スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「育てる心」で臨みたいと思います

昨日は、サッカー日本代表対Jリーグ選抜といったチャリティー試合の

開催で盛り上がりを見せていました。私は、岡崎選手のシュートが

決まった辺りで、切り上げてしまったのですけど、その後ニュースで

見たカズのシュートには感動してしまいました。やはり、この男こそ

キングと呼ばれるに相応しいと思ったところです。

ただ、この試合でもそうだったですけど、最近テレビを見ていて

気になるのは「頑張ろう」という言葉です。

何をいったい今以上に頑張るんだと、真面目に考え出すと結構ヘビーな

言葉のようにも思えます。でも、まぁ、テレビなどを見ていると

あちこちで募金活動を始める人とかいるみたいで、私のような

人間は機会があればそういったことに少しでも協力させてもらう、

そのくらいのことしかできないし、それで良いと思ってますけど、

どうでしょう・・・

それから、まぁ頑張れるといえば、節電であったり、計画停電、電車の本数が

減ったりだとか、品薄状態、さらには、ひょっとしてこの先ある

かもしれない、被災者支援のための増税だとか、そのようなことで

つべこべ言わずに頑張って耐えていくということなんだと思います。

けれども、これは、考えようによっては、某電力会社だとか権力側の

人達にとって都合の良い話ばかりなんじゃないかと思えてしまったりで、

ひょっとしてあの大袈裟とも思える「頑張ろう」コールは、そういったことを

正統化するためのものかと勘ぐりたくもなってしまいます。

でも、皆が幸せに暮らせるのだったらということで、甘んじることができる

というのもこの国の良いところなのでしょう。

・・・って感じで、ただ画面の向こうで明るく「頑張ろう」と言われても

いろいろめんどくさいことを考えてしまう私ではありますが^^、

この状況でシンプルでいるには、「頑張ろう」という言葉よりも、

「生きよう」とか、今回テーマにしたい「育てよう」という言葉の方が、

私的には、しっくりくるように思います。

「復興」よりも「育てよう」って言ったほうが、なんだか未来を

感じて良いように思いませんか?

ということで、本日の一曲となりますが、

エリック・クラプトンで、「レット・イット・グロウ」です。

「Let It Grow」、「育てよう」というか「育てなさい」的な

ニュアンスになるんですかね。(訳詞はコチラ

例えば、植物を育てるとすれば、前述のように頑張って水を与えることも

必要になってきますが、実際に「頑張る」というよりも、「見守る」

「愛でる」という時間がほとんどで、そういった心のあり方も、今、そして、

今後長い間続くことになるんでしょうけど、大事になるんじゃないかなと

思ったりします。

ってことで、1974年発表のこれも名盤と言われている

461オーシャン・ブールヴァード」に収録された、

ファンの間では結構な人気曲ということになる、

エリック・クラプトンで「レット・イット・グロウ」です。

(461 オーシャン・ブールヴァードについて詳しくはコチラ

クラプトンについてはコチラをご覧下さい)

↓ にもYouTubeよりスライド映像を貼らせてもらいましたが、

今回の記事に合ったオススメのイメージ動画は

Let It Grow ← をクリックで観ていただければと思います。

綺麗な花や風景写真の数々と共に癒されもすることでしょう♪



Eric Clapton - Let It Grow

Let It Grow - The Cream of Clapton




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「良くなる」願い

思えば、こちらでは、ここのところずっと真冬に戻ったかの

ような寒さだったのですけど、そんなことすら話題にするのも

はばかれるような、あの惨事以降の時間を過ごしていた

ように思います。

しかしながら、今日は、本当に春を感じる、暖かな日が差す

一日になりました。時期的には本格的な春が訪れても

全然問題のない頃合いになってるんですよね。

こんな日には、気分だけは、なんとなく全てが良い方向に

向かうように思えてくる分けですが・・・

ということで、ブログ★ラヂオがお送りする本日の一曲は、

ポール・マッカートニーで、「ゲッティング・ベター」を

行ってみます。「Getting Better」、意味は「良くなる」です。

ここのところは、ブルーな気分の表れとでも言うんでしょうか

愚痴にも似た否定的な記事が多かったようにも思うんですけど、

今週は少し前向きな感じで行ってみたいと思ってます^^

この「ゲッティング・ベター」は、

ご存知、1967年発表、ビートルズの最高傑作とも言われて久しい、

ロック史上においても燦然と輝く名盤、

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に

収録された一曲です。

ポール・マッカートニーによる作品で、いかにもポールといった

明るいメロディーと楽観主義を称えた曲になりますが、

そこはビートルズ、一筋縄ではいかないメロディーラインで

ありながらも極上ポップな仕上がりを見せているということで、

このような曲が、本当にさり気なく、アルバムの中にポツンと

配されてしまうといった様子が、やはり、モンスター・バンド

だったんだなぁ、と思わせられてしまうところです。

(サージェント・ペパーズ~について詳しくはコチラを、

ゲッティング・ベターはコチラ、そして、原詞・訳詞は

コチラ←クリックで見て頂けるとよろしかろうと思います^^)

YouTubeより貼らせて頂いた映像は、おそらく2005年頃に

撮られたものということになるんでしょうか、詳しくは

分からなかったのですが、いずれにしろ還暦はとうに過ぎても

元気なポール・マッカートニーの図ということになります^^

明るい歌がよく似合う人で、聴いてると本当に良くなって

いくんじゃないかと思えてくる有り難い歌声です。

ということで、ポール・マッカートニー、

とにかく、「良くなっていって欲しい」という願いを込めて、

「ゲッティング・ベター」です。



Paul McCartney - Getting Better

Getting Better - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ころがる石のような2週間でした

あの大天災(天罰ではない)から2週間が過ぎたことになります。

多くの悲しみ、不安、恐怖、驚き、そして、慈しみや称賛といった

いろいろな感情がない混ぜになった日々があっという間に過ぎ去った

という感じでしょうか。

まるで、石がゴロゴロと坂道を転げ落ちるかのような時間を、

日本中で送っている、そんな感覚になりますけど、

どうか平穏な場所にたどり着き、平時の時の流れを

取り戻して欲しい、今はそう願うばかりです。

ということで、本日の一曲はボブ・ディランで、

「ライク・ア・ローリング・ストーン」です。

今回ココに貼らせて頂く映像は、以前からネット上にあることは

知っていて、この熱のこもった熱い演奏は一体なんなんだと

思ってた分けですけど、でも、そんなにボブ・ディランを突っ込んで

聴いてきた分けでもない私が、ココで取り上げるのは、気が引けたり、

おこがましい感じがしてしまい、控えていたのですけど、

今回ばかりは、この熱い演奏から、この事態を生き抜いていける力を

授けてもらえるように感じ、アップしてみることにしてみました。

とにかく、もの凄いエネルギーを発しているのが伝わってきます。

で、前述のようにボブ・ディランについて大して詳しくもない私、

ということで、この映像の出所を探ってみた分けですが、これは、

2005年公開のディランのドキュメンタリー映画、

ノー・ディレクション・ホーム」からのもので、

1966年、イギリスのニュー・キャッスル・シティ・ホールでの

模様ということのようです。

その頃というのは、アコースティックなフォーク・シンガーであった

ディランが、エレクトリック楽器も取り入れロックに歩み寄りを

みせていた時代ということで、それまでのファンからは「裏切り者」

呼ばわり、激しいブーイングを浴びせられていた時でもあります。

この映像でも最後の方で、そのブーイングを聞くことができるし、

熱くなったファンから逃げるように車に乗り込む姿とか、

とにかく生々しいし、闘ってたんだなぁという様子がうかがい知れます。

まぁ、過去には、アコースティック・ギターをエレキに持ち替えた

だけで、大騒ぎしてしまう、そんな時代もあったということです。

で、まぁ、この「ライク・ア・ローリング・ストーン」の詳しい謂われや

ボブ・ディランという偉大なシンガーについて、書き出すと

とんでもなく長い記事になってしまいそう・・・^^;、ということで、

例によって、ディランについて詳しくはコチラを、そして、

この曲については、コチラを、さらには、訳詞はコチラにあります

・・・ってことで^^、それでは、1965年発表の「追憶のハイウェイ61」に収録され、

ボブ・ディラン、最大のヒット・シングルにして代表曲、

「ライク・ア・ローリング・ストーン」です。


Videos tu.tv

Bob Dylan - Like a Rolling Stone




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

今生きてたら、何言ったんだろう♪

ココのブログの方針として、何となく今の風情に合う曲、

今この曲を聴いたら皆の心に響くんじゃないか、とか、

要は、今私が聴きたい曲と言ってもいんですけど^^、

そんな感じで音楽を上げ連ねさせてもらっている分けですが、

で、まぁ、やはり本日もそのスタイルで行ってみようということで、

RCサクセションが、1988年に発表したアルバム「カバーズ」に

収録された「ラヴ・ミー・テンダー」でお送りしたいと思います。

(衝撃のアルバム「カバーズ」について詳しくは

コチラをご覧ください)

ここでは、タイマーズによる演奏ということになってます。

なんだか、事が起こってしまった後の後出しジャンケンというか、

復旧作業を命がけで頑張っている人達がいるのに、

今この曲でもないだろう、という気もするんですけどね・・・

そう、原発について歌われた曲で、オリジナルは、

エルヴィス・プレスリーの有名曲のカバーというか、替え歌です。

まぁ、音楽ですからね、そのとらえ方は、人それぞれ、

各々の解釈でかまわない、というスタンスで行ってみたい

と思います。

私は、原発の恐ろしさを何かの本で読んだことがあったり、

このような曲を聴いてしまっていた経緯から、

快く思わない派なんですけど、でも、電気っていうヤツは、

前にも書きましたけど、経済と深く関わっていたりで、

電力供給がままならなくなれば、経済が滞り、

最初に苦しむことになるのは、やはり弱い立場の人、

貧困層であったりする訳だし、なによりも、社会全体の

活力がなくなってしまうという、なんとも、難しい、

このような拙音楽ブログでは語りつくせない問題も

はらんでいて、考え出すと、どうにも、こうにもっていう

感じになってしまいます。

でも、まぁ、今から20数年前には、このような歌を熱く

歌ってた人がいて、にも関わらず、なんの手が打たれる

こともないまま、それが現実になってしまった今日現在

ってことになるんでしょう。

この人が生きていたら何て言うだろう?とも思ってしまうし、

いや、やはり、全力で被災者支援に奔走しているんだろうなぁ

とも思います。長生きして欲しかったな~・・・

ということで、タイマーズで「ラヴ・ミー・テンダー」です。



The Timers - Love Me Tender

ラブ・ミー・テンダー / Love Me Tender - Covers




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

今日を生きよう

最近は、何でしょう、どうも世の中を否定的に見る感じに

なってしまっているというか、あのような悲劇的なことが

起こってしまうと、感情を怒りに転化することで、精神が

バランスをとるように動くのかな、なんて思ったりもしますが、

テレビを見ていて怒ってることが多いような気がします(笑)

前回書いてみたプロ野球開幕の事もそうですし、

震災以来9日間がれきの下で生き延び、

お婆ちゃんを守り救った、任君、偉いと思ったのもつかの間、

なんとしても感動的な話に仕立て上げようとする

マスコミの過剰報道に腹がたったり、原発復旧のため、

頑張っている人達の感動話にうるっとしたと思えば、

ひょっとして、これで丸く収めようとしている

国と、テレビを含めたマスコミと、電力会社の胡散臭い関係が

あるんじゃないかと勘ぐってみたり、

もちろん、放射能汚染の話は、ひたすら恐怖だし、腹立たしいと、

ネガティヴな方向ばかりへと感情が向く分けですが、

まぁ、私と同様の感情を抱いている人も多いような気もするし、

この怒りの感情を復興に向けたポジティヴなパワーへと

変えることができたなら良いのかな、なんてことも思います。

っていうか、私には、むしろそんな感じでいた方が

性に合ってるような気がしないでもない、みたいな^^

ということで、今日の一曲はグラス・ルーツ(Grass Roots)で、

「Let's Live for Today」邦題は、「今日を生きよう」で

行ってみることにします。

映像を観ていたら、脳天気ぶりに、これも腹立たしくなって

きましたが(笑)、この「今日を生きよう」という題名が

タイムリーだと思うし、昔、CM(「エースコックのイカ焼きそば」、

コチラでどうぞ)で使われた、「シャ~ラ~ララララリフォトゥデイ♪」

というフレーズが、気に入っていたりするので取り上げさせて

頂くことにしました。

因みに、プチ情報になりますが、映像の冒頭に出てくるMCは、

ジーミー・デュランテ(Jimmy Durante)という大きな鼻としわがれた

声で知られるアメリカのコメディアンということのようです。

コチラ←クリックで沢山の画像が見れます、まぁ、本題とは

関係ないですけど・・・、そして、グラス・ルーツについて

詳しくはコチラ若しくはコチラで、原詩・訳詞はコチラにあります)

それでは、1967年、全米第8位のヒット、

グラス・ルーツで「今日を生きよう」です。



Grass Roots - Let's Live For Today

Let's Live for Today - Pop Masters: Midnight Confessions




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

開幕は延期した方が良くね?

世界中を震撼させている、衝撃と悲劇が走ったあの日から、

怒濤の一週間が過ぎ去りました。

依然その影響は治まる様子もなく、被害の全容さえ分からないまま、

さらには拡大も続けていて、この混迷は、まだまだかなり長い期間

続いていくことになりそうです。

乗り越えて行くには、相当な精神力と、ちょっとした息抜きも

必要になってくるものと思われます。

そんな最中、また本日もブログ★ラヂオの更新とさせていただく

分けですが、今回も、震災関連と言えば、そういうことになるのかも

しれないですけど、プロ野球セリーグの開幕が予定通りに行われそうだ

というニュースがちょっと気になったので触れてみようと思います。

これは、コミッショナー側の判断で、やはり、収益の事や、日程を

予定通り消化していこうという思惑が強いように思えてしまうんですよね。

まぁ、この辺については、ホント嫌な感じがする分けですが、今回は、

あまり突っ込むのは止めておくことにして、

一方選手側は反対し、開幕の延期を希望していて、

阪神の新井選手のインタビューが印象的だったのですけど、

「見ている人を勇気づけたい気持は当然ある。けれども、

被災者の方々の事を思ったり、今の電力事情を考えて、

心にわだかまりのあるうちに、開幕してしまうのはどうかと思う」

という趣旨のコメントを残していました。

もっともな意見だと思います。そして、一流のプロ選手というのは、

普段ココで紹介している方々と変わらない

アーティストなのだなと思いました。

すなわち、良いプレイ(ミュージシャンの場合演奏)を発揮するには、

気持や心のあり方が重要で、心技体が揃わなければ、皆を驚かせ

湧かせるような超人的なプレイを見せることはできない

ということなんだろうと思います。

コミッショナー側は、特に心の部分は考えることもなく、

技と体があれば、いつも通り試合に臨むことができるだろうと

考えているのでしょうけどね・・・

ってことで、心技体が揃った演奏で、人々を感動させるジャンル

といえば、まぁ、どのジャンルもそうなんですけど、やはりジャズ

ということになると思います。(まぁ、音楽の場合「体」はどうなのか、

という話もありますが・・・むしろボロボロだったりすることも

あるんですけど^^)

一音一音、全身全霊、魂を込めたような演奏、

お聴きいただきたいと思います、

ビル・エヴァンスで、「マイ・フーリッシュ・ハート」です。



Bill Evans - My Foolish Heart




※関連記事

モニカ・ゼタールンドの歌入り

「ワルツ・フォー・デビィ」(コチラ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

生き続けるって?

今日、午後1時頃までの間、3時間ほど計画停電がありました。

見事に何もできませんでしたけどね。

電気というのは、私達の生活の奥深くまで入り込んでる

ものなのだなぁと実感しました。

おそらくは、経済が発展することと、電力需要が増大すことは

イコールの関係だったんだと思います。

例えば、皆が働いて、国が豊になり、「電気がふんだんに使われた」、

巨大ショッピングモールや、巨大娯楽施設が建設され、幸せを体感し、

雇用も生み、言うなれば目の前のニンジンとでも言うのでしょうか、

そういったものに食い付きつつ、また「電気がふんだんに使われた」

オフィス・ビルや工場で働く、そんな循環で経済が回り、

拡大していってるように思うんですよね。

でも、それは、今回明らかになったように、

予測不能の自然の前では、非常にもろく、とてつもない

リスクの上に成り立っているものだということも

知らしめられることになりました。

で、まぁ、話は飛びますが、「生き続けるってどういうこと

なんだろう?」と考えたりもしてしまった分けです(停電中に^^)

生きて、美徳とされる一生懸命働いて、経済発展に貢献し、

しいては電力需要を増大させることというのは、

やはり、どこかで何かが根本から違っているような気も

するんですけどね。

昨日、与謝野国務大臣が、これっぽちの疑問もない確信した

様子で「代替資源のない日本の経済には、原子力というのは

避けて通ることはできない」とテレビで言ってたんですけど、

なるほど、やはりそうなのかと思ったし、カチンときたりも

しました。どこまで、拡大させれば気が済むんだって

感じもするし、今の惨状を見ていると、ひょっとしてこのやり方は、

もう限界じゃないのって気がします。(と言っても、

基本弱電系のネットには結構未来を感じてたりするんですけどね)

ん~、人が生き続けるってどういうことなんだろう?、と

思ってしまう分けです。

少なくとも、電力需要を増大させるために生きているのでないことは、

確かだと思うんですけど^^

まぁ、それでも、「生きたい」と思うのは正直なところだし、

「生き続けたい」というのは、たとえ今回被災された方々も

同じ思いでおられることでしょう。だから、可哀相だし、

生きていてもらいたいと願うのです。

そして、決して答えの出ない「生き続けることの意味」・・・

まぁ、今はそんなことを考えている場合ではないのだと

思いますけど・・・



山下達郎 - 蒼氓



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。