FC2ブログ

やっぱ凄いと思う4人のしみじみ

しみじみと、夏の終わり、秋の訪れを感じながらの選曲ということで、

今週はお送りしてきたブログ★ラヂオになりますが、

最後の登場になるは、ビートルズ(The Beatles)ってことで

締めくくってみたいと思います。

曲は、「イン・マイ・ライフ(In My Life)」、

ジョン・レノンがリード・ヴォーカルを取る切ない一曲です。

1965年発表のアルバム「ラバー・ソウル(Rubber Soul)」に

収録されていて、詞はジョンによるもの、メロディーの方は、

ポール・マッカートニーとの共作、一説では、ポール単独の作曲とも

言われています。ってかポールは、そう言っているようです^^

コチラのWikiを参照してみました)。

途中のバロック音楽風、チェンバロを弾いているようなソロも

印象的なものですが、これは、元々ピアノでゆっくりと弾いて

録音されたものを、実際の曲のテンポに合わせて高速で再生させたら

このような音になったということのようです。

確かにそう言われてみると、ソロの最後の方が不自然に

早く感じたりします。

といった感じで、録音の方法とかも凝っている分けなんですけど、

「ラバー・ソウル」は、プロデューサーのジョージ・マーティンと

共にビートルズがそういった録音等も含め、トータルな面で

意識的に取り組み出した最初のアルバムとされています。

このアルバムと次の「リボルバー」辺りをビートルズの最高傑作とする人も

少なくないです。

私は、多分、4人が一つの方向を向いていて、しかもそれぞれが、

音楽的な高みに達し脂が乗りきっていたのがこの頃って

感じがするんですよね。

この辺を最後に段々と別々の方向に向かって行くように思います。

(アルバム「ラバー・ソウル」について詳しくはコチラを)

・・・と、ビートルズオタクっぽい事ばかり書いていても、

この曲の切なく、しみじみとした雰囲気が失われてしまうような

気がするので、切り上げることにしましてですね、YouTubeより貼らせて

いただいた映像は、訳詞がメインになってるものなんですけど、

こうして、詞をかみしめながら聴いてみるとこの曲のしみじみ感が

さらに増してくるってことになってます。

一番愛おしい人というのは、モトカノ?、いや、ジョンの半生を

考えると私は母親のような気がします。

そして、別バージョン、ビートルズの映像と共に見られるPV風YouTubeも

下方に貼り付けさせて頂くことにします。

それでは良い週末を、ビートルズで、「イン・マイ・ライフ」です。





The Beatles - In My Life

In My Life - The Beatles 1962?1966 (The Red Album)




スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv