スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

いかがわしいけど、純なトランペッター

ゴールデンウィーク、大型連休の初日ということに

なりますか、4月29日昭和の日、いかがお過ごしでしょう。

今週のブログ★ラヂオは、そんなところにちなんで、

行楽へ、ドライブのお供に、フュージョン・サウンドという

ことでやれせてもらいましたが、本日は、

ハーブ・アルパート、「ローテーション」のピックアップ

で参ります。

ハーブ・アルパートは、トランペッターになりますが、

まぁ、フュージョンというよりは、イージーリスニング系の人

なんですけどね、1979年、時はまさにフュージョン・ブームが訪れる

最中に発表された「ライズ」というアルバムが、

ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門で、

グラミー賞を獲得するほどの大ヒットとなっていたりで、

フュージョンというか、スムース・ジャズのジャンルに

カテゴライズされる人でもあります。

表題曲の「ライズ」(コチラ)は、インストゥルメンタル・ナンバー

としては珍しい、米チャートでNo.1にもなってます。

今回、YouTubeより貼らせていただいた映像の「ローテーション」

もそのアルバムからの一曲になりますが、何故に有名な「ライズ」

でないのかと言うと(まぁ、どっちにしようか迷いましたが^^)、

私的にこちらの曲の方がカッコいい、というか、今回テーマの

ドライブのお供的なところで、気持ち良さそうと思ったからです。

バックのサウンド・トラックになっている演奏の

リズム・アレンジが、かなりの秀逸さで、ジャズ・ファンク

もしくは、現代のヒップ・ホップに通じるよなカッコ良さと

気持ち良さで響いてきます。

このハーブ・アルパートという人、実は米音楽界では、

結構な大物で、カーペンターズ等が所属している

米メジャーレーベル、A&Mレコードの創設者だったりします。

AはアルパートのAです。ただ、元々は、お金儲けというより、

自身の創作活動のために創設したということのようなんですけどね。

トランペッターの他、作曲家、アレンジャー、プロデューサー

としても活躍する人で、1960年代のデビュー以来ヒット曲も

数多く手かげてます。

特に日本で有名なのは、ラジオの深夜番組、

「オールナイトニッポン」のテーマ、「ビター・スウィート・サンバ」

コチラ)で、誰しもが知るところになるでしょう。

本人的には、トランペッターとしてのミュージシャンという

ところに一番のこだわりがあるようです。

ちょっと、ロス疑惑(三浦〇義)っぽい、いかがわしい風貌

なんですけでね、純粋なこだわりで音楽をプレイした結果、

リッチになってるという風で、やるなぁ~、って感じだと思います^^

(詳しくは、コチラをご覧ください)

ということで、ハーブ・アルパートで、「ローテーション」です。



Herb Alpert - Rotation

Rotation - Rise




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

動じない日本のプロ

今週は、いよいよゴールデンウィークということで、

ドライヴへのお出かけのお供に、BGM的にも馴染む、

フュージョン・サウンドはいかがでしょう、

ということでやらせてもらってますが、

本日は、日本を代表するフュージョン・バンド、

パラシュートの登場で行ってみます。

まぁ、今回YouTubeから紹介させていただく映像が、

パラシュートの二大看板ギタリスト、今剛、松原正樹に

よる演奏になっているので、一応パラシュートということに

させてもうらうって感じなんですけど、これは松原正樹の

ソロ・デビュー25周年記念ライヴの模様で、他メンバーは、



一部を除いてパラシュートとは違ってます。

で、曲は、これも、パラシュートのメンバーによるCD音源も

残されてはいますが、どちらかと言えば、今剛のソロとしての

代表曲で、「アガサ(AGATHA)」です。

なので、主にリードのパートを弾いているギタリストが、

今剛です。

と、まぁ、正確に紹介しようと思うといろいろややこしい映像

なんですけど、曲の方は、流れるようでいてポップなメロディーで、

分かりやすく、気持ち良く、これぞ、ザ・フュージョン・サウンド

といった感じを楽しんでいただけることと思います。

パラシュートは、日本のTOTOなどと言われていたことも

あったようですが、日本のトップ・スタジオ・ミュージシャン達

により結成されたバンドで、デヴィッド・フォスターに代表される

ような緻密で、高度なテクニックに裏打ちされた、大人のAOR的な

サウンド作りが持ち味のバンドです。

カシオペアなどの楽器演奏に主軸を置く、どちらかというと

ジャズ寄りのバンドとは、またちょっと違った路線になるかと思います。

(パラシュートについては、コチラ←クリックでご覧いただける

サイトが凄く詳しいです)

それから、映像では、今剛の弾くギターのピッチがおかしくなって

きたなぁと思ったら、弦が切れるというハプニング付き

になってるんですけど、すかさずフォローに入る松原正樹とか、

まったく動じる素振りをみせず、笑顔で演奏を続ける

他ミュージシャンとか、おぉ!、プロだ!、みたいなのも

かいま見れる、なかなかスリリングな映像であるかとも思います。

百戦錬磨のベテラン・ミュージシャン達ということもあり、

メタボ率高って感じにもなりますが(笑)

ということで、パラシュートで、「アガサ」です。



スミマセン、当初貼らせて頂いていたハプニング込み映像は

削除されてしまいました。BUT、↓ 映像の完璧な演奏がありましたので、

お楽しみ下さい。



Parachute - Agatha




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ドイツのフュージョン野郎

おぉ!、早い!、桜の季節も終わったと思ったら、

さらには、4月も今週で終わりということになりますか。

今年は、考えさせられることもいろいろとあったりで、

時の経つのは、例年よりさらに早く感じます。

一般的には、落ち着きを取り戻し沈静化をみせているとは

言っても、現実的に、解決へとは、ほとんど進展をみせていない

状況にある、避難生活を送られている方々、そして、原発の

問題を引き起こした3月11日の出来事は、忘れ得ぬこととして、

いくら季節が過ぎていくのが早く感じられても、

これからも、まだまだ心に留め置かなけれればならない

事と思ってます。

にしても、まぁ、今週の終わりには、ゴールデンウィークも

控えているということで、それぞれの立場の違いこそ

あるのでしょうけど、それなりに楽しむことも、悪いことでは

ないと思います。

ということで、今週は、ちょいと車でドライヴなんていう

シチュエーションのBGMとしても合いそうな、ご機嫌な

フュージョン・サウンドで何曲かお送りしたいと考えている

ブログ★ラヂオってことで行ってみます。

本日は、ほとんど誰も知ることはないと思われますが(笑)、

ニルス・ゲシンガーの登場です。

とにかく、私が、フュージョン・ジャズ系のサウンドが取り分け好き

だった頃に、なにげに購入してしまい所有しているCDからの

曲なんですけど、経歴とかよく分からないし、ネットで調べても

これといった情報を得ることはできませんでした^^

CDそのものは、ジャズ・フュージョン・ファンの間では

よく知られているレーベル、GRPから出ているのですけどね。

GRPの主催者でもあり、キーボーディストのデイヴ・グルーシン

サウンド的にも似ていることから、第二のデイヴ・グルーシン

なんて言われ方もしている人のようです。

それと、もう一つ重要な情報として分かっているのは、

ドイツのミュージシャンということぐらいです^^

ドイツ人気質っていうんですかね、今回貼らせてもらった映像は、

確かにご機嫌でノリの良いものではありますが、かなり真面目な

演奏といった雰囲気も伝わってきます。・・・ちょっと、固いかな^^;、

でも、まぁ、その辺は、日本人にも相通じるものも

あるように思え、むしろ好印象と映るかもしれません。

ということで、ニルス・ゲシンガー、1996年に発表され、

なかなか良い曲、良い演奏揃い、コンポーザーとして、

サウンド・クリエイターとして、そして、キーボーディスト

として結構な実力が発揮されいる、同名のデビュー・アルバム

よりのタイトル曲、ファンキーなキーボード、

フェンダー・ローズの響きがなかなかカッコいい、

「ダックス・ン・クッキーズ」です。



Nils Gessinger - Ducks´n´cookies




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

そっくりさんの恋のアタック

ってことで、今週はゴールデンウィークを前に

気持ちが上向きになるような、春のウキウキポップスと

いうことでやれせていただきましたが、

本日の登場はビリー・ジョエル

曲は、「あの娘にアタック」、原題が、

「Tell Her About It」で行ってみます。

前回は、ギャル・カルチャーを思わせるアクアということ

でしたが、今回は、無茶せず従来どおり、まさにココらしい、

オジさんカルチャーの代表ということになりますかね(笑)

とは言っても、「Tell Her About It」、「コクっちまいなよ」

くらいの意味になるんでしょうか、そんな嬉し恥ずかしな

恋愛行動を盛り上げて後押しするといった様相で、

アクティヴさをかき立てるようなイケイケな一曲になってます。

1983年発表のアルバム「イノセント・マン」からの

シングル・カットになりますが、このアルバムは、

リズム・アンド・ブルースやドゥー・ワップの影響を大胆に

取り入れた作風になっていて、数あるビリーの作品の中でも、

異色な意欲作といった一枚になるかと思います。

ビリー一流のポップなメロディーを持つ明朗な曲が、

最初から最後までずらりと並ぶ好盤ということになってます。

で、この「あの娘にアタック」は、一聴して分かる通りの

明らかなモータウン・サウンド、やっぱ、ウキウキな

サウンドといえばコレでしょうといった定番で、今や

普遍性を獲得しているもののように思います。

アメリカでチャート1位となる大ヒットになってます。

(ビリー・ジョエルについて詳しくはコチラ

アルバム「イノセント・マン」はコチラ←クリックで

ご覧下さい)

で、今回YouTubeより貼らせていただいた映像がですね、

何て言いましょうか、はっきり言ってしまうと、

そっくりさん映像ということになるんですけどね(笑)

でも、まぁ、悪ふざけというよりは、ちゃんと笑える

エンターテイメントになってると思います。

私は、最初に見た時は、マジなプロモーションビデオ

なのかな?と思ったほどの出来です。

ちょっと出所は分かりませんが、何かの映画からの抜粋

なのかもしれません。設定は、アメリカで超人気のあった

娯楽音楽テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」の

パロディーなんだと思いますけどね。

首のない司会者、エド・サリヴァン(詳しくはコチラ)の

そっくりさん、笑わせてもらいました。

ということで、ビリー・ジョエル、

「あの娘にアタック」です。



Billy Joel - Tell Her About It

本物のライブ映像はコチラ←クリックでどうぞ。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サウンド・オブ・ギャル・カルチャー

来週には、ゴールデンウィークも控えているということで

今週は、春のウキウキポップスといった様相で、

テンション上がる~、アゲアゲ~、みたいな、

・・・訳分かりませんが、そんな感じを醸し出せたらいいかな

ってことでやらせていただいているブログ★ラヂオ、

本日は、アクアの「愛しのバービー・ガール」

(原題「Barbie Girl」)です。

アクア(Aqua)はスカンディナヴィア(デンマーク)の

ポップスグループで、ユーロ・ビート系の楽曲を得意

としているという感じでしょうか。

まぁ、詳しくはコチラをご覧いただくとして、

実は、ユーロ・ダンス・ビート系の曲って、そう熱心に聴いた

こともなく、あまり得意とするところじゃなくて、

このアクアもよく知らなかったりするんですけど、

たまには、こんな、はじけっぷりの良い曲で行ってみるのも

宜しかろうということで選んでみました^^

私は、最近思うんですけどね、音楽には結局のところ、

良い悪いというのはなくて、あるのは、人の好みによるところの、

好きか、嫌いかということだけなんだと思います。

むしろ、どういうジャンルの音楽を、どのような人が好き

だったりするのか、というところに興味があったりします。

で、このアクアということになりますが、これはもう、

ギャルなんでしょうね、私が思うに、そんなところが

ターゲットとしてのファン層であるように思います。

今や、決してあなどることのできない、世界に発信する

日本のギャル文化ということになってるみたいですけど、

この辺の音楽からは結構な影響を受けてるんじゃないでしょうか。

まぁ、私が、単純に若い娘が(も)好きだからという理由

だけじゃなく^^;、しっかりとギャル文化にも目を向ける

ブログ★ラヂオ凄いっ!、ってことなんですけど・・・(爆)

ということで、1997年のヒット、アクアで、

「愛しのバービー・ガール」です。

(因みに、Wikiによると、2001年にヴォーカルのLeneは、

坊主のReneとではなく、Sorenと結婚して、このグループは、

発展的解散ということになってるようです。まぁ、そういことに

なるんでしょうね、やはり・・・^^、

また、現在は再結成されてるようです。

映像の冒頭、メンバー紹介があるので、注目していただければ

と思います)



Aqua - Barbie Girl

Barbie Girl - Aqua: Greatest Hits




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

若年キラメキ☆ポップ

さて、今週もまた始まりました。

季節は春真っ盛りということで、先週は、春を感じる

オシャレで、ジャージーといった趣向の音楽を

選ばせてもらっている分けですが、

今週は、来週にはゴールデン・ウィークも控えている

といったところで、少しテンションが上がるような、

ポップなテイストの楽曲で、春を演出しみようなどと

思ってます。

で、本日の登場となるのは、ハンソンです。

アメリカのハンソン家のバンドということになりますが、

アイザック(長男)、テイラー(次男)、ザック(三男)の

3兄弟からなるバンドです。そして、さらに下には、4人の兄弟が

いるということのようです。(詳しくはコチラでどうぞ)

主にヴォーカルは次男のテイラーがとっているようで、

今回チョイスさせていただく「キラメキ☆MMMBOP(ンー・バップ)」

(原題「MMMBop」)もテイラーによって歌われてます。

この曲は、1997年発表のデビューアルバム「middle of nowhere」に

収録されていて、世界24ヶ国でチャート1位を獲得するという

大ヒットになってます。

当時の年齢は、17、14、12歳という子供達なんですけど、

にわかには信じがたいのですが、本当にこの三人で演奏されて

いるようで、作詞、作曲も彼等が手がけています。

といった感じで、まぁ、ミラクル・チルドレン・ブラザーズ

といった様相なんですけど、最近では、やはり大人に成長していて、

テイラーが、ファウンテインズ・オブ・ウェインの

アダム・シュレシンジャー、スマッシング・パンプキンズの

ジェームズ・イハ、そして、ドラムがなんと、チープ・トリックの

バン・E・カルロスと共に結成した、ティンテッド・ウィンドウズ

なるスーパー・バンドで話題になったりしてました。

(興味のある人はコチラで見てみるのも良いかと思います)

ということで、あどけなさが残るというか、あどけないですけど、

その割りには車を運転していたりもしていて、

向こうではこの年齢で免許はOKなのかな?と思ったりもする

ハンソンで、「キラメキ☆MMMBOP(ンー・バップ)」です。



Hanson - MMMBop

MMMBop - アイ.ラヴ90'S(オンライン.ヴァージョン)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アカペラ風、春のアシッド・ジャズ

もう一年中こんな陽気ならいいのにと思わせる暖かさ、

暑くもなく寒くもなく爽やか、本来なら気も緩みっぱなしに

なるところなんでしょうけど、今年は、そうとばかりも

言ってられないことにはなってますけどね、心中ひっかかる

ことはありつつも、つかの間の一年で最高の陽気を楽しむのも

悪いことではないだろうという気もしてます。

予報では、また寒くなるようなことを言ってますけどね、

気温変動は激しい時期なので、体の方は気抜かりなく、

といったことも付け加えつつ、今週は、そんな春の陽気に誘われた

ような、華やかで、オシャレな音楽をということでやってきましたが、

本日は、インコグニートの「スティル・ア・フレンド・オブ・マイン」

で行ってみます。

オシャレをキーワードになんのヒネリもなく反射的に出てきてしまった

グループなんですけど、まぁ、その辺の芸のなさはお許しいただく

として、今回はYouTubeでなかなかカッコイイ演奏、アカペラと

いっても良さそうなんですけど、これぞミュージシャン、かっけぇ~、

シビレる~、みたいなのを見つけたのでお送りしたいと思います。

ドラム無しの演奏なんですけど、よく誰もリズムを外すことなく

ピタリと合った演奏ができるもんだなと思います、が、おそらくは、

ヘッドフォンをしてるので、メトロノーム的なものが流れている

ことは考えられます。

ただ、オシャレと言えば、この上なくオシャレなものとなっていると

思います。

これは、ラジオ・モンテカルロというラジオ番組に出演した時の模様

ということになりますかね、曲が始まるまでのインタビューが

やたら長くて、その辺もお許しくださいって感じです。まぁ、同業の

ブログ★ラヂオなだけにということで・・・関係ないですけど^^

インコグニートは、ギタリストで作曲家のブルーイ

(ジャン・ポール“ブルーイ”モニック、映像では、

インタビューに答えてる人)を中心にするグループというか、

ユニットで、今でもさらなる活躍を続ける、イギリスの

アシッド・ジャズ、若しくはUKソウルとでも言いましょうか

そんなジャンルを代表するバンドです。

(詳しくはコチラをどうぞ)

この「スティル・ア・フレンド・オブ・マイン」は、

1993年発表の「ポシティヴィティ」に収録されたヒット曲

ということになります。

ということで、インコグニートで、

「スティル・ア・フレンド・オブ・マイン」です。



Incognito - Still a Friend of Mine

Still a Friend of Mine - Positivity




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。