスのバンドで、元ベイ・シティ・ローラーズの

デヴィッド・ペイトンとビル・ライオールが中心メンバーであったため

アイドルバンドと見なされてしまい、正当な評価を受けることなく

不遇をかこってしまったバンドではありますが、

確かに、そのメロディとサウンドは、あまりにも分かりやすい

ってことにもなるんですけど、キラリと光るポップセンスを称えた

バンドであったことは間違いなく、当時の評価を苦々しく思っている

ファンは多数いるってことが、ネット検索してみた結果判明して

います^^(過去にココでは、コレも良い曲なんですが「Magic」を

コチラで取り上げさせてもらってます。そして、パイロットについて

詳しくは、コチラWikiで、さらに詳しくはコチラのサイト様でどうぞ)

ということで、まさに2012年、平成24年の1月って感じ、

パイロットで「ジャニュアリー」です。



Pilot - January


今回は、ポップなメロってことだったんですけど、

そういったポップな作品を生み出す巨匠、天才と言えば、

ポール・マッカートニーを私はまず思い出しますが、

もし、この曲をポールが歌ったらといった映像が、

YouTubeにはありました。ポールのファンであればあるほど

笑えるんじゃないかと思いコチラ←クリックでってことで、

オマケと言っては何ですが、付け加えさせていただきます^^





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。