スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サンタナ復活の大ヒット、ちょい桑田っぽい?

さて、今週は、ラテン・テイストのポップスといった感じで、

夏を演出してみようということでしたが、本日は、

大御所サンタナの登場で、とりあえず、今週のところは、締めといった

感じにしたいと思います。

前回のマット・ビアンコは、人の名前だと思いきやグループ名でしたが、

このサンタナも、実はグループ名で、ギタリスト、カルロス・サンタナが

率いるバンドの名前がサンタナという、ややこしいことになってます。

・・・ってサンタナが登場する度に同じようなこと書いてますけどね、

テストに出そうな重点項目ということで、口をすっぱくして言ってる

分けですが、もちろん、サンタナは、1960年代の後半から活躍を続ける、

ロックの殿堂入りも果たしたビッグネーム、ロック史上においても、

ラテン・サウンドを大胆に取り入れ数々の傑作アルバムを発表し、

多くのアーティストに影響を与え、多大な功績を残したバンドになります。

でも、まぁ、長いことこの世界にいると、当然のようにスランプの

時期というのもある分けで、このサンタナも1980年代くらいからは

そんな状況に陥っていくのですが、そのスランプから不死鳥のごとく

脱した1999年の大ヒット曲、「スムース(Smooth)」が

本日のチョイスです。

今週のテーマ、ラテン・テイストのポップスと言うには、

本格的なラテンの感じだったり(エロかったり官能的)、

ロックっぽかったりで、いままでの爽やかテイストとは異なりますが、

でも、まぁ、アメリカでは、12週連続で1位にも輝いてるなんてこともあり

ますし、やはり、ポップスの名曲ということにもなるんじゃないかと思います。

アルバムで言うと、「スーパーナチュラル」に収録されている分けですが、

このアルバムの特徴として、エリック・クラプトン、デイヴ・マシューズ、

ローリン・ヒル・・・etc.といった多彩なゲストと共演した曲がライン・アップ

されているんですけど、以降この傾向は、サンタナの作品作りにおいては、

現在まで続く感じになってます。「スーパーナチュラル」、私も持って

ますけどね、凄く良く出来ていて、聴き応えのある傑作だと思います。

で、この「スムース」は、アメリカのシンガーソングライターで、

マッチボックス・トゥエンティというバンドにも所属する、

ロブ・トーマスとの共演になり、ロブ・トーマスによる書き下ろしで、

ヴォーカルをとってます。まぁ、この曲のヒットで、この人は一躍有名に

なったってことにもなります。

歌の内容は、「君は、スムースだ、素晴らしい!」ってことなんですけど、

何がスムースかというと、立ち振る舞い、所作、諸々、エロ事って

感じになるのかな(笑)

ということで、聴いてるとなんだかヴォーカルが桑田佳祐に

思えてきたりもする、サンタナfeat.ロブ・トーマスで、

「スムース」です。

(サンタナについて詳しくは、コチラ、そしてコチラが面白かったです、

興味のある方はどうぞ。歌詞・和訳はコチラで掲載されてます。)



Santana - Smooth (feat. Rob Thomas)

Smooth - Ultimate Santana




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

まさに軽快、イエー・イエー♪

夏らしいラテン・テイストなノリで、ポップな曲といった

イメージで、何曲かお送りしてみたいということで始めてみた今週、

本日は、そんなノリならばということで、ふと思い出した、

マット・ビアンコ(Matt Bianco)の登場で行ってみます。

マット・ビアンコ、名前だけは何となく耳にするんですが、

これ、人の名前じゃなくて、グループ名なんですよね。

・・・みたいな、ってことで、実は、恥ずかしながら今回取り上げるに

当たり調べてみて初めて知ったんですけど(笑)、まぁ、そうやって

音楽知識も増えていくってものですが、マット・ビアンコは、

マーク・ライリーを中心とするイギリスのバンドユニットになります。

現在でも一線で活動を続けていますが、一番ブレイクしていた時期は、

80年代になるのかなぁ、いや、84年にデビュー以来、現在まで、

コンスタントにアルバムを発表し、まぁ、オシャレ洋楽ファン筋

とでも言いますか、そんなところでは、人気をずっと維持している

グループということになりそうです。

ジャズ、ラテン、ポップスの融合という音楽性、いかにもといった

UK、心地良いサウンド系の老舗グループになります。

ちなみに、日本で最も知られるようになったのは、憶えている人も

多いかと思いますが、日産・ティアナのCMでドゥービー・ブラザーズの

カバー「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」が起用されたことに

よります。(コチラで聴けます、さらには、オリジナルはコチラ

どうぞ、マット・ビアンコについて詳しくはコチラ又は

コチラ←クリックでご覧下さい)

で、本日アップの曲は、「イエー・イエー(Yeh Yeh)」。

かなりポップな一曲になますが、オリジナルは、ジョージィ・フェイム

なるんですけどね、私的には、相当好きな曲ということで、

ジョージィ・フェイムのバージョンで、いつかココで取り上げてみたいと

思ってたんですけど、たまたま、マット・ビアンコのカバー・バージョンを

見つけてしまい、それも、かなり出来が良いということで、

今回のアップになったというのが、真相って感じになります^^

ということで、これは、1986年発表のアルバム「Matt Bianco」に

収録され、シングルとしてもヒットしています、

マット・ビアンコで、「イエー・イエー」です。



Matt Bianco - Yeh Yeh

Yeh Yeh - The Best of Matt Bianco



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

80年代テイスト、ラテン・ポップで夏元気

台風が過ぎ去った後、空気が入れ替わったようで、

しばらくは、フレッシュで爽やかな過ごしやすい日が

続いてましたが、その空気もしっかりと強烈な陽射しで

温められ、熱せられて、また絶好調の夏の陽気が復活してます。

やっぱ夏はこうでなくっちゃ!

・・・と、カラ元気の一つも飛ばしてみた分けですが(笑)

でも、まぁ、夏もまだまだ前半戦でもあるし、もうしばらくは、

元気に夏を楽しむ感じで行ってみたいということで、

今週のブログ★ラヂオは、夏らしいラテン・フレーバーのヒット曲、

元気の出そうなところで、また何曲かチョイスしてみたいと

思ってます。

で、本日は、デバージ(DeBarge)の「リズム・オブ・ザ・ナイト

(Rhythm Of The Night)」という文句なく楽しい曲で行ってみます。

デバージは、ジャクソン5の流れをくむモータウンが輩出した

家族コーラスグループになります。デバージ一家は、元々は10人兄弟

というから凄いです。その内の5人によって結成されたグループになります。

リードをとってるのが、エル・デバージ、YouTubeから貼らせてもらった

映像では、完全に道交法違反の車の乗り方をしている分けですが、

この人の、高音で、透き通った歌声がこのグループの大きな魅力の

一つになってます。80年代には、すこぶる人気のあったグループです。

で、やはり超人気の一曲と言えば、名曲「アイ・ライク・イット」という

ことになり、ココでは、過去にアップしていて、ふさけた映像では

ありますが、コチラ←クリックで、聴いてみるのもよろしかろうと

思います。

そして、まぁ、今回はこの記事を書くに当たり、調べていて

驚いたんですけど、グループの一員、ジェームス・デバージの娘さん、

クリスティニア・デバージ(Kristinia DeBarge)が、ベイビー・フェイス絡みで、

デビューしているとのこと、時の流れを感じてしまったんですけどね、

まぁ、トシちゃんの娘さんも芸能界入りしたってことらしいですし、

そういことにもなるってことなんでしょう^^

ということで、1985年発表の同名のアルバムに収録され、ヒットした

デバージで、「リズム・オブ・ザ・ナイト」です。

(デバージについて詳しくはコチラ又はコチラ

ご覧いただければと思います)



DeBarge - Rhythm Of The Night

Rhythm of the Night - DeBarge: The Ultimate Collection




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

J・サマー・オーシャン・イメージ

今週初めの月曜は「海の日」だったということで、

単純に海にちなんだ音楽を何曲かという企画の今週ではありましたが、

まぁ、いろいろアリの、たった2曲で終了かよ、ってことにも

なるんですけどね^^、本日登場、高中正義の、1982年に発表された

ライヴ・アルバム「オーシャン・ブリーズ」に収録されている

「メドレー」で、一応今回のこの企画は締めにさせて頂こう

といった感じです^^

アルバム・タイトルが「オーシャン・ブリーズ」で、海にちなんでいる

ってことになる分けですが、日本の夏&海と言えば、やはり高中なんていう

イメージも私達世代には結構強かったりするものです。

このアルバム「オーシャン・ブリーズ」は1980年代初頭、高中正義が

ノリに乗っている頃に敢行された「Power Play」と銘打った

ライヴ・ツアーの模様が収録されたもので、その1曲目に収められている

「メドレー」は、ギタリスト高中正義がソロとして活躍するようになった

初期の代表曲が、メドレー形式で演奏されているものです。

それはそれは、キッチリとしたアレンジで、メロディアスで

分かりやすい明快なフレーズが次から次へと演奏されていきます。

いかにも高中らしいって言うんですか、通常のギタリストであれば、

アドリブ・ソロの一つも混じえて盛り上げたりもするんでしょうけど、

この人の場合、ひたすら計算された美味しいフレーズだけを積み上げて

曲を構成していくことになります。

まぁ、曲のテーマ部分をつなげたメドレー形式だから

そういうことにもなるんでしょうけど、これぞまさに、

高中正義の真骨頂といったところです。

別に、アドリブ・ソロが弾けないからとか、そういうことではなく、

高中正義がストイックに心地良さを追求し創り上げた独自のスタイル

ってことになるんだと思うし、これは、これで、素晴らしい

のではないでしょうかね。とにかく、夏のお楽しみといった演奏です^^

元BOOWYの布袋寅泰というギタリストがいますが、やはりこのタイプ

なんじゃないかなぁと、テレビでたまに見かけると思ったりします。

ちなみに、「メドレー」の演目は、BELEZA PULA~トーキョーレギー~

I REMEMBER YOU~RADIO RIO~TAJ MAHAL~SUMMER BREEZE~

伊豆甘夏納豆売り~SEXY DANCE~憧れのセーシェル諸島~

スイート・アグネス~EXPLOSION~OH! TENGO SUERTE~

MAMBO NO.5~M5~AQUARELA DO BRAZIL(BRAZIL)です。

YouTubeより貼らせていただいた映像は、まぁ、この映像を発見したから

今回のアップということにもなるんですけどね、そこでの説明文を

見ると、2003年に80年代当時のものを再現した演奏ということになります。

前半、ギターのピッチ、ちょっと甘目かなぁという気もするんですけど・・・

まぁ、気のせいでしょう(後半は直ってるし^^)、ってことで、

高中正義、アルバム「オーシャン・ブリーズ」から、「メドレー」です。



高中正義 - Medley

メドレー - Ocean Breeze ← アルバムのみの収録になります。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

穏やかな癒しの「波」

え~、今週は月曜日が、海の日の祝日ということもあり、

夏と言えば「海」、海にちなんだ曲を何曲かチョイスしてお送り

させて頂こう考えていましたが、前回は「なでしこジャパン」の

偉業達成に、つい気を取られてしまい急遽予定を変更ということでしたが、

本日は、また、本来業務に戻りましてですね、「海」といった曲を

選んでみる分けですが、アントニオ・カルロス・ジョビンの

「波(Wave)」なんてところはいかがなもんでしょう、という、まぁ、

前回のジョー・コッカーに続いての大人路線で行ってみたいと思います。

アントニオ・カルロス・ジョビン、トム・ジョビン とも呼ばれてますけどね、

ブラジルを代表する作曲家で、ボサノヴァの創始者などとも

言われてる分けですが、ボサノヴァと言えばの一曲、「イパネマの娘」の

作曲者として大いに知られています。さらには、ピアノ演奏者としても

多数の作品を残していて、この「波」は、彼自身の演奏による代表曲になります。

(さらに詳しくお知りになりたい方は、コチラをご覧頂くのが、

よろしいでしょう)

ブラジルを拠点に活躍した人ということになりますが、この「波」は、

アメリカに渡り、CTIレコードで録音されていて、ネイティヴなボサノヴァ

というよりは、かなりソフィスケイトされていて、

「究極のイージーリスニング・ミュージック」などとも評される、

1967年発表の同名のアルバム「(Wave)」に収録されています。

あの3月11日の忌まわしい大波の傷跡は決して癒えることもないのですが、

反面、この穏やかで優しい「波」には、人は、心地よさを感じ癒されもする

ってことなんですけど、ん~、「自然」ってやつは・・・って感じでしょうか。

とは言っても、今回貼らせて頂いた映像のライヴ演奏は、アルバム収録の

オーケストラのストリングス等で彩られたサウンドに比べると、

少人数のバンド編成によるもので、かなり元気の良い感じのアレンジには

なってるんですけどね。でも、まぁ、ジョビンのピアノの穏やかさは変わない

心地良さで響いてます。(アルバム収録の演奏はコチラ←クリックでどうぞ)

ということで、猛暑、女子ワールド・カップ、台風と少々緊張続きの

今日この頃といった気もしますけど、そんな流れの最中では、ちょうどいい

温度感で、一時のくつろぎといった演奏になるのではと思います、

アントニオ・カルロス・ジョビンで「波」です。



Antonio Carlos Jobim - Wave

Wave - Wave




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

おめでとう「なでしこ」

今日は、日本の誇る女子サッカーチーム、

「なでしこジャパン」の女子ワールド・カップ・ドイツ大会の制覇で、

どこも持ちきりだったことだろうと思います。

見事世界ランク1位の強豪アメリカチームを、延長戦の後、

PK戦の末下した分けですが、押しに押されながらの苦しい

試合展開でありながらPK戦も含め、神風は確実に日本の側に

吹いていた、そんな試合内容でもありました。それにしても、この

死闘と言ってもいいような激闘、よく戦い抜いたもんだと思います。

凄い!、感動した!、ありがとう!

ということでですね、今週は、今日が海の日ということもあり、

海に因んだ曲を何曲か、なんてことを考えてたのですが、

急遽予定を変更、ココ、ブログ★ラヂオも「なでしこジャパン」の

偉業に、本日は乗っからせて頂くことにし、

なでしこな乙女達に感謝しつつ、この曲を捧げさせて頂くことに

したいと思います。

オリジナルは、ビリー・プレストンになりますが、

つとに有名なジョー・コッカーのカバーバージョンの方、1975年の

ヒットで、「ユー・アー・ソー・ビューティフル~美し過ぎて

(You Are So Beautiful)」です。

それにしても、澤 穂希(さわ ほまれ)って、誉れ高いって

ことでしょうか、なんか凄い名前だ(笑)

(原詞&対訳はコチラに掲載されてます)



Joe Cocker - You Are So Beautiful

You Are So Beautiful - The Anthology




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バハマ発、陽気な夏

さて、前回は、夏も始まったばかりにして、

いきなりの猛暑ということで、まだまだ当分の間続いていく

暑い季節を前に途方もない気持ちになってしまい、思わず、

サヴァイヴァルなんて言ってますけどね(今日、私のところは37度

という凄いことになってます、爆)、でも、まぁ、やっぱ、夏は楽しい

想い出作りにも相応しい季節で、やはりアクティブに行動するのも

よろしかろうといったところで、本日は、バハ・メン

「フー・レット・ザ・ドッグス・アウト(Who Let the Dogs Out)」

のチョイスで行ってみます。

アクティブに行動する、というか、何かチャラいですけどね^^

ま、このくらいのチャラさも、夏には景気が良くっていんじゃ

ないでしょうか^^、震災後の自粛ムード、節電風潮といったものも

ありますけど、まぁ、音楽くらいは景気良く行ってみたいと思います。

「フー・レット・ザ・ドッグス・アウト」とは、直訳すれば、

「犬を放ったの誰だ!?」ってことになりますが、元々は、アメフトの

選手を指して、こんな強い選手達をフィールドに放ったのは

いったい誰だ?、凄いぞ!、という意味で使われる言葉らしいです。

最近の時流で言えば、「なでしこジャパン」を指して、ということに

なりますかね(違うか、笑)

バハ・メンは、カリブ海の楽園、バハマ出身のグループで、

バハマのジャンカヌーと呼ばれる伝統音楽を基に、現代風なアレンジを

施した底抜けに陽気な音楽を演奏するグループ、夏がくれば思い出す

日本のチューブと同様(古い)、夏の風物詩ってことになるかと思います。

(詳しくはコチラに掲載されてます)

ということで、犬を放ったの誰だ!?、それは・・・、っていうオチも

楽しい映像、ご覧下さい、2000年発表のアルバム

シュガー・ベイビー・ラヴWho Let the Dogs Out)」に

収録され世界でヒットしたナンバー、バハ・メンで、

「フー・レット・ザ・ドッグス・アウト」です。



Baha Men - Who Let the Dogs Out

Who Let the Dogs Out - Who Let the Dogs Out




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。