スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

楽しジャズ、「ウナ・マス」

8月も最終日、なんとなくまた一つの区切りがついた

ってんですかね、そんな感じもいたしております。

新総理も誕生したことですし^^

で、今週のブログ★ラヂオ、夏真っ盛りの時期に行きそびれて

しまった、ジャズ、フュージョン・サウンドでお送りしよう

ということでやらせてもらってますが、本日は、ラテン・ジャズといった

ところで知られている曲「ウナ・マス(Una Mas)」をピックアップ

してみます。

初演は、1963年発表のケニー・ドーハムの同名のヒットアルバム

Una Mas」に収録されたものになります。

・・・が、これ15分にも及ぶ長尺の演奏になるんですよね~。

YouTubeにある音源もPart1Part2と分けられているくらいで、

ココでアップするのは、ちょっと気が引けてしまうってことなんですけど、

そこは、ブログ★ラヂオ、近年注目のトランペッター、

ロイ・ハーグローブ(Roy Hargrove)がカバーした映像を発見したので、

こちらのアップで、行かせて頂くことにしたいと思います。

(ケニー・ドーハムの演奏はリンクが貼ってあるので、興味を持たれた

方は、クリックでどうぞ。そして、この曲について詳しくはコチラ

ご覧ください)

ロイ・ハーグローヴのバージョンのスタジオ音源は、1997年発表のアルバム

「ハバナ(Crisol Habana)」に収録されている分けなんですが、

この作品が、第40回グラミーの「最優秀ラテン・ジャズ賞」に輝き、

以降、ストレートなジャズと並行し、ネオ・ソウルやヒップ・ホップ

といった広範な分野へとその活動域を拡げる、現代的で、ヒップな

トランペッターになります。(詳しくはコチラ←クリックで)

で、貼らせて頂いた映像は、ホント、楽しげな演奏風景なんですが、

ところどころに見せ場が用意され、エンターティナーの要素も満載で、

これも9分弱という長い演奏になるんですけど、

決してあきることなく、楽しんで頂けることと思います。

ちなみに「ウナ・マス」、なんだかウナギとナマズ、もしくはマスみたいな

魚系を想像してしまうんですけど(笑)、英語で言うところの

「Once More」、「もう一回」という意味になるようです。

ということで、ロイ・ハーグローヴの「ウナ・マス」です。



Roy Hargrove - Una mas

Una Mas - Habana ← アルバムのみになります。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブラジリアン・ファンク?

さて、早いもので、8月も今週で終わり、9月になろうかとしています。

どうやら今年も猛暑っぽいところは、無事乗り切れた感じになってますけどね、

それでも、昼間は蒸し暑かったりで、まだ、しばらくは、夏の名残りを

感じながらの生活になりそうです。

で、今週のブログ★ラヂオ、本当は、夏真っ盛りの内に取り上げて

おきたかったけれども、つい出しそびれてしまった、ジャズ、

フュージョン・サウンドといった趣で、また一週間綴っていこうと

思ってます。まぁ、なんだかんだとやってる内に、ついこの時期に

なってしまったというだけで、たいした意味合いもないのですけど、

あえて、理由を付けるとすれば、シックでエレガントな秋に向けて、

ちょいとオシャレな、ジャズ、フュージョン・サウンドもよろしかろう、

といった感じです^^

で、本日は、ジョージ・デューク(George Duke)の

「ブラジリアン・ラヴ・アフェア(Brazilian Love Affair)」です。

もう、「ブラジリアン」ってところがね、夏の香り満載なんですけど、

この時期ということになります(笑)

1979年発表、名作の呼び声高い同名のアルバム、

ブラジリアン・ラヴ・アフェア」の表題曲です。

ジョージ・デュークは、ピアニストでコンポーザー、プロデューサーにして、

歌も歌うってことで、マルチな才能に恵まれた人なんですけど、

もっとメジャー・シーンで活躍し、一般に知れ渡っていても

いいように思いますが、一番人気があったのが、

スタンリー・クラークとディスコ的なコラボをしていた時期になる

のかなぁ、それ以外は、割とコアな音楽ファンの間で有名ということに

なるのかもしれません。

おそらく、本人的には、ピアニストとしての演奏家というのに、

一番のこだわりがあるところなんだろうと思います。

貼らせて頂いた映像も、実力派ピアニストとしての力量が、

思う存分発揮されている様子がうかがえるものになっているんじゃ

ないでしょうか。ん~、カッチョエエ。あと、皆さん上手い!^^

ってことで、ラテン、サンバのような、でも、彼お得意のファンクのような

サウンド、お楽しみ頂けることと思います、ジョージ・デュークで、

「ブラジリアン・ラヴ・アフェア」です。



George Duke - Brazilian Love Affair




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

傑作アルバムからの過ぎゆく夏

今年の夏もいよいよ終盤、猛暑という感覚は、

すっかり忘れ去られた感じになってますけどね。

それにしても、毎日はっきりしない天気、雨なんだか

曇りなんだか、でもちょっと晴れたりみたいな、

総じて、蒸し暑いという日が続いてます。

まぁ、鬱陶しい感じの残暑になってる分けですが、

そんな文句もいいつつも、やはり夏が終わっていくのは寂しい

ものです。で、今週のブログ★ラヂオは、このような残暑にも

心地良く響くソウル、R&Bっていう感じでやってきていて、

本日は、「サマー・ソフト(Summer Soft)」っていう曲の

アップです。スティーヴィー・ワンダーの1976年発表の

大傑作アルバム「キー・オブ・ライフ (Songs in the Key of Life)」

に収録された一曲になります。

ホント、すんごいアルバムで、聴く度に凄いんですけどね、

それが、30数年間、まったく変わらない感覚で、いつの時代でも

何のてらいもなく凄いというのは、ちょっと他にない感じです。

・・・と、ひたすら「凄い」を連発してしまう分けなんですけど(笑)、

ポピュラー・ミュージックって、こと音に関しては、流行りすたりが、

激しくて、どうしても新旧を感じてしまうものなんですけど、

このアルバムには、何故かそれがないんですよね。

天才スティーヴィーの才能が爆発して普遍になったってことに

しておこうと思います^^

で、この「サマー・ソフト」は、そこに収録された曲の中では、

脇役的な位置づけの佳曲って感じではあるんですけど、

それでも、この出来ってことですからね、やっぱ凄いんです^^

今週のブログ★ラヂオのテーマ的には「サ~マーズ ゴ~~ン♪」

って歌われている辺りがピッタリのように思うんですけど、

「夏と共に彼女も行ってしまった」という歌詞で実際には、

10月に夏の出来事を振り返っているという内容になります。

で、YouTubeより貼らせて頂いた映像なんですけど、

スティーヴィーじゃなくて、インディア・アリーのライヴの様子です。

残念なんですけど、この曲のスティーヴィーのライヴや映像というのは、

ありませんでした。音源は下の方に貼らせてもらうことにします。

インディア・アリーは、近年注目のシンガーになるんですけど、

アコースティックなサウンドのR&Bといったスタイルが、まさに、

現代の癒しといった様相で、多くの人の指示を受けている分けですが、

ここでも、そのオーガニックな歌いっぷりが、なかなかいい感じで、

素晴らしく、アップさせて頂くことにしました。

そして、注目すべきは、アレンジも音の感じも、ほぼスティーヴィーの

オリジナルのままに演奏されてるんですけど、まったく現代の音

として響いている辺り、やはり「キー・オブ・ライフ」凄いと

なるかと思います。

・・・とまとまった感じもあるので、インディア・アリーの歌で、

「サマー・ソフト」です。

因みにスティーヴィーも観客として見ていて、最後の握手で

登場してます^^



India Arie - Summer Soft



Stevie Wonder - Summer Soft

Summer Soft - Songs in the Key of Life




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アシュフォード&シンプソン的ジャクソン5

いつものように、昨日は、というか、今日の深夜、

ブログを巡りをさせて頂いた分けですが、最近、ココにもたまに

ありがたいコメントも寄せて頂いている、女性ヴォーカリストPATTIさん

ところでお見受けした記事なんですけど、アメリカの夫婦デュオにして、

ソング・ライターチームである、アシュフォード&シンプソン

(Ashford & Simpson)の夫方、ニコラス(ニック)・アシュフォードさん

が、22日にお亡くなりになられたということを知り、

そ~なんだぁ~、と残念な気持ちにもなっているところなんですが、

おりしも、今週のブログ★ラヂオは、まだまだ暑さも残る残暑にも快適で、

夏の名残を思わせる、ソウル、R&Bのチョイスということで

スタートさせていて、まさに、そんなシチュエーションにも

合う美メロのソウル・ミュージックも多々残されている

アシュフォード&シンプソンということでもあり、ここはやはり、

ご冥福を祈りつつ、そんな中から一曲選ばせて頂こうと思ってます。

1960年代後半、モータウン所属のソング・ライター・チームとして

活躍していた時期のものなんですけどね、特に、マーヴィン・ゲイ&

タミー・テレルのデュオに提供された楽曲で知られていて、もちろん、

「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」が、一番の有名曲になると

思われますが、過去にコチラで取り上げてたりするので、本日は、

「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング

(Ain't Nothing Like The Real Thing)」で、行ってみます。

・・・と、まぁ、実はこれもココでは過去にグラディス・ナイトと

ヴィンス・ギルのデュエットという私のかなりのお気に入りバージョン

コチラで紹介してたりするんですけど、ならば、今回は本家、

マーヴィンとタミーのバージョンかというと、これも、YouTubeでは、

コチラにありますが、でも、動画は見当たらない、ってことで、

見つけたのが、ジャクソン5のカバーです。

これがなかなかいい感じなので、今回のアップということに

させていただくことにしました。ちょっとスローなテンポのアレンジが、

さらに今回テーマのブログ★ラヂオの残暑的なイメージにも

ピッタリという気がした分けです。

で、まぁ、考えてみたら、マイケルも、マーヴィンも、タミーも

みんなあちらの世界へ行かれてしまった人達ばかりで、そして、

今回ニコラス・ラシュフォードもってことになるんですけど、

天国は、そりゃ大変なことになってることと思います。

ということで、音源的には、1972年発表のジャクソン5のアルバム、

Lookin Through the Windows」に収録されているものになり、

子供時代でありながら、マイケルの非凡さもやはり感じてしまう

映像になるんじゃないでしょうか、で、パーカッションの本当の子供は、

やはりジャネットってことになるんですかね?、って感じですが、

ジャクソン5で、

「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング」です。



The Jackson 5 - Ain't Nothing Like The Real Thing

Ain't Nothing Like the Real Thing - Goin' Back to Indiana / Lookin' Through the Windows




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

マイ、マイ、マ、マ、いい感じのR&B

え~、また今週も始まった分けですが、

昨日は、徳光さんが例の日テレのチャリティー番組で

走ってたようなんですけど、どうなんでしょう、

盛り上がったのかな?、私、走ってるシーン、ひとつも

見なかったんですけど^^、無事完走できたようですね、

お疲れ様です。・・・と、まぁ、無意味な感じで始めてみましたが、

それよりも、昨日は、日本女子バレーボールを見てたんですけどね、

世界最強と言われるロシア相手に、3セットストレートで、日本が

完勝してました。こちらは、凄かったですよ!、強豪ロシアチームを

まったく寄せ付けることのない実力を、日本女子バレーボール

チームはいつの間にか備えていたようで、久々にスカッとする

試合っていうのを見たように思います。なでしこと共に今後人気も

急上昇していくことを予感させる試合振りでした。

あと、昨日は韓流 ドラマの「イ・サン」を見たかな・・・

結構ハマってるんですよね(爆)

・・・って感じで、ブログ★ラヂオ、本題に移っていく分けですが、

最近はめっきり涼しいのですけど、今日あたり午後は雨も上がって

蒸し暑さも感じるようになってます。まだまだ、残暑、暑い日も

あるように思うんですけど、今週は、そんな蒸し暑い残暑にも

快適で心地良く響きそうな、それでいて、夏の名残みたいなのも

感じる、ソウル、R&B、といったところのチョイスで参りたいと

思います。

で、本日は、ジョニー・ギル(Johnny Gill)の

「マイ・マイ・マイ(My, My, My)」です。ジョニー・ギルは、

弱冠16歳でデビュー、ボビー・ブラウンの後釜として、

ニュー・エディションに参加しメジャーで知られるようになり、

解散後1990年に発表されたソロアルバム「Johnny Gill」が大ヒット、

この「マイ・マイ・マイ」は、そこに収められたヒット曲にして、

R&Bの名曲として知られてます。

野太く伸びやか、力強い深みのある歌声、やはり歌上手いって感じで、

本格派のソウルシンガーです。

アルバム「Johnny Gill」は、当時名うてのプロデューサー陣、

LAリード&ベイビーフェイスやジャム&ルイスのバックアップを

受けたもので、この「マイ・マイ・マイ」は、ベイビーフェイスの数ある

名作の中でも、屈指のものになるかと思われます。

ということで、ここ数十年来、ソウルがR&Bと呼ばれるように

なってからは、ちょいエロなPVが多いようなのですが、若者の妄想を

かき立てるっていうんですか(笑)・・・曲は結構爽やかな感じも

あるんですけどね、もちろん昔懐かしのフォークダンス、

「マイ、マイ、マイ、マイ、マイムベッサッソン♪」とは

違いますが(笑)・・・と、まぁ、そんなところで、

ジョニー・ギルで、「マイ・マイ・マイ」です。



Johnny Gill - My, My, My

My, My, My - Johnny Gill




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

帝王のメロー・センチメンタル

今週は、夏のクールダウンといった様相でやってきた

ブログ★ラヂオなんですけど、今日は、天候までなにやら

クールダウンといった感じで、大分しのぎやすくなってますけどね、

本日は、マイルス・デイヴィス(Miles Davis)の登場で、

曲は「ブルー・イン・グリーン(Blue In Green)」を行ってみます。

1959年発表のアルバム「カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)」に

収録された一曲です。

以前にもコチラで、そこに収録されている「ソー・ホワット」を

取り上げているんですが、夏の夜にこそ相応しい

私が、人類史上最もクールと評してやまないアルバムです。

マイルス・デイヴィス、ジャズの世界では、帝王などと言われている

分けですが、この「ブルー・イン・グリーン」でも、そのリリシズム溢れる

それでいて、貫禄の演奏は存分に発揮されていて、よく

「卵の殻の上を歩いているようだ」などと表現されるんですけど、

まさに、マイルスの真骨頂といった演奏になってます。

ホント、美しい曲ですけどね、どうやら作曲者としてクレジットされて

いるのはマイルスになるようなんですが、実際には、ここでピアノを

弾いているビル・エヴァンスの作曲になります。エヴァンスは、そのことを

ずっと不満に思っていたようなんですけど、そこは、帝王ならではの

理不尽さということになると思われます^^

エヴァンス-マイルス-エヴァンス-ジョン・コルトレーン-エヴァンス-

マイルス-エヴァンスという展開で、ソロが繰り広げられていくんですけど、

もちろん、コルトレーンも含めどのソロも素晴らしい分けですが、

このエヴァンスのサンドイッチ状態という曲構成ながら、そのピアノが

出てくるたびにハッとさせられてしまうエヴァンスの力量というのも、

やはり凄いものだと思います。

で、今回YouTubeから貼らせてもらった映像はイメージ映像になりますが、

まるで短編映画でも観ているかのようで素晴らしく、こちらも

すこぶる良く出来たものになってます。

といったところで、夏のセンチメンタリズムといった感じでしょうか、

マイルス・デイヴィスで「ブルー・イン・グリーン」です。

(アルバム「カインド・オブ・ブルー」について詳しくは

コチラを、マイルス・デイヴィスについてはコチラをご覧下さい)



Miles Davis - Blue In Green

Blue In Green - Kind Of Blue




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スイスからお届けのクール

お盆休みも終わり、また日常の生活に戻られていることと

思います。と、まぁ、そんな今日この頃にはなりますが、まだまだ続く

夏ということで、今週のブログ★ラヂオは、夏の疲れを癒す音楽

といった感じで進めていこうと思っているのですけど、

本日は、ドゥーブルの「キャプテン・オブ・ハー・ハート

(The Captain Of Her Heart)」のピックアップで行ってみます。

Doubleと書いてドゥーブルと読む、スイスで結成された

カート・マルー(Kurt Maloo)とフェリックス・ハウ(Felix Haug)の

ユニットによる1986年のヒット曲です。

ちょっとジャズっぽくもある、なかなかにクールな演奏で、

この猛暑の最中には、持ってこいの一曲、日本では、当時カフェバー

なんていうオシャレなスポットで重宝された曲になります。

サビのところのピアノのリフが印象的なんですけど、

いきなり現れるので唐突のようでもあり、でも、そのちょっとした

違和感が、スパイシーな感じでなかなか心地良かったりする分けです。

Captain Of Her Heart~彼女の心のキャプテンという意味になりますかね、

遠く離れてしまったキャプテンを彼女はもう待つことができない

みたいな歌の内容になりますが、原詞、訳詞は、コチラ

掲載されていますのでどうぞ。

YouTubeより貼らせて頂いた映像は、ドゥーブルというよりは、

カート・マルーのソロなんですけど、現在では、フェリックス・ハウは

心臓発作のためお亡くなりになられていて、どうやらこれはその後リメイク

されたもののようです。曲の雰囲気はそのままなんですけど、

ソウル・ファンクなアレンジのこちらのバージョンの方が、現代的で、

私的に気に入ってしいるし、幅広い世代で楽しんでもらえるような

気がしたので選んでみました。因みにオリジナルの演奏によるPVは

コチラ←クリックでどうぞ。

ということで、ドゥーブル、「キャプテン・オブ・ハー・ハート」です。



Double - The Captain Of Her Heart

The Captain of Her Heart - Soul and Echo ← カート・マルーのリメイクバージョンです。

The Captain of Her Heart - Blue ← オリジナルバージョンです。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。